私は人の顔を覚えるのが苦手なのに、私の顔はみんなすぐ覚える【日報】

スポンサーリンク

ブログ記事シェア&クリップ

http://norirow.com/archives/8316

↑外出先でもiPhoneを長時間使用することが多くなってきた昨今、やっぱり充電器具があるとないとでは安心感が違います。

私はエネループを外出時に常時携帯してますが、今回紹介されてる商品、安くていいですねー。LEDランプが5つで判別しやすいのがとてもイイ。

http://jun0424.com/?p=1627

↑すでに多くのファンを獲得され、SEO的にも安定していると思われるブログ名を変更するのは、おっしゃる通りで相当の勇気が必要だったと推測します。

ブログのタイトルとコンテンツの質でズレに違和感を覚えるという下りはとても共感しました。私もメインコンテンツがしょっちゅうブレるのでよく頭を抱えてますw

http://ushigyu.net/2012/07/16/iphone_map_phonenumber_search/

↑この方法で、最近しょっちゅうかかってくる「番号が自宅に近いと思われる家庭教師の勧誘電話」を検索して、地図に出てきたらビックリするだろうなぁ。

注目ニュース記事スクラップ

宮市、ノリッジ期限付き移籍!プレー機会優先

 イングランドプレミアリーグ・アーセナルの日本代表FW宮市亮(19)が、同・ノリッジに期限付き移籍することが14日、有力になった。

 (略)昨季プレミアリーグに7季ぶりに復帰した中堅のノリッジが、昨季レンタルで加入したボルトンで公式戦14試合1得点を記録した快足アタッカーに白羽の矢を立てた。関係者によると、16日にも正式発表される可能性があるという。

 マンチェスター・ユナイテッドの日本代表MF香川真司(23)、サウサンプトンのFW李忠成(26)も参戦する今季のプレミアリーグ。まずは8月18日のリーグ開幕・フラム戦(アウェー)でのレギュラー奪取へ、19歳でA代表デビューも果たした逸材が、新天地でさらなる飛躍を目指す。

via:サンケイスポーツ

↑んー、なかなか定住できないなぁ。

女子高生2人、万引き男を追跡…取り押さえる

 古着屋からシャツを万引きしたとして、香川県警高松北署は14日、高松市寺井町、無職藤沢賢容疑者(63)を窃盗容疑で逮捕した。

 店先を通りかかった女子高生2人(ともに16歳)が、藤沢容疑者の腹部が不自然に膨らんでいるのを不審に思って追跡。公衆トイレで盗んだシャツに着替えて出てきたところをカメラ付き携帯電話で撮影して取り押さえ、交番に突きだした。

 発表では、藤沢容疑者は14日午後1時40分頃、高松市内の古着店から、半袖シャツ1枚(990円)を盗んだ疑い。

 「万引きだとピンときた」という2人は、友人の男子高校生3人に追跡を頼み、店に戻って被害品と確認。すぐに男子高校生と合流し、藤沢容疑者に「おじさん、いかんよ」と声をかけたという。同署幹部は「機転の利いた対応」と話した。

via:読売新聞

↑これは記事にもある通り「機転の利いた」素晴らしい推察力と行動力でしたね。

Aシード相手でも関係ねぇ!小島よしお母校・稲毛が大金星

 芸人・小島よしおの母校・稲毛が大金星を挙げた。

 15安打を浴びながら、Aシードの拓大紅陵を撃破。2試合連続完投勝利を挙げたエースの松尾は「(小島が)試合前にあいさつに来られて握手しました」と感激した様子。野球部OBの小島よしおは水着姿でスタンドから観戦。自身のブログでは「途中海パンになって怒られたけど そんなの関係ねぇ!(笑)」と書き込んだ。

via:スポーツニッポン

↑怒られたんだw

神木隆之介、大河で2度目の抜てき 天才武将・源義経役7年ぶり再登板

 俳優の神木隆之介が、NHK大河ドラマ『平清盛』(毎週日曜 後8:00)で源義経役を演じることがわかった。神木は2005年の大河ドラマ『義経』でも滝沢秀明演じる義経の幼少時代を演じており、別作品で成長後の本役を演じるのは極めて異例。今回は、日本の権勢の頂点に立つ平清盛(松山ケンイチ)と対決シーンもあり、ドラマも一気にクライマックスを迎えることになる。神木は9月から登場する。

via:オリコン

↑神木くんは、途中「ん?」と思った時期もあったけど、ドコモのCMを見て「イイ感じになったな~」と思ったばかりでした。このキャスティングはイイですね。支持!

ちなみに今年の大河ドラマ、当初は絶対観るぞ!と思ってたけど、約1名のキャスティングにどうしても納得できない(歴史好きとして到底理解できない)ので、結局全く観ていません。

記事にある昔の「義経」は途中まで観てました。あの大河ドラマで石原さとみに惚れましたね。

世界遺産・那智の滝でロッククライミング 宮司激怒「2700年の歴史上初めて」

 和歌山県警新宮署は15日、ユネスコの世界遺産の「那智の滝」でロッククライミングをしたとして、軽犯罪法違反(禁止区域への正当な理由のない立ち入り)の疑いで、アルパインクライマーら男3人を現行犯逮捕した。「日本一の滝に登ってみたかった」という理由からの“暴挙”だが、和歌山県警はその後、3人を釈放。今後は任意で事情聴取を続け、容疑が固まれば書類送検する方針だ。

 落差日本一の滝が、先鋭的なクライマーの登はん意欲をかき立ててしまった。新宮署が逮捕したのは、アルパインクライマーとして世界的にも著名な佐藤裕介さん(32)と登山仲間2人。3人は、滝つぼ近くにある「立入禁止」の札がかかった柵を乗り越えると、15日午前8時ごろから滝登りを開始。岩の隙間に入れて、落下を防ぐための「カム」と呼ばれる道具を使いながら登った。

 熊野那智大社の職員が気付いて、朝日芳英宮司(78)が交番に通報。警官が駆けつけた時には、滝の約3分の2の高さ約100メートルまで登っていた。道具は回収も可能なもので、岩などに傷はついていない。佐藤さんは当初「川をさかのぼってたどり着いた」などと説明していたが、その後「立ち入り禁止とは分かっていたが、日本一の滝に登ってみたかった」などと話した。

 同じく世界遺産の熊野那智大社は、那智の滝をご神体としており、敷地への立ち入りを禁止している。激怒した朝日宮司は「2700年の歴史上、こんなことは初めて。ご神体として祭られているところに入るなんて宗教を侮辱されているようなもの。泥付きの土足で他人の家に上がるよりひどい。有名人だろうが関係ない。ぶん殴ってやりたいぐらいだ」と声を震わせた。

via:スポーツ報知

↑宮司さん、怒って当然だよ。「立入禁止」と書かれてる柵を乗り越えてる時点で自己中心的かつ無神経と非難されても仕方がない。

パーソナル・リマインダー

昼間に歩くのは、もう気温が高くなり過ぎて危険になってきたので、早朝か夜しか歩けない。でも夜を歩くのは基本的に好きじゃないんです。危ないので。

うちの近所は無謀で危険な運転をするドライバーが呆れるほど多いんです。子供を持つ身としては本当に毎回腹が立つ。

なので車の少ない早朝に歩くのが理想なのですが、ここ数日、少しずつ朝型の生活ペースにシフトできつつあります。昨日の朝も早朝ウォーキングしてきました。

昨日、嫁と知人が雑談していた中で、「そういえばダンナさん、今朝ウォーキングしてらっしゃったわね、見たわよ」と言ってたそうです。

どこで見られてたんだろ。っていうか、よく私の顔を知ってるな~。1回しか会ったことないはずなんだけど。

よっぽどインパクトのある顔なんだろうか……

 
以上、りくま日報でした。
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :