宮間あやと同じ国に生まれたことを誇りに思っている【日報】

スポンサーリンク

ブログ記事シェア&クリップ

http://jun0424.com/?p=1667

↑純さんがWindowsユーザーだと知ってとても安心した私。独りじゃなかった!

おま4(お前は今まで4コマに描いた人のセリフを全ておぼえているのか?)」という企画、面白いw いつか私も登場させてもらえるよう頑張ろう。

http://www.appbank.net/2012/07/27/iphone-news/448765.php

Siriさんにサッカーの展望を語らせたヨタ記事を紹介して頂きました。本当に光栄かつ恐縮です。ありがとうございました!

iPhoneオリンピック記念ケース、これメチャクチャ欲しいです。週末、時間があれば福岡パルコに行ってみよう。そしてAppleストアにも行ってMacBook Airを見てまた熱が上がるパターンだろうな。

前日の注目ニュース記事スクラップ

完全復活を印象付けた澤、「合わせるって言ったじゃないですか」

 集大成と位置付ける自身4度目の五輪。その初戦を白星で終えた日本女子代表(なでしこジャパン)のMF澤穂希は「90分終わって疲れたけど、楽しくて、しんどくて厳しい時間もあったけど、楽しい90分でした」と笑顔をのぞかせた。

 (中略)3月のポルトガル遠征中に倒れ、良性発作性頭位めまい症と診断されると、6月のスウェーデン遠征で代表復帰を果たしたものの、なかなかコンディションが上がらなかった。それでも今月11日のオーストラリアとの壮行試合で約1年ぶりのゴールを決め、19日のフランス戦では昨年9月以来のフル出場。「ロンドンでピークに持っていければ」と話していたとおりの完全復活に「(五輪に)合わせるって言ったじゃないですか」と笑みが広がった。

via:ゲキサカ

決勝ヘッドの宮間、試合前の控室で選手が涙した主将からの言葉

 キャプテンの言葉に奮い立った。試合前のロッカールーム。円陣を組んだ選手の輪の中でMF宮間あやが言った。「ここに立てるのは選ばれた18人だけ。大切な思いや大切な人たちがいて、私たちは戦っている。ここからの6試合、お互いのために戦おう」。

 (中略)「特に考えていたわけではない」という挨拶だったが、「円陣を組んで、みんなの顔を見て、ここに立てている幸せを感じたし、その思いをみんなで共有したかった」と宮間は言う。

 佐々木則夫監督は「ロッカールームでの宮間のコメントが格好いいというか、素晴らしくて。僕もジーンと来て涙を流しそうになったぐらいだった。選手も結構、涙していた」と明かす。

via:ゲキサカ

↑2日前の話になりますが、なでしこ関連を2つピックアップ。まず澤は本当に、間に合ってよかった。その一言に尽きます。

宮間に関しては以前の記事でも「宮間は日本の誇りです」と書きました。

女子W杯で世界一となって以降、このオリンピックという夢舞台で初戦を迎えるまでに、なでしこの各メンバーには様々な苦労や苦悩があったはず。

澤は上にもある通り病気に悩まされた。川澄は一躍ヒロインになってアイドル扱いされ始めたことに強く葛藤していた。今回のカナダ戦でゴールを守った福元はW杯でずっと控えだった。海外チームで苦しんだ選手もいる。丸山や岩渕は大怪我を負っても懸命のリハビリで戻ってきた。逆にボリバレントとして期待された宇津木は怪我のためロンドンには来れなかった。

なでしこ全員が「最高峰」だと位置づける五輪。その初戦が始まる直前、各人の胸に宮間の言葉がどれほど響いたのか。それを想像しただけでも私は泣きましたよ。その場にいた選手たちの心は大いに震えたはず。

熊谷が最後のPKを決めてW杯優勝が決まった瞬間、なでしこが絶叫しながら抱き合う中を、宮間は敗れた対戦相手を称えてアメリカ選手たちと静かにハグを続ける人なんです。

世界一の大フィーバーで湧く日本に帰国した際も、連日の発狂するような取材スケジュールを回避する意味もあったらしいですが、何よりも「お世話になった人達に真っ先にお礼が言いたい」との気持ちで、すぐ岡山に戻る、それが宮間なんです。

W杯で歓喜のトロフィーを澤が掲げたように、今度は表彰台の中央の、さらにド真ん中で宮間がメダルを誇らしげにかじってくれる姿を私は信じます。

宮間は日本の誇りでもあるけど、私自身の心を大きく勇気づけてくれる存在でもあります。

ドコモ、またシステム障害 spモードで他人の画面を呼び出し

 NTTドコモのスマートフォン(高機能携帯電話)向けネット接続サービス「spモード」で、25日午前1時41分から9時14分まで、設定変更管理用サーバーに障害が発生し、パスワードやメールアドレスを変更しようとした場合、他人の画面が呼び出されて書き替えられてしまう不具合が発生した。同社によると、原因は更新したソフトウエアの記述ミスで、ソフトウエアを入れ替えてから正常稼働に戻った。

 障害によって影響を受けた利用者は約1000人で、25日から26日にかけて、被害を受けた利用者に連絡して変更手続きをしている。

 25日午後1時37分から正常稼働しているが、障害中に、600人のパスワードと400人のアドレスが変更されたという。

 ドコモは昨夏から今春にかけて相次ぎシステム障害が発生。抜本対策に取り組んでいる最中だった。

via:産経ニュース

↑技術的なことは素人なので何も分からんし、ここでそれを書く気もサラサラないです。一般消費者の立場で言わせてもらえば、ここまで連続して障害発生してたら、そりゃ利用するのは怖いですよ。

自分のブランドが大切なのも分かるけど、転出超過がさらに加速しないためにも何か手を打たないと大変なことになっちゃいますよね。日本のインフラを支える大企業の要でもあるわけだし、利用者が安心できるようになればいいですが。

パイオニア拡張現実ヘッドアップディスプレー・カーナビの実力、業界に革命を起こせるか

 自動車の前方視野に直接情報を映し出すヘッドアップディスプレー(HUD)。HUDを使ったカーナビは、通常のカーナビのように運転中に視線を前方から大きくそらす必要がないため、見やすく、安全性も高いと言われる。欧州車を中心に普及し始めているが、高級ブランドの上位車種が純正品(組み込み品)として採用しているのみ。一般のドライバーが利用するにはまだまだ敷居が高い。

 そんな高嶺の花のHUDが、一般ドライバーでも使えるようになると、注目を集めているのが、パイオニアが7月下旬に発売する予定の「AR HUDユニット」だ。これは、同社のハイエンドクラスのカーナビ「カロッツェリア サイバーナビ」シリーズ(AVIC-VH99HUD、AVIC-ZH99HUD)に付属するHUD用の装置。市販品として後付けでHUDを実現できる。5月上旬のプレス発表以来、メディアでも大々的に取り上げられ、同社のカーナビ新製品としてはこれまでにない反響を呼んでいるという。

via:東洋経済オンライン

↑私がとても注目している商品の一つ。5月にプレスリリースがあった日からずっと情報を追ってます。

前作の「サイバーナビ」は、モニターに実際の風景を映し、そこにナビ情報を重ねて案内するというシステムで、次世代カーナビとして大ヒットしました。今作はその映像を前方の窓に映しちゃおうぜ、という考え方(もちろん窓そのものに映すわけではない)。

前作「サイバーナビ」は実際に私も見せてもらいましたが、とにかくカッコいい! 面白くてずっとナビばかり眺めてましたw

今作に関しては「視認性と安全性がさらに高まる」と絶賛されてますが、正直これは実際に見てみないと判断できないですね。パッと見た感じ、特に「安全性が高まる」とも思えないってのが正直なところ。

どのみち「ナビ映像をジッと見ちゃう」以上は安全性なんて高まるわけがないし。前方に映されることで逆に「見えなくていいものまでチラチラ見えちゃう」と集中力を削がれる不安すら生じそうだし。実際に見てみないと分からない。

ただ、カロッツェリアのシリーズは常に刺激がありますよね。このメーカーのカーナビはいつもワクワクします。

ロンドン五輪フラッシュバック

◆サッカー
男子予選グループ 日本 1-0 スペイン

↑これは素晴らしい快挙。

しかし、アマノジャクな私は試合直後、怒ってました。後半の決定的場面でのシュートミス、いったい何本あった? 

清武のパスセンスは超一流だと今も思うけど、シュートの外しっぷりはちょっとあり得ないぞ。枠に全然いってないし。

永井もスペイン監督が脱帽するほどの猛スピードで延々と走り続け、たぶんバテてたんだろうと思う。それは分かるけど、それにしてもキーパーと1対1で何本外したの…

海外メディアも日本の快挙を絶賛しつつ、「でもあと3点は入れないと」と語ってるところも案の定ありましたね。私も同感。1-0の試合じゃないよ

などと素直に喜べず怒ってた私ですが、試合終了直後に大津が号泣してる姿を見て、ポロポロともらい泣きw 大津、良かったね。

値千金のゴールを決めた22歳のストライカーは「実力で勝ったと思っている。奇跡と思われているようなら、僕たちはまだまだですよ」と“金星”ではないと言わんばかりだった。

via:スポニチ

それにしても予選やトゥーロン国際では絶望的なまでに守備がヒドかったのに、今回のスペイン戦では見事な守備陣の集中力。吉田と徳永、二人のOAが入るだけでこれだけ違うもんなのか~と、そこは本当に感動的でした。

チームでなかなかチャンスに恵まれない大津はモチロン、今回のスペイン撃破で吉田マーヤの評価(=移籍価値)が急上昇するかもしれませんね。

ロンドン五輪のスケジュールを記事にまとめてます。良かったら参考にして下さい。

パーソナル・リマインダー

昨日も一日、ノンビリ楽しく過ごしました。寺社巡りもたくさん出来たし、海も眺めてきました。心の中に溜まってたマイナスのパワーがずいぶん拡散され放出できた感じ。

やっぱり外に出るのも大切だし、外に「出す」ことも大切ですね。

実は2日前も長いこと海を眺めてました。別に特別「海が好き!」ってわけじゃないけど、そこに海があるなら行ってしまう習性なのかな。

今年初めて、ビキニ姿のギャルを見ました。写真は撮りませんでした。撮っちゃダメよ!

 
以上、りくま日報でした。
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2014年4月15日)コメントComments Off
CATEGORY :