せっかく福岡行ったのに、豪雨のせいで何も出来なかった【日報】

スポンサーリンク

ブログ記事シェア&クリップ

http://hacks.beck1240.com/?p=1957

↑以前にもどなたかのツイートで話題に上っていた「Toodledo」のマニュアル本。私の「買いたい本リスト」の最上段に登録してあります。発売日が楽しみ。

Toodledoを核としたタスク管理の利便性はいろんな書籍やブログで称賛されています。私も現在、なんとか自分自身のタスク管理を強化できないものかと日々勉強しているところ。

Toodledoは英語表示なので、少しとっつきにくいと感じてしまう方も多そうなのですが、実際使ってみるとそんな難しくもありません。

ただ、私も数年前からToodledoを使っているものの、DVDのリリース日管理にしか利用しておらず、肝心なタスク管理は別のiPhoneアプリでしかやっていません。

今回のマニュアル本で、もっともっと便利で使いやすく有益な情報を得ることが出来れば嬉しいな~。

前日の注目ニュース記事スクラップ

麻也「無休になっちゃった…」フェンロから無情の合流指令

 日本代表のDF吉田麻也は無休のままシーズンに突入する。主将として4強入りに貢献したロンドン五輪から15日のベネズエラ戦まで、21日間で7試合にフル出場。「日本で数日休めると思っていた」ところに所属するVVVフェンロから「すぐに帰ってこい」と無情の合流指令。吉田は「想定外です」とガックリ肩を落とした。試合後は時差調整のため一睡もせず目は真っ赤。「疲れているかどうかもよく分からない」と心身ともに疲労困憊(こんぱい)で、足どりも重く飛行機に乗り込んだ。

(中略)
 セリエAのカターニアとペスカーラが身分照会を行うなど注目される去就に関しては「すぐに決まらないと思う。ステップアップしたいので、最後まで諦めず移籍につながる可能性をつくりだしたい」。今月末の移籍期限までクラブでもフル回転してアピールを狙う。

via:スポニチ

↑オリンピックは中1日の連戦連戦で、すぐ日本に帰国してベネズエラ戦もフル出場で、休みなしでオランダに移動ってキツイよ~。マーヤ大丈夫かな。

こういう時に怪我をしがちなので、体調管理には気を付けて欲しいですね。しかしこれだけ多忙だとブログ更新もしばらくお休みになるのかな。

韓国の非常任理事国、政府が不支持検討 今秋の国連総会

 政府が今年秋の国連総会で行われる安全保障理事会の非常任理事国の改選で、立候補を表明している韓国を支持しない方向で検討に入ったことが16日、分かった。李明博(イ・ミョンバク)大統領による島根県・竹島への不法上陸を受けた措置。また政府は、竹島の領有権をめぐる国際司法裁判所(ICJ)への提訴手続きについて、17日にも着手する方針だ。

via:MSN産経ニュース

↑これだけバカにされ続け、自分たちの悪行を日本に責任転嫁され続け、それでもあの国を日本が支持してたら、どんだけお人好しやねんって話。

これで日本人からの観光収入や芸能国策による外貨獲得も激減したら、いよいよあの国も本気で焦るんだろうけど、そうはならないんだろうね。結局助けちゃってるのは日本人。

名門リバプール、本田獲り参戦!

 ベネズエラ代表との国際親善試合(15日、札幌ド)に1-1で引き分けた日本代表のMF本田圭佑(26)=CSKAモスクワ=をマンUのライバル、リバプールが補強候補としていることが判明した。

via:サンスポ

↑本当なら胸ワクなニュースだけど、ここ数年、本田の移籍に関する飛ばし記事、もう何回目だよって。

iPhoneの新機種発売ニュースと全く同じで、本当に決まったら存分に喜ぶけど、それまでのニュースは話半分で聞いておきます。

《いじめている君へ》春名風花さん

 ぼくは小学6年生です。タレントだけど、ふつうの女の子です。

 今から書く言葉は君には届かないかもしれない。だって、いじめてる子は、自分がいじめっ子だなんて思っていないから

 (中略)あのね。キモい死ねと連日ネットで言われるぼくが生まれた日、パパとママはうれしくて、命にかえても守りたいと思って、ぼくがかわいくて、すごく泣いたらしいですよ。この子に出会うために生きてきたんだって思えるくらい幸せだったんだって。それは、ぼくが生意気(なまいき)になった今でも変わらないそうですよ。

 想像してください。君があざ笑った子がはじめて立った日、はじめて歩いた日、はじめて笑った日、うれしくて泣いたり笑ったりした人たちの姿を。君がキモいウザいと思った人を、世界中の誰(だれ)よりも、じぶんの命にかえても、愛している人たちのことを。

 そして、その人たちと同じように笑ったり泣いたりして君を育ててきた、君のお父さんやお母さんが、今の君を見てどう思うのか。

 それは、君のちっぽけな優越感(ゆうえつかん)と引き換(か)えに失ってもいいものなのか。いま一度、考えてみてください。

via:朝日新聞

↑小学6年生の女の子とは思えない文才や感性がスゴイとか、いろいろ感じることありますけど、子供を持つ親の視点で読むと涙が止まらないですよ。彼女は素晴らしい。

初めての子供となる長男の出産に立ち会った時、この世に生まれてきた長男と、必死の形相で長男を生んでくれた嫁の頑張りに感動して、私は自分でもビックリするほど泣きました。

長女の出産も次女の出産も、それぞれ立ち会いました。そして5人家族となり、これまで数え切れないほどの歴史と思い出が構築され、家族みんなで愛情を重ねてきました。

だからこそ、自分の子供たちが「いじめられっ子」にはなって欲しくない。そうなったら私は全力で、どんなことしてでも子供たちを護る。

同時に、絶対に「いじめっ子」にもなって欲しくない。

一時のつまらない感情を歪ませて、それを他人に当てた分のしっぺ返しは、いつか必ず自分自身に返ってくる。

だからこそ、自分が他人にされて嬉しいことは、自分も他人にしてあげようよ。自分がイヤなことは他人にも言ったりやったりするのを止めようよ。

私はいつも子供たちにそう伝えるようにしています。人間は感情の生き物ですから、常に聖人君子みたいな生活は難しいけど、優しい気持ちはいつも意識しておこうよ。

優越感とは、「誰かが自分の下にいる」と意識することで自分の劣等感を霧散させ自意識を高めるコントロール法。これが歪むことで、これまでの歴史で数々の「差別」が誕生してきました。

同じ優越感なら、共に同じベクトルを向いて、切磋琢磨して、その上で自信を培っていって、良い意味で自分を誇れるようになりたいですよね。究極に狭い「自分の心の中だけの世界」で自分を誇ったって、誰も拍手なんかしてくれないよ。

パーソナル・リマインダー

昨日は福岡の病院に通院する日。

北九州を出る時、ものすごい豪雨でした。ところが福岡に着いた時には快晴。200メートルほど離れた有料駐車場に車を停めて、徒歩で病院へ。

待合室でずっと読書してたので気付かなかったのですが、私が病院にいる間、福岡市内はどんどん雲が広がっていき、やがては雷も激しく鳴り始めました。

TwitterのTLを見ても「雷スゴイ!」「停電した」「豪雨!」など、嵐の到来に悲鳴をあげるツイートでどんどん埋め尽くされてる。でも気付かず読書してた私。

診察が終わって薬ももらって、病院の外に出るとトンデモナイ豪雨でした。

傘は車の中に置いてきてしまった。距離があるので走って取りに行くのもイヤだし。これは雨が止むまで待つしかないな…。駐車場の料金がもったいないな…。

そんなことを考えてると、一人の女性が傘を貸してくれました。「もう捨ててもいい、要らない傘ですので、どうぞ使って下さい」って。

あまりに感激して、彼女を抱き締めようかと思った!

※犯罪です

病院のあとに1ヵ所だけ済ませないといけない用事があったので、彼女にお礼を言って、小走りで次の目的地まで雨の中を移動しました。

雷が鳴る間隔も短く、雷鳴もスゴかった。雨足が少し弱まってきたので、目的地で用事を済ませ、車を置いてる駐車場に走って自分の傘を取り、彼女の職場まで戻って傘を手渡しました。

こういう時、人の親切って本当に心に染みますね。嬉しかったなあ。ありがとうございました。

来月の通院でまたお会いしたらデートしよう。あ、彼女は仕事中か。

病院が終わった後、書店に行って買いたい本もあったし、博多駅に用事もあったし、久々にキャナルのラースタでラーメン食べようかとか、いろいろ遊ぶ用事も考えてたのだけど、雨がヒドかったので結局何もせず帰ることにしました。

そしたら、福岡市を出た途端に晴れてきやがるのよね。私がどんな悪いことをしたっていうのさ!

明日の日曜、今度は天神のイベントに参加するので、楽しみは明日に取っておきます。

今月に入って福岡に行くのは明日が5回目。昔では考えられないほどのハイペースですわ。

 
以上、りくま日報でした。
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :