バレーボールも社会も、自分独りだけでは回せないんだよ【日報】

ブログ記事シェア&クリップ

http://thikasa.net/20120822/dropbox-api-break-150mb-limit-backwpup-available/

↑BackWPupならこの人! 私もBackWPupに関する記事は幾つか書いてますが、ティカさん(@thikasa)の記事、そしてアドバイスのおかげなのです。

ティカさんが紹介している方法であれば、これまでDropboxへのバックアップをことごとく失敗してきた方にも希望の光が!

http://azur256.com/archives/5927

↑あずさん(@azur256)のエントリーにて紹介いただきました。ありがとうございます!

あずさんのエントリーにもある通り、現時点でDpub6の残り枠は2名。ドドドッと有名ブロガーさんが参加表明されてますます期待感が高まってます。

参加を様子見されてる方はぜひお早目のポチリを。

前日の注目ニュース記事スクラップ

中国:反日デモのニュース抑制を指示 共産党宣伝部

 中国メディアを管轄する共産党宣伝部は、尖閣諸島(中国名・釣魚島)問題をめぐる反日デモのニュースは国営新華社通信の記事だけを使い、大きく扱わないよう国内メディアに指示した。指導部の世代交代が進む秋の党大会を前に、デモが多発して社会が不安定になるのを避ける狙いがあるとみられる。(略)

 19日に20都市以上で起きた反日デモについて、20日付の中国各紙で1面で報じたところはほとんどなかった。広東省深センなどで日本車が壊された写真も使われなかった。逆に、同じ日の日本人による尖閣諸島上陸のニュースは、中国外務省が強く抗議したことに重点を置いて1面などで報道した。(略)

via:毎日新聞

↑「デモの抑制」ではなく「デモ報道の抑制」です。いつものことさ。

神奈川県警巡査部長が飲酒運転 速度違反の制止すり抜け

 神奈川県警の巡査部長が17日夜、飲酒後に車を運転し、物損事故を起こしていたことが県警への取材でわかった。(略)

 県警によると、巡査部長は捜査3課に所属する30代の男性。17日午後6時ごろから、横浜市港南区の自宅で350ミリリットルの缶ビール1本と焼酎水割り2杯を飲んだ後、つまみを買うため乗用車を運転してコンビニに向かった。

 午後7時52分ごろ、制限速度60キロの市道を77キロで走っていたところを速度違反取り締まり中の港南署員に制止されたが、その脇をすり抜けて逃げた。3分ほど走ったところで道路沿いにある駐車場の金属ポールに衝突し、通行人に110番通報を依頼した。

via:朝日新聞

↑記事だけ読むとトンデモナイ事件だと思えるのだけど、警官の事件は実名出さないのね。

巡査部長、調書改ざん…消せるペンで表現直す

 大阪府警北堺署の30歳代の男性巡査部長が、文字を消去できるボールペンで作成した調書を、容疑者の署名押印後に勝手に書き換え、改ざんしていたことがわかった。句読点を書き換えたなどの内容で、調書の内容自体に影響を与える改ざんではなかったというが、府警は調書の信用性に影響を及ぼす悪質な行為と判断。虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで巡査部長を書類送検し、処分を検討する。

 府警によると、巡査部長は昨年末、こうしたボールペンを使って容疑者の自首調書を作成。容疑者に署名押印させたが、その後、一部の文字を消して、句読点を加えたり、表現を手直ししたりしたという。巡査部長は府警の調査に「訂正印を持っていなかったのでやってしまった。ほかに改ざんはしていない」などと説明している。

via:読売新聞

↑消すな消すな。これも警官の事件。

準強姦容疑の巡査長を釈放 大阪府警は懲戒免職処分へ

 大阪府貝塚市の海水浴場で、府警布施署の警察官が10代後半の少女を酒に酔わせて強姦(ごうかん)したとされる事件で、大阪地検は22日、準強姦容疑で逮捕された同署地域課の永田昌也巡査長(27)の刑事処分を保留し、釈放した。この日が勾留期限だった。地検は捜査を継続し、準強姦罪で起訴できるかどうかを判断する。

via:朝日新聞

↑これまた警官の事件。メディアの報道を鵜呑みにすれば、という前提付きなのだけど、目撃証言などを読むと相当に悪質な犯行だったらしいですよね。にもかかわらず「起訴できるかどうか」ってのが。

ちなみに「警官だと強姦してないことになるのか!」という怒りの感想を以前見ましたが、それは勘違い。「準強姦=強姦してない」ではありません。詳しくは下記をば。

【参考】準強姦罪 とは – コトバンク

強盗致傷:女性倒しパンプス奪う 大阪で男逃走

 22日午前0時ごろ、大阪府高槻市東上牧2の路上で、歩いて帰宅中の会社員の女性(40)に背後から男が無言で近付いた。女性が大声を上げると、男は女性を押し倒し、左足のパンプスを奪って逃走した。女性は左肘に軽傷。府警高槻署が強盗致傷容疑で捜査している。

 同署によると、男は30歳代くらいで身長約165センチの中肉。野球帽をかぶっていた。

 同市内では昨年夏以降、女性が靴などを奪われる同様の事件が7件相次いでおり、いずれも午後10時半〜午前1時ごろの深夜帯に集中。10〜40歳代の女性がブーツやハイヒールを奪われ、転倒してけがをした人もいる。同署は同一犯の可能性があるとみて調べている。

via:毎日新聞

↑7件も…。同一犯じゃなかったらソッチの方が怖い。

ヤングなでしこは2点差追いつきドロー、A組首位で最終戦へ

 U-20女子W杯は22日、グループリーグ第2戦を行い、U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)はU-20ニュージーランド女子代表と対戦し、2-2で引き分けた。ともに第1戦で勝利を挙げた両チームの対戦。日本は前半11分、15分の連続失点で2点ビハインドを負ったが、前半37分にMF田中陽子の2戦連発となるゴールで1点差に迫ると、後半26分にFW道上彩花が同点弾。2点差を追いつくドローで勝ち点1を獲得し、得失点差でA組首位を守った。日本は26日のグループリーグ最終戦で、2連敗でグループリーグ敗退の決まったスイスと対戦する。(略)

via:ゲキサカ

↑キレキレだった田中陽子が日本を救いましたね。それほど目立ってなかったけど、猶本もボール取られることなく安定してた。

田中陽子は完全に中盤を支配して自由自在に斬り込みまくってたけど、あれほどの選手でもチームではポジション変更を余儀なくされてるんでしょ(澤とポジションかぶってるのでDFへのコンバート特訓してるんだとか)。どんだけINAC神戸の選手層が厚いのかって話。

録画し忘れて見られなかった初戦が快勝だったので、期待しながら今回のNZ戦は最後まで見ましたが、ちょっと問題多いなあ。

まず守備がもう、なんというか…。1点目の失点は個人的なミスだけど、2点目の失点シーンは組織的にも技術的にも「おいおいちょっと待て待て」と。かなりマズイ。

攻撃陣は序盤こそアイデア豊富で「おお~!」という面白さと迫力があったけど、立て続けに2失点してパニックになったのかな。途中からおかしくなっちゃった。自分の前に敵は誰もいないのにペナルティーエリアの外からミドルばっかり打つし、ゴール前でのチャンスも足にマトモにミートしてないシュート連発だし。枠に飛ばないか、枠に行っても弱いか。

「自分が!自分が!」で周りが見えてない選手もあり、ベンチで泣いてる選手もあり(気持ちは分かるけど試合中だよ)、途中交代なのに全然走れない選手もあり。

みんな20歳前の女の子だし、メンタル面は仕方がないのかなぁ。世界で戦うのにそんなこと言ってる場合じゃないんだろうけど。

前述した田中陽子と、あとは途中出場の田中美南の「W田中」は良かったですね。田中美南も今まで知らなかったけど、ドリブルのキレが素晴らしかった。

次戦も観ますよ。なんとか守備を修正して欲しい。

パーソナル・リマインダー


Volleyball, anyone? / Unlisted Sightings

昨日は仕事休みだったので、午前は長男を病院に連れていきました。長女、次女に続き長男も病院って、もう最近病院ばっかりですわ。私自身もだけど。

長男は部活で負傷した足の指が治るどころか悪化してたので、昨日やっと病院に行ったのですが、爪が指に刺さってる状態だったらしく、爪を抜く以外に方法はないとのことでした。

爪を抜く前に麻酔の注射を3回ほど打ったのですが、あれ痛いんですよ。私も足首のじん帯を切った時に経験あるからよく分かる。足の指とか、足の裏とか、とにかく足の注射って相当痛いです

「痛いですよ。頑張ってね」と医者の宣告の後に注射を打ったのですが、長男の悲痛な表情を見てたら私が痛くなっちゃった。

それでも長男、よく我慢しましたよ。声も出さなかった。

その後、痛み止めの薬を飲んで部活に行きましたからね。根性もついてきた。

昨日は私も(途中少しだけ帰宅したけど)部活に立ち会いました。ただ、毎回思うけど、もういろんな意味で考えさせられる部活動ですわ。技術うんぬんより、あれでは心が育たない。

バレーボールってチーム競技なのに、仲間のことを全然考えてない。想ってあげられてない。自我ばっかり。顧問もコーチもただ怒鳴るだけ。一切誉めない。

生徒は何をするにも顧問やコーチの顔色ばかり伺うようになる。違うだろ。向けるべき視線はベンチじゃなくて仲間なのに。

それでも長男、親のヒイキ目かもしれないけど、あの環境でよく耐えて頑張ってると思う。長男の心が折れないよう、そして技術的に上達するよう、私も頑張ってサポートしてあげないといけない。今はそう考えてます。

人間って難しい。

 
以上、りくま日報でした。
 

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2017年4月4日)コメントComments Off
CATEGORY :