iPhone7用ケース「エアージャケット」ラバーブラックはスベらない

スポンサーリンク

「クリアブラック」タイプの異変

先日、iPhone 7用の保護ケースとしてパワーサポート社の「エアージャケット」を購入しました。

ケースを装着していないかのような超軽量が売りのエアージャケット。iPhone7 / 7 Plusともタイプが4種類あるのですが、私が選んだのは「クリアブラック」というタイプ。

IMG_2749.jpg


なぜクリアブラックにしたかというと、前回 iPhone 6の時に「クリアマット」というタイプを購入していたので、今回 iPhone 7は別のタイプを着けてみよう、という単純な理由でした。

iPhone 7の本体がブラックだし、裏面が透明なほうがいいなと思い「クリア」か「クリアブラック」のどちらにしようか検討した結果、クリアブラックにしたのです。

エアージャケット、クリアブラック

▲ クリアブラックはケースに薄い黒色のコーティングがあるものの透明なので、iPhone本体の裏側にあるリンゴのマークも見えます。

上の写真は角度や明るさの問題であんまりAppleのロゴが見えませんが、実際もこんな感じで「よく見るとロゴが見えるね」という程度です。「クリア」タイプなら完全に透明なのでもっとハッキリとロゴが見えるはずです。

で、ケースを装着して最初に感じた、というより驚いたのが、

「おいおい、やたらとツルツルしてねえか?

というものでした。iPhoneを机などに置いてて、それを取ろうとした時にすべって取りにくい。ツルツルというか、ヌルヌルに近い感触で、ケースの両端を持ち上げようとするとヌルっと滑ってしまう。

すべらなかった「クリアマット」、すべる「クリアブラック」

iPhone 6でクリアマットを使ってた時には全くそんなこと(=持つ時に滑る)はなかったんです。だから「なんで?」と驚いてしまって。

汗かき体質なのもあり、手汗がよほどスゴいのかな、とも考えました。実際、風呂上がりなどで手がサラサラしてる時にはすべらなかったんです。

私が iPhoneに保護ケースを着けたい最大の理由は、ウォーキング時に持ち歩くから。歩行距離やスピードを計測すると同時に iPhoneで写真も撮るし、SNSに投稿もします。屋外で持ち歩くから落とすと割れたり傷が付いてしまう。だからケースで守りたい。

なるべく軽量なケースが欲しかった私に、超軽量なエアージャケットは最適だったのです。それなのに、ケースがすべってしまって、それが原因で落としてしまうようでは本末転倒。

実際、エアージャケットのラバーブラックを装着してから正式に iPhone 7の使用を開始したところ、使用2日間で iPhoneを2回落としてしまいました。2回ともカーペットの上だったので傷や破損などはセーフだったものの、いよいよこれはイカンと。

エアージャケット、4タイプの特徴

クリアブラックを購入した時のエントリーでも触れているのですが、エアージャケットの4タイプは大きく2つのタイプに分類され、以下のような特徴があると書かれています。

★「クリア」と「クリアブラック」

◆透明度が高い。
◆軽度のキズには復元作用が働く特殊なセルフリペアコートを施してある。

★「クリアマット」と「ラバーブラック」

◆表面がサラサラしている
◆指紋が付着しにくい。
◆透明度は低い(クリアマットは半透明)。

この特徴解説を見てピンと来たのは、iPhone 6の時にクリアマットで全然すべらなかったのは「サラサラタイプ」だからなのかな、と。

そして、クリアブラックの「セルフリペアコート」というのがツルツル(というかヌルヌル)の原因なのかな、と。

で、先日オフ会に参加した際、数名の参加者に私の iPhone 7(クリアブラック装着)を実際に持ってもらったんですよ。

そしたら全員が「すべる」「ツルツルというよりヌルヌルする」と、私自身と全く同じ感想を教えてくれました。

「福岡の人はみんな手汗がスゴいのだ」、いや違う、「やっぱりクリアブラックは滑りやすいのだ」という結論に至ったわけです。

サラサラタイプのラバーブラックを購入

家の中でクリアマットを使う分には、確かに少々すべるものの、気を付けてさえいれば落とすことなく持ち上げられるようになってきました。コツを掴んだので。

しかしウォーキング時にすべってしまうと最悪「致命的な状態」になる可能性が高い。家の中で作業してる時よりも明らかに手汗をかくので。

なので別タイプのエアージャケットを購入することにしました。「クリアマット」は以前使ってたので滑る心配もなく安心なのですが、やっぱり違うものが欲しかったので「ラバーブラック」に決定。

エアージャケット、ラバーブラック

▲ 前回のクリアブラックはパワーサポート社の公式サイトから購入しましたが、今回のラバーブラックはAmazonで購入しました。

エアージャケット、ラバーブラック

▲ ラバーブラックではなく「ラバーコーティングブラック」と書かれてます。ラバー塗装でサラサラした手触り。

「指紋が付きにくい仕様」とも書かれてますが、先に言っておきます。指紋はバリバリ付きます。前回クリアブラックの時も指紋ベタベタ付いてましたが、今回のラバーブラックも同じくらい指紋だらけになってます。

前述した通り、たぶん私が手汗をよくかく体質だからなのもあるんでしょうね。なので同じように手汗が気になる人は「何を装着したところで指紋は付く」とお考えください。

エアージャケット、ラバーブラック

▲ 保護ケースを出してみました。前回クリアブラックの時と同じく液晶フィルムなども同梱されてますが今回は関係ないので割愛。

クリアブラックとラバーブラック

▲ 左が最初に購入したクリアブラック。右が今回購入し直したラバーブラック。

クリアブラックとラバーブラック

▲ 一目瞭然ですが、左のクリアブラックが透明で透けている一方、ラバーブラックは透明度ゼロです。

エアージャケット、ラバーブラック

▲ ラバーブラックを装着完了。クリアマット装着時には透けて見えてたAppleのロゴが、ラバーブラックだと一切見えません。承知の上で購入したので仕方ない。

軽さはクリアマットやクリアブラックと同様、着けてないかの如く軽いです。やっぱりこの軽さがエアージャケットの大きな魅力。

そして最も肝心な「すべり具合」ですが、ラバーブラックは全くすべりません

ラバーブラックを装着し、テーブルに置き、iPhone本体を初めて持ち上げた時は緊張して手汗ブワーってかきましたが(あながち大袈裟でも誇張でもない)、今までクリアブラックでヌルヌルして苦労してたのがウソのように、スッと手に馴染んで何の苦労もなく持ち上げることができました。

これだ、これだよ、と思わず呟いた私。もうウォーキング時も大丈夫だ。よっぽどヘンな持ち歩き方をしない限りは。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

「クリア」と「クリアブラック」が全てヌルヌル滑るとまでは言いません。世の中にはそれほど手汗をかかない人もいるでしょうし。

ただ、手汗が気になる人や、不注意で落としてしまうことが過去多かった人などは、すべりにくい「クリアマット」か「ラバーブラック」にしたほうがいいと思います。

透明度が欲しい(Appleロゴを見たい・見せたい)人はクリアマットが最適ですし、透明度が不要な人、黒が大好きな人はラバーブラックが満足できます。

★すべらないエアージャケット、iPhone 7用

★すべらないエアージャケット、iPhone 7 Plus用

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :