[Я]iPhoneで音楽を全く聴かない私のApple Music体験記

スポンサーリンク

なぜiPhoneで音楽を聴いたことがなかったのか

wallpaper - beatles & apple
wallpaper – beatles & apple / gui.tavares

普段、iPhoneで音楽を全く聴きません。そもそもiPhoneの中に音楽が1曲も入っていません。

通勤中は車を運転してたので、CDを聴くかFMラジオを聴く。

仕事中は一切音楽を聴かない。休憩中も聴かない。

家に帰ったらPCのiTunesで聴く。

iPhoneで音楽を聴くシチュエーションが全然なかったんですよ

強いて言えば、私はウォーキングが趣味なんですけど、外を歩いてる時って絶好の「iPhoneで音楽シチュエーション」ですよね、普通であれば。

でも私、歩いてる時に音楽を聴きたくないのです。歩いてる時は歩くことだけに集中したいし楽しみたい。「歩くことだけ」ってのは、それに付随する例えば「周囲の景色を眺めて楽しむ」や「いろんな考え事をする」も含まれます。そこに音楽を混ぜたくない。

JRやバスで移動中に音楽聴くというシチュエーションもありますが、音漏れが不安なんですよ。

景色を眺めたり考え事をしてる近くで誰かの音楽がシャカシャカと音漏れして耳に入ってくる、あれがとてもキライ。だから自分が「音漏れさせる立場」には絶対なりたくない。

iPhoneのイヤホンはそんなに音漏れしない高性能なのかもしれないし、音量を大きくしなければ大丈夫なのかもしれない。でも不安なので使わない。iPhoneのイヤホンってGoogleのハングアウトで利用するまで1度も使ったことがなかった。

PCのiTunesからiPhoneに移行するのがメンドクサイ、ってのも結構大きな理由なんですけどね。実際に移行したことないので、やってみたら簡単だったとなるのかもしれないけど。

そんなこんなで私はiPhoneで音楽を聴いたことがなかったってのを前提に今回書いてます。

3ヶ月無料ってことで初体験

Apple Watchの時も、今回のApple Musicも全く同じだったのですが、最初の取っかかりとしてブログ記事や公式サイトなどで情報収集して、「これは興味ない」「自分には必要ない」と判断したら、そこから情報収集を全くしなくなります。

興味が湧いて火がついたら徹底的に調べるんですけど、興味ない時は拒絶して意図的に見ないようにすることが多いです。情報発信する立場としてどうなん? とも思うけど、興味のキャパシティーを広げ過ぎるとすぐ脱線してしまい本道を見失ってしまう悪いクセもあったりするのです。

Apple Musicの話題が盛り上がり始めた頃に入院中で、ネットを全くしてなかったのもあり、興味が湧かないどころかほとんど何も知らないまま2015年7月、iOSのアップデートと共に音楽配信サービスが始まりました。

サービス開始された直後には多くのブログで感想記事がドワーっと出てきますので、ひとまず幾つか読みました。そこで「3ヶ月は無料で利用できる」ということを知ります。

無料なら使ってみよかー、となりました。まずは「ミュージック」というアプリを探さなきゃならない。そんなアプリあったか?

ありました。使わないアプリをまとめてたフォルダの奥深くで息をしてた。

勝手に有料にされたら困るので自動更新をオフに

3ヶ月は無料で使えるけれど、初期設定のままにしておくと3ヶ月が経過した後から月額980円が自動で引かれちゃうそうです。

それがイヤな人は必ず自動更新をオフにするんだぞ! ってのを多くのブログが記事にされてました。私は好きなブログをRSS登録して読んでますが、ここまでネタがカブってるのは初めてじゃないかってくらい多数のブログで書かれてましたね。(私も今から書こうとしてるんだけど)

それだけ情報発信する人の多くが「ここは必ず読者に伝えておくべき重要なとこだ!」と認識したってことなのでしょう。

なので私も重要なことから先にやっときました。

IMG 8558

↑ 音楽聴くよりも前に自動更新オフ完了。上のスクショは自動更新オフ後のもの。

自動更新オフの設定は、

ミュージックアプリを起動
→左上の人型アイコンをタップ
→「Apple IDを表示」タップ
→購読の「管理」タップ
→「自動更新」をオフにする

という手順になります。

【参考】「Apple Music」のメンバーシップの自動更新をオフにする方法 | 気になる、記になる…

で、使ってみたわけだが

自動更新もオフにしたし、これで安心。ってことでApple Musicを使ってみました。

私の場合、最初に音楽を聴くといったら必ずビートルズなわけです。必須。

IMG 8559

↑ でも、ビートルズがないのよね。カバーしかない。

それでも最初はカバー聴いてましたよ。1曲聴いて、「なんでカバー聴く必要がある?」と我に返りましたけど。

iTunes Storeで取り扱ってるアーティストは全部聴ける、ってなワケではなかったんですね。ここは情報収集不足でごわした。

じゃあどんなアーティストを3ヶ月無料で聴けるんだろ、ってことでメジャーどころを幾つか検索してみたんですけど、見事に全部ない。ここで8割方、私の心は折れました。

IMG 8560

↑ ひとまずストーンズはあったので聴いてましたが、5曲目「Brown Sugar」の途中で止めました。この曲あんまり好きじゃなかった。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

今回自宅でApple Musicを初体験しましたが、自宅にいるなら無理にiPhoneで聴く必要もないし、PCのiTunesで聴けばいい話なので、初体験はストーンズの4曲ちょっとで終わってしまいました。

今まで外出時にiPhoneで音楽を聴かなかった私でもこれを機に変わるかな? という客観的な興味がありました。でもたぶん変わらない。

Apple Musicのメリットは、今まで自分が知らなかったステキな楽曲や音楽アーティストに巡り会えるかも、という点なのかな。iTunesだと自分の意志で楽曲を選んでるから、偶然の出会いはない。

自分の知らない曲でも全然構わないので、いろいろシャッフルしてBGM的に音楽を流し、聴き、楽しみたいって人にはApple Musicがとても良いのかも。

ただ「特定の好きなアーティストのオリジナルを狙い撃ちで聴きたい」人には、現時点で聴ける楽曲数が多くないみたいなので、Apple Musicにあるのなら問題ないですが、なければ魅力は半減しちゃいそうです。

この3ヶ月のお試し無料期間中に楽曲数が増えていけば、また違った展開になるかもしれませんね。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :