家族全員MVNO作戦開始、我が家はFREETELへと舵を切った

スポンサーリンク

格安SIMへの道スタート!

我が家は私も嫁も結婚前からソフトバンクを長いこと利用してきました。私は社名が「J-PHONE」だった時代から契約してるので、もう15年以上利用していることになります。

2年前に長男が、今春には長女が高校生となり、高校生になったらiPhoneを買ってあげるという約束だったので二人の入学時にiPhoneを購入し、我が家はiPhone持ちが4名になりました。

数年前から耳にし始めた「格安SIM」「MVNO」という言葉。携帯大手三社よりも料金が随分安くなり、通話品質やネット速度もそれほど劣化しないというMVNO。

長男がiPhoneを持ち家族3人に携帯料金が発生するようになってから、やはり家計における携帯料金の割合が気になるようになってきたので、MVNOへの移行を検討してきました。

実際に格安SIMへ変更を済ませている友人知人に直接質問して教えてもらい、昨年末頃から「家族全員MVNO計画」への道をスタートさせたというわけです。

我が家のiPhone構成

現在iPhoneを所有している家族4名のiPhone構成は以下の通り。

◆私 … iPhone 6(ソフトバンク)※2014年10月に購入
◆嫁 … iPhone 6(ソフトバンク)※2014年10月に購入
◆長男 … iPhone 5c(ソフトバンク)※2014年4月に購入
◆長女 … iPhone 6(ドコモ)※2016年3月に購入

私と嫁は2年前、「iPhone 6 / 6 Plus」が発売された約1ヶ月後にiPhone 6を購入

長男は高校進学した2年前の4月、当時の最新型「iPhone 5s / 5c」のうち安い5cを購入。

長女は今年の3月、第一志望の高校に合格が決まった数日後に「iPhone 6」を「一括1円」で購入。

他の3人がソフトバンクなのに対して長女だけはドコモのiPhoneとなってます。「一括1円」の対象機種がドコモだったからという理由と共に、今回紹介する「MVNO」のためドコモ端末にしたという理由もあります。詳しくは後ほど。

家族4人の携帯料金は毎月どのくらいなのか

長女が今年4月からiPhoneを使い始め、家族4人のiPhoneがそれぞれどのくらいの料金だったのか、4月〜6月の月額は以下の通り。

◆私 … 4月:5,700円 5月:6,300円 6月:6,200円
◆嫁 … 4月:8,200円 5月:8,200円 6月:8,500円
◆長男 … 4月:6,100円 5月:6,100円 6月:5,600円
◆長女 … 4月:6,600円 5月:7,100円 6月:7,100円

私と嫁は機種変更時の割引キャンペーンが適用されており、私のほうが割引額が多いため嫁よりも安い料金となってます。あと嫁は通話代金が毎月幾らかあります(私はほとんど通話しない)。

ちなみに私の料金が5月から約500円上昇してるのは、自宅外の公共施設や喫茶店などで作業する機会を増やしたくてソフトバンクのテザリングオプション(月額500円)に加入したから。

※ソフトバンクのテザリングオプションは加入から2年間は無料ですが、私は以前にテザリングオプションを2年使った後に解約し、今回再契約したため有料になってます。

長男は「ホワイト学割」に入っているので少し安くなってます。

唯一ドコモの長女は長男よりも1,000円以上高い料金となってます。「一括1円」だったので端末代は激安で良かったのですが、その代わりに基本料金プランが制約されました。想定される「最も安いプラン」で、さらにドコモの学割も入ってるのですが、端末代を含まないプランでも毎月7,000円払ってますから、やっぱり高い。

というわけで、家族4人の携帯料金を合算すると、

6,200円(私) + 8,500円(嫁) + 5,600円(長男) + 7,100円(長女)
= 27,400円

6月分の家族合計は27,400円。

最有力候補だった「IIJmioのファミリーシェアプラン」

当初私が検討していたMVNOの格安SIMプランは「IIJmio」という会社の「ファミリーシェアプラン」でした。

ファミリーシェアプランの特徴やメリットとしては、

★パケット10GBを家族で分け合える

ファミリーシェアプランとして毎月10GBを使え、例えば家族によってパケット使用量に差がある場合(お父さんは5GBくらい使うけど他の家族は1GBも使ってないとか)でも家族内で上手にやりくりすることでパケットを分け合うことができます。

★家族同士の通話が割引になる

同一名義のファミリー同士で通話料金が2割引になります。これとは別にIIJmioの通話アプリを使用すれば、相手が家族でも家族以外でも全ての通話料金が半額になります。

家族間での通話が多い人には魅力的なサービスです。

★家族3人で料金が4,660円と安い!

ファミリープランは最初に3枚のSIMカードがもらえて、音声通話とデータ通信の両方が利用できる全て込みの基本料金は4,660円(税抜)となります。税込だと5,032円。

4人目以降はSIMカードを1枚追加することになり、追加1枚あたり1,100円プラスするだけ。したがって家族4人でファミリープランを利用した場合は全て込みの料金が6,220円(税込)となります。

現在の27,400円が6,220円まで下がるんですよ。4分の1以下。

我が家にはもう一人、次女がいます。次女が高校進学時にもう1枚SIMを追加しても家族5人で合計7,203円(税込)の計算。この料金の差を知ったら、もうMVNOしか考えられなくなります。

ただしこの料金は月々の通話料が含まれていないのに加えて、当然ながらiPhoneを新規で購入したり機種変更する際の端末代金(分割払い)が入っていません。ここ重要ですので、端末代金のことを忘れて「安〜い!」と浮かれていたら後で泣きをみます。

「IIJmioのファミリーシェアプラン」を断念した理由

ここまで書いてきた「IIJmioのファミリーシェアプラン」ですが、結局このプランでMNP(=電話番号はそのままで他社に変更)するのは断念しました。理由は大きく3つあります。

1. パケット10GBも要らんかった

IIJmioのファミリーシェアプランは家族全員で10GBを分け合えるのがメリットなのですが、そもそも我が家はパケットを月にどのくらい使ってるのか調べてみました。ソフトバンクは「My Softbank」のページで確認できます。

◆私 … 4月:0.21GB 5月:0.35GB 6月:0.15GB
◆嫁 … 4月:1.25GB 5月:1.19GB 6月:1.61GB
◆長男 … 4月:2.23GB 5月:2.33GB 6月:1.90GB
◆長女 … 6月:0.46GB 7月:0.68GB

家族全体で見ると5月が最もパケットを使っています。長女のドコモは5月分のデータが取れなかったため、仮に長女が5月に0.68GB使ったことにして家族全員の使用パケットを計算してみると…

4人合計で4.55GB。つまり、最もたくさんパケットを使った月でさえ、IIJmioのファミリープランで利用可能な10GBの半分も使ってないんです

私は基本的にWi-Fiのある場所で大半の作業をしているため、パケットをほとんど使用していません。5月からテザリングを使用して自宅外でも作業する機会が少し増えましたが、パケットはさほど増えませんでした。

家族4人で5GBも使用してない現状なら、10GBをもらうより、もっと少ない容量で構わないので、もっと料金が安い選択肢のほうがいいな、と考えが変わります。

2. 家族3人同時に加入しないとお得にはならない

ファミリーシェアプランは加入時にSIMカードを3枚もらえ、4人目(4台目)以降は1枚ずつSIMを追加していく、というのは前述した通り。

ここで問題になってくるのが、3人同時のタイミングでIIJmioにMNPできるのか、ってことだったんです。

ソフトバンクやドコモなど大手三社は「2年縛り」ってのがあるのは皆さん周知の通り。2年に一度「更新月」があり、更新月にMNPすれば問題ないですが、更新月ではない月にMNPすると高額な契約解除料が発生します

ソフトバンクのiPhoneだと契約解除料は税抜で9,500円。税込で10,260円

以前は1ヶ月だった更新月ですが、2016年に入ってから大手三社とも更新月を2ヶ月に期間延長しています。

で、我々家族4人の更新月がどうなってるかというと、

◆私 … 更新月は2018年1月〜2月(ホワイトプランR)
◆嫁 … 更新月は2016年10月〜11月(ホワイトプランR)
◆長男 … 更新月は2016年6月〜7月(ホワイトプランR)
◆長女 … 更新月は2018年3月〜4月(ドコモのカケホーダイプラン)

上記の通り4人ともバラバラなんです。購入時期が違うから仕方ないんですけど、問題なのは私と嫁。

私と嫁は同じタイミング(2014年10月)にiPhone 6を購入して、本来なら今年10月で二人とも更新月を迎えるはず。IIJmioの検討を始めた頃もそう思い込んでいました。

しかし、2年前にこのブログでエントリーを書いたのですが、私のホワイトプランは何の通知も連絡もなく、いつの間にか「ホワイトプランR」へと変更され、しかも更新月が勝手に意味不明の1月へと変えられてしまいました。このことを完全に忘れてた。

このせいで、今年9月か10月か分かりませんが新型iPhoneが発売されたら、嫁は更新月の10月にMNPすれば問題ないのですが、嫁と同じタイミングで2年前に購入した私だけは契約解除料が1万円以上発生することになります。腹立つわー。

当初の計画では、私と嫁の更新月(=今年の10月)に長男と合わせて3台のiPhoneをまとめてMNPすれば、長男の契約解除料だけで済む、というつもりでした。しかし私の更新月が今年の10月ではなかったため、2人分の契約解除料を払うハメになる。

じゃあ、長男を先に一人だけMNPさせて、次に嫁の更新月になったら私と嫁がMNPすれば契約解除料は私一人だけで済むな、と考えました。

しかしこの作戦だとIIJmioのファミリーシェアプランではお得にならない(むしろ損になる)ことが判明。

IIJmioに電話で確認したのですが、ファミリーシェアプランは最初の時点で3枚のSIMをもらえるというのがメリットであるため、最初に長男だけを先行でファミリーシェアプランにしたとしても3枚ではなく1枚しかSIMをもらえず、次に私と嫁がMNPした時は「追加扱い」になるんだそうです。

つまり私と嫁は「最初の3人」ではなく「4人目以降の追加分」扱いになるため、通常のファミリーシェアプランよりも余計な料金が発生してしまう、それならむしろ通常のプランのほうがいいですよ、と説明されました。

※長男のiPhoneは4月に買ったのに、なぜ更新月が6月なのかというと、購入当初は「従量制プラン」にしてまして、しかし料金が割高だと判明したため、6月に「ホワイトプランR」へと変更しました。これにより更新月が6月に変更されたというのが理由です。誤解を招く書き方だったのでこちらに追記・補足しました。

3. FREETELという選択肢があった

パケット10GBも要らないし、ファミリーシェアプランのメリットを享受できないとなれば、他にお得なMVNOは無いのか。

ここで登場するのが、最近いろんな方々が話題にしたり、実際に友人知人がMNPしている「FREETEL(フリーテル)」という選択肢。いろいろ調べていくうちに「こっちのほうがお得かもしれん」となりました。

今ならキャンペーンで基本料が安いFREETEL

FREETELに決めた最大の理由は「使った分だけ安心プラン」という従量制料金プランがあったことです。

FREETEL使った分だけ安心プラン

▲ FREETELではいろんな時期にいろんなキャンペーンを開催してくれるらしいのですが、現在は「2016年9月5日までに契約すると基本料を2年間毎月299円引き(合計7,176円引き)」というキャンペーンを開催中です。上の一覧中、赤い太文字がキャンペーン適用時の料金。

私と長女は毎月のパケット使用量が1GB未満なので、全て込みの料金がキャンペーン中の契約だと毎月わずか900円で済みます(通話料は別途必要)。嫁と長男は1GB〜3GBの範囲内なので、毎月わずか1,301円。むちゃくちゃ安い。

仮にIIJmioのファミリーシェアプランを家族4人同時に加入できた場合の最安値は6,220円(税込)。これに対してFREETELは家族が同時に加入する必要もなく、別々に加入しても損はしません。

現在の使用状況からFREETELの基本料金(キャンペーン期間中)を計算すると、1GB未満(900円)が2人、3GB未満(1,301円)が2人なので、家族4人の合計が税込で4,754円

◆現在のソフトバンク+ドコモ … 税込27,400円 ※端末代金を含む
◆IIJmioのファミリーシェアプラン … 税込6,220円 ※端末代金は含まない
◆FREETEL(キャンペーン割引適用) … 税込4,754円 ※端末代金は含まない

上の比較はIIJmioとFREETELに関してiPhone端末の代金を含んでいませんし、あくまで「我が家4人の合計」という例ですので、ご家庭の利用状況によっては金額に多少の誤差が出るはずです。それでもMVNOにすることでどれだけ安くなるか、そしてFREETELだといかに安いかはお分かり頂けるのではないでしょうか。

ガラケーと2台持ちをしている人で、通話はiPhoneでは一切せずガラケーで通話する、iPhoneではネットだけできればいいよ、って場合は、FREETELを「データ専用」プランにすれば基本料金はもっと安くなります。3GBまでなら月々たったの601円でいけてしまう

使った分だけ払えばいいという従量制プランなので、もし長男や嫁が1GB未満しかパケットを使用しなければ、その月は使用料が1,301円から900円に下がります。我が家はこっちのほうがいい。

他にもFREETELは

◆LINEなどメッセンジャーアプリのデータ通信量が無料
◆iPhoneプランの場合はAppStore利用時のデータ通信量が無料
◆ポケモンGOのパケット料金が無料

といった特典があります。

長男のiPhoneをMVNOデビュー

IIJmioのファミリーシェアプランだと家族複数名が同時に加入しなければメリットを享受できませんでした。しかしFREETELは個別に加入しても問題ないので、まずは今年7月が更新月である長男のiPhoneをMVNOデビューさせることにしました。

ただ、長男が現在使用しているのは「ソフトバンクのiPhone 5c」。このままではFREETELのSIMを使用できません。

FREETELのSIMが使用できるiPhoneは

◆SIMフリー版iPhone
◆ドコモ版のiPhone(端末購入日から半年以上経過)をSIMロック解除したもの

※「ドコモ版のiPhoneであればSIMロック解除しなくてもFREETELのSIMを使える」と教えて頂いたので訂正しました。教えて頂きありがとうございました!

となります。これはIIJmioも同じ。ソフトバンクのiPhoneだとダメなのです。今春、長女のiPhoneを(他の家族と同じソフトバンクではなく)ドコモで購入したのも、ドコモ系のMVNOに変更する計画があったからです。

ということで、我が家の歴史上初めて「SIMフリー版iPhone」を購入することになりました

ソフトバンクショップ

▲ まずはソフトバンクショップに行き、MNPする際に必要な「予約番号」を発行してもらいます。

ここのショップで予約番号を発行してもらうのは今回が2回目なのですが(前回は結局MNPしなかった)、前回も今回もニコニコ笑顔で予約番号を発行してくれました。ショップによっては引き止められたりするらしいのですが、そんな様子も全くなし。「去るものは追いませんよ〜」という爽やかな笑顔で送り出してもらいました。

長男のは更新月なので契約解除料の10,260円(税込)は発生しません。しかしMNP転出手数料として3,240円(税込)が掛かりました。

AppleStore福岡天神

▲ 数日後、福岡市の「Apple Store 福岡天神」まで遠征。

iPhone SE

▲ 長男の新しいiPhoneとして購入したのは、現時点での最新機種、「iPhone SE」のSIMフリー版、16GBタイプ。一括で購入できるお財布の余裕はなかったので、2016年8月末まで期間延長されている「24回分割払いまで金利ゼロ」のAppleローンを申し込みました。金利ゼロありがたし。

ハードウェア保証の「AppleCare」に入ったので、端末代金の分割払いは月々2,400円。

FREETELの料金が予定通り1,301円でいければ、長男の携帯料金は合計で月々約3,700円となります。ソフトバンク時代が5,600円〜6,100円だったので、1ヶ月あたり約2,000円節約できる計算

iPhone SEとiPhone 5c

▲ 高校入学のお祝いに買ってあげたiPhone 5c。初めてiPhoneを手にした長男の嬉しそうな表情は今でも覚えてます。2年間お世話になりました。iPhone 5cはApple Storeで下取りに。

ヨドバシカメラ博多店

▲ 次に博多駅へ移動。駅のすぐ横にあるヨドバシカメラにはFREETELのブースがあり、こちらでSIMカードを買うつもりでしたが、事務処理用の機械か何かが不具合とやらで「いつ復旧するか分からない」と言われ、購入を断念。

仕方がないので北九州に戻り、自宅のMacからFREETELのサイトにアクセスし、SIMカードを購入しました。

ソフトバンクショップで発行してもらったMNPの予約番号の他、自宅住所やMNPする電話番号などをサイトにて登録完了。MNP転入の際の初期発行手数料として3,240円(税込)が別途かかります。なんやかんやとお金かかるんですなあ。

緊張のSIMカード初実装

サイトで注文した3〜4日後、SIMカードが自宅に届きました。

FREETELのSIMカード

▲ 箱を開けるとSIMカードのパッケージが登場。

APN設定方法

▲ 同梱物としてAPN設定方法の解説用紙がありました。iOS版とAndroid版が入ってます。iPhoneにプロファイルをインストールする方法の解説で、書かれてる通りにやれば出来ます。

できるFREETEL SIM

▲ 「できる FREETEL SIM」という小冊子も同梱されてました。

iPhoneSEのSIMカード交換

▲ FREETELが到着するまで、長男のiPhone SEには暫定的にソフトバンクのSIMカードを挿していました。いよいよ交換作業に入ります。私、あんまりやったことないので少々緊張してました。

ソフトバンクのSIMカード

▲ ソフトバンクのSIMカードを外して、

FREETELのSIMカード

▲ FREETELのSIMカードに交換。

iPhone圏外

▲ SIMカードを挿してしばらく待ちましたが、いつまで経っても「圏外」のまま。時間が経てば変化するのかと思ってましたが、勉強不足でした。

ここでFREETELの専用電話番号に連絡しないといけないのでした。電話を掛けることは知ってたけど、掛けるタイミングを知らなかったわ。

ドコモ回線

▲ 指定されている番号に電話連絡し、オペレーターの女性に「この電話の後に圏外ではなくなるんですよね? よね?」と確認し、電話を切ってから数分後、めでたく長男のiPhoneはソフトバンクからドコモ回線へと生まれ変わりました。(FREETELはドコモ回線を使ってます)

なお緊張のあまり、ソフトバンク表示だった頃のスクリーンショットを撮り忘れました。

私はiPhone系の記事をいろいろ書いてるくせして、格安SIMやMVNOの知識は少し前まで全くなかったし、SIMカードの差し替え作業も今までほとんどしたことない「超初心者」です。それでも解説に書かれてる通りにやれば問題なく全ての作業を完了できました。格安SIMなんて分からんよ〜という方々も大丈夫! やればできる!

FREETELのiPhoneプラン

▲ ちなみにFREETELは「iPhoneプラン」ってのがあります。しかし私は購入時に知ってたはずなのに申し込みをしておらず、普通に通常のSIMカードを買ってしまいました。

公式サイトで確認したら、購入後でもiPhoneプランへの変更は可能となっていました。マイページにログイン後、「お問合わせ」ページで「FREETEL SIM」をクリック。

FREETELのiPhoneプラン

▲ 「iPhoneプランへの変更依頼」という項目がありますので、ここでiPhoneプランへの変更ができます。変更完了後、メールで「完了しました」と通知がきます。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

「家族全員MVNO作戦」の今後としては、ウワサでは9月にも発表されるのではないかとささやかれている新型iPhoneに機種変更し、同時に嫁のiPhoneもSEに機種変更し、2つともFREETELにMNP。

その後は長女のドコモiPhoneをFREETELにMNPすることで、家族4人全員のMVNO化が完了します。長女の「一括1円」ドコモiPhoneは、端末代が激安な条件として「ドコモから他社にMNPしてはいけない最低契約期間」というのが設けられています。その期間が終了したらすぐFREETELに変更する予定。

私と長女は更新月ではない時期にMNPすると思われるため、契約解除料が発生してしまうけど仕方ない。月々で一人あたり2,000円以上も携帯電話料金が下がるので(長女に至っては月あたり4,000円くらい安くなるかもしれない!)、1万円以上する契約解除料も半年ほどでモトが取れる計算になります。

SIMフリー版をあと2台買わねばならず、合計3台の分割払いを考えると少々気は重いものの、それでもソフトバンク時代より携帯電話料金が大幅に節約できるからヨシとしなければ。

年間で我が家の携帯料金がどのくらい下がるのか楽しみです。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :