[Я]Fotojam:iPhoneでの写真アルバム閲覧がもっと便利で楽しくなるぞ~

スポンサーリンク

「スマートアルバム」を更に進化させたアプリがリリース

Fotojam - 思い出発掘!全自動グルーピングアルバム
Fotojam – 思い出発掘!全自動グルーピングアルバム
価格: ¥100 (2013.12.5時点)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
ダウンロード
ss1ss2

iPhoneでの写真アルバム閲覧に特化したアプリ「スマートアルバム」の開発者・@rivawanさんが、またまた素敵なアプリをリリースされました。その名も「Fotojam」。リリースされたのは、このエントリーを書いてる本日(12月5日)です。

Fotojamは、前作「スマートアルバム」を更に進化させたアプリとなっています。なお、スマートアルバムは今回のFotojamリリースにより公開終了となるようです。

アプリ名に「全自動グルーピングアルバム」とある通り、Fotojamが自動で写真をグループ化してくれます。しかも、アプリをずっと起動しておく必要もないっていうから便利じゃないですか。

@rivawanさんは、このブログで先日アップした「初めて晒すiPhoneホーム画面エントリー」にてドック入りしているアプリ「Qontact」も作られています。他にも多数のアプリでお世話になっておりまする。

まずは紹介動画を見てくだされ~

Fotojamの主要機能や使い方について紹介動画がありましたので、こちらでシェアいたします。この動画を見れば、ほぼ分かるのではないでしょうか。

うん。全部分かりますね。ではでは。ほんじゃーねー!

で終わるわけにはいかないので、私が使ってみた感想を書きますよ。ここ重要だからね。「私が使った」感想なんです。

★画像の種類ごとに閲覧できる

IMG_3241

↑起動すると、まずはiPhoneのフォトアルバムに保存されてる写真がズラーっと表示されます。

IMG_3244

↑左上のアイコンをタップで、イチゴジャムのような赤い背景色のメニュー。「すべて」が初期表示で、他に「ビデオ」「フォト」「イメージ」「スクリーンショット」「壁紙」「その他」とあります。

IMG_3246

↑「ビデオ」では動画のみが絞り込まれて表示されます。フォトアルバムは動画も静止画もスクショもゴチャ混ぜなので、動画を探し出すのって意外に大変。なのでこの機能は重宝します。

IMG_3248

↑同じく「壁紙」も。願わくば、Fotojamの「壁紙」から直接iPhoneの壁紙変更ができればとても嬉しい

IMG_3250

↑スクリーンショットも絞り込み表示。

IMG_3251

↑画像の1つをタップすると拡大され、下に画像の情報が表示されます。左下のアイコンをタップ。

IMG_3256

↑写真にコメントを付けられるのですが、次の項で詳しく解説するのでここではスッ飛ばします。左にあるアイコンをタップ。

IMG_3257

↑iOS7から実装された新機能「AirDrop」をFotojamで使うことができます。AirDropってメチャクチャ便利なので、これもありがたい。

IMG_3258

↑メールに写真を添付したり、TwitterやFacebookへの画像シェアもFotojamから直接できます。ブロガー用途ならDropboxに送る機能が重宝しますね。

IMG_32581

↑最下段の右にある「次で開く」をタップすると、

IMG_3260

↑ご自身のiPhoneにインストールしている主要な画像加工アプリが一覧表示されますので、タップすることで別アプリが起動され、画像加工の作業へとスムーズに移行できます。

★写真にコメント付けられる(一括入力も可能)

この写真、何やったっけ?とか、誰の写真だっけ?など、撮ったはいいけど後で見た時に謎な写真ってありませんか? Fotojamでは写真にコメントを付けることも出来ます。

1枚の写真をタップしてコメント登録することも出来ますが、1つ1つにコメント付けるのメンドクサイって人(=私)は、複数写真にまとめてコメント付ける機能が便利。

IMG_3275

↑複数同時にコメント付けたい時は、右上の「選択」をタップ。

IMG_3276

↑複数の写真をタップして選択したら、左上のアイコンをタップ。

IMG_3277

↑コメントを入力したら「保存」をタップ。

IMG_3278

↑右上の「完了」をタップ。これだけ。

IMG_3279

↑ザッとこんな感じ。 ※この作品はフィクションです。

★撮影日を指定して移動できる

IMG_3283

↑画面下の日付をタップすると、日付変更モードになるので、ここで日付を変更することで「指定した日に撮影された写真」の位置に移動してくれます。

IMG_3284

↑8月に行った長崎家族旅行の写真が見てえな~、って時は、日付の「月」を8月にスライドさせた時点で、もう8月の写真のとこにスパッと移動してくれます。月や日をクルクルとスライダーで変更していくたびに、その日付に合致した写真へと切り替わっていくので、見てて楽しいですよ。

IMG_3286

↑最新の日付に戻りたい時は、スライダーをイチイチ今日の日付に戻す必要はなくて、iPhone画面の一番上のところ(電波状況や時刻や電池残量が表示されてるところ)をポンとタップすれば最上部に戻ります。Fotojamに限らず、iPhoneの大半で使える機能です。

★「その他」での条件設定が工夫次第で便利だ!

IMG_3288

↑メニューの一番下にある「その他」。これ、使い方を工夫すると大変便利です。

IMG_3290

↑「新しいアルバムを追加」をタップして、独自の表示条件を設定することができます

IMG_3298

↑現在設定できる条件は「期間」「撮影地」「メーカー」「機種」「ソフトウェア/アプリケーション」の5つ。試しに今回は「撮影地」で設定してみます。

住所を直接入力する方法の他に、「リストから選択」をタップすることで、今まで撮影してきた写真の撮影地が一覧表示されます。

※位置情報をオフにして撮影した写真に関しては、当然ながら位置情報データが登録されていませんので、Fotojamで指定しても表示させることはできません。位置情報がオンで撮影された写真のみが表示対象になります。

IMG_3294

↑撮影地の一覧からタップすると、その撮影地で絞り込まれた写真が表示されます。上の例だと福岡市は「東平尾公園」と「東比恵」の2つありますが、これらをまとめて「福岡市」として閲覧したい場合は、住所を直接入力してみましょう。

IMG_3299

↑「福岡県福岡市」と入力し、右上の「保存」をタップ。

IMG_3302

↑反映されると上のようになります。保存してもすぐ反映されない場合があるので、他のアプリなどに移動してみたり、少し時間を置いたりしてみると反映されることもあります。また、「福岡県」と「福岡市」の間に空白文字(スペース)を1つ入れて再保存するとすぐ反映されることもありますので、なかなか反映されない場合はトライしてみてください。

IMG_3303

↑こんな感じ。決まった場所で定期的に撮影する場合などは、その場所を条件指定することで日時をまたいで表示できるから、かなり便利です。

他にも、iPhoneのカメラアプリで、特定のアプリを特定の場面で使ってるときなど(例:ラーメンの写真はOneCamで撮ってるよ、など)、そのアプリを指定することで絞り込み表示できたりなんかもします。いろいろなシチュエーションで工夫すれば楽しめますね。

クリスマスまでの期間限定100円セール中

という感じで紹介してきた新アプリ「Fotojam」ですが、本日12月5日から12月25日のクリスマスまで期間限定で、通常価格300円が100円に値下げされています

お、このアプリいいぞー、と思われた方は、雨が夜更け過ぎに雪へと変わる前にサイレンナイまたはホーリーナイでオトクなうちに是非。

Fotojam - 思い出発掘!全自動グルーピングアルバム
Fotojam – 思い出発掘!全自動グルーピングアルバム
価格: ¥100 (2013.12.5時点)
カテゴリ: 写真/ビデオ, ユーティリティ
ダウンロード
スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
CATEGORY :