iPhone5フリック入力設定の謎:「らららハミング」の真実に迫る!

スポンサーリンク

慣れればフリック入力の方が圧倒的に速い


Keyboard by f_shields

忙しくて「iPhone5」で遊び倒す時間がありません。りく(@Rikuma_)です。

先日、4Sから5へ機種変更しました。

4Sは嫁が使うことになりました。この辺りの経緯は「iPhone開封の儀エントリー」に書いた通りなので割愛。

4Sを初期化し、新品状態に戻してから設定を進めていくうちに、あれ? と一つ分からないことが…。

フリック入力ってあるじゃないですか。慣れれば、あれほど高速に文字入力できて、あれほどラクチンなものはない。逆に言えば、従来の携帯電話方式での入力に慣れてる人は習得するまで文字入力が遅くなっちゃう。

フリックを使わず、従来の携帯電話方式でも文字入力することは出来ます。いわゆる「あ」を4回押すと「え」になる方式

携帯からスマホに移行し、最初のうちでフリック入力に挫折し、携帯電話方式の入力に戻っちゃう人がいます。あれを見てると、実にモッタイナイなぁ~と思っちゃう。

うちの嫁は今回がiPhone初使用。せっかくiPhoneユーザーになるんだから、携帯方式ではなくフリック入力をマスターしてもらいたいと思ってました。

ショップ店員は設定を知らなかった

4Sを嫁のアカウントに切り替えて2日目。別件でソフトバンクのショップに行った際に待ち時間があったので、まだ完了してなかった4Sの設定をやり直してました。

iPhoneのフリック設定は、初期では同じ文字の箇所を連続してタップすると、従来の携帯と同じく文字が変化していくはずです。要するに「あ」を2回タップすると「い」になり、3回タップで「う」になる。

これではなく、「あ」を2回タップしたら「ああ」、3回タップしたら「あああ」と入力できるように変更したかった。私が4Sを使ってた時はそう設定してたけど、今回の初期化で元に戻っちゃったから。

しかし、どこの設定を変更すればいいのか分からなくなっちゃった。というか忘れた。

いくら調べても分からなかったので、ショップ店員に訊きました。「どこの設定を変更するんでしたっけ」と。

店員、深刻な表情に変わり、店のものなのか私物なのか、iPhoneをいろいろイジり始めましたが、どこの設定を変更するのかというよりも、その機能自体を知らなかったらしく、

あの……そういう…機能は…iPhoneにはない…と思うのですが…

んなわけねえだろ。私の5はその設定になってんだから。

実際に入力を見せてあげました。「あ」を3回押せば「う」じゃなくて「あああ」になるところを。

ああ……ホントですね…

自分で探した方が速そうだ。

1回タップだけで文字入力を完了させる設定方法

というわけで、いろいろ調べたら変更方法が分かりました。

(注)以下に紹介している画像及び説明は、すべてiPhone5+iOS6のものです。

iPhoneの「設定」アプリで、「一般」>「キーボード」と移動すると、下半分のところに

キーボード 3

という風な表示があると思います。私のiPhone5は現在キーボードを2種類しか使ってないので「キーボード 2」と表示されてます。

その「キーボード ●」というところをタップ。

IMG_0014

↑「日本語」キーボードをタップ。

IMG_0015

↑たぶん初期設定では上のような感じだったかなぁ。違ってたらごめんなさい。

この状態だと、「あ」を3回タップで「う」、4回タップで「え」という、いわゆる携帯入力方式になります。

IMG_0025

↑「あ」を3回タップで「あああ」という風にしたい場合は、「かなオプション」の「フリックのみ」をオンにすればOK。

設定を変更したら、左上にある「キーボード」をタップして1つ前に戻ります。

IMG_0017

↑「フリックのみ」が表示されていればOK。タップ3回で「あああ」と入力できるようになります。

余談:漢字を手書き認識させるキーボードもあります

今回の件と関係はないんですけど、漢字の手書き入力をしたい時ってありますよね。「この漢字、読み方は何だっけ……分からないからiPhoneで入力できない」ってこと、たまにあります。

そんな時、iPhoneでも手書きで入力できます。iPhoneの標準キーボードにありますよ。

IMG_0028

↑「新しいキーボードを追加」をタップ。

IMG_0030

↑下の方にスクロールしていくと「中国語-簡体字(手書き)」ってのがありますので、それをタップ。

IMG_0032

↑キーボードが追加されました。これで手書き入力ができます。

IMG_0019

↑ある程度まで手書きすると候補が表示されるので、タップで入力。何気に便利。

IMG_0036

↑手書きのキーボードを削除したい場合は、右上の「編集」をタップ。

IMG_0037

↑左端の赤いマイナスをタップすると、右側に「削除」が表示されますので、タップするとキーボードが削除されます。また使いたくなったら上で書いた通り新たに追加すればOK。

まとめ

ということで、iPhoneキーボードの設定をいろいろ変えることで、入力がとても便利になります。めでたし、めでたし。

で、タイトルの「らららハミング」って何やねん、というハナシですが。

Twitterなどで「(笑)」って文字を使う代わりに「ww」って書くことがあるじゃないですか。文字数が少なくて済むので私もよく使ってますけども。

これiPhoneで「www」と入力したい時に、iPhoneの日本語キーボードが「英語」じゃなく「かな」になってると、「ららら」と打ってしまいます。特にiPhone5(というかiOS6)になってから文字を打ち間違えること、増えましたよね。

そのことに先日、某ブロガーさんが気付いたらしく、Twitterで呟いてらっしゃった。爆笑って意味で「wwwwwwww」と打ちたかったはずが、「ららららららら」とハミングしてるかのような誤入力。

もしTwitterで誰かが「らららららら」とつぶやいていたら、その人はフリック入力設定をしていて単に打ち間違えているのか、それとも本当に草原かどこかでスキップしながらハミングしてるんだなと思ってあげて下さい。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :