[Я]iPhone6ガラスフィルム初装着にまつわる悲喜こもごもストーリー

スポンサーリンク

トゥルントゥルンになると聞いて

これまで持っていたiPhoneのうち、4Sと5には保護フィルムを貼ってました。汗カキな上にウォーキングで使うことが多いため、指紋ベッタベタになってすぐ汚れちゃうのもあったし、見た目がツルツルで綺麗になるのも嬉しい保護フィルム。

1週間前に到着した新しいiPhone6にも当然、保護フィルムを貼る気でしたが、今回は初めてガラスフィルムに挑戦してみよう、ってのはiPhone6を予約する前の時点で決めてました。

実際にガラスフィルムを装着しているお友達に話を聞くと、とにかく快適で、一度ガラスフィルムにしてしまったらもう通常の保護フィルムには戻れない、と皆さん言います。

手触りが良くツルツル滑るのでパズドラするのに欠かせないとか(私はもうパズドラやってないのだけど)、傷に強いので液晶部分を確実に守ってくれるとか、iPhone落としても液晶の身代わりに割れてくれたりする、などなど。保護フィルムより値段は高めだけど買う価値は十分にある、と皆さんの言葉に洗脳されたわけです。

iPhone6が発売され、私よりも早い時期に購入されたブロガーさんが続々とガラスフィルム装着の記事を公開され、それを読んでいくうちにますますガラス熱が高まっていきます。

でもガラスフィルム初心者なので、どんなのが良いのか全然分かりません。装着経験者のお友達にTwitterで質問したりもしました。

ガラスフィルムには商品によって厚さに違いがあり、薄いほうが気持ちイイ、言ってしまえばコン●ームと同じだ、と実に分かりやすい解説をしてくれたお友達もいました。その後、Twitterでコン●ーム談義に花が咲いたのは言うまでもありません。

Amazonのタイムセールだったので買ってみた

ガラスフィルムに関するブログ記事をいろいろ読んでいて、多くの方々が購入&満足されてるメーカーは

◆クリスタルアーマー(CRYSTAL ARMOR)
◆ULTRA FINE GLASS

この2強状態でした。他メーカーの記事もありましたが、割合でいくと圧倒的に2強。

買うならどっちかだろうな、と思い描いていたのですが、先日たまたまAmazonのタイムセールを覗いていたら、ガラスフィルムが安くなってまして。

iPhone6が到着した直後だったのもあり、舞い上がってたんでしょうね。つい買ってしまいました。

↑ 購入したのはコチラ。2強とは違うメーカーのもの。厚さ0.22mmで、私はこのくらいの厚さでいいかなと考えていたし、セール中で値段も安かったので、勢いつけて購入。

しかし大切なことを忘れてた。自分が不器用だということを

ガラスフィルム貼りに初挑戦してブチギレる

IMG 5095

↑ Amazonから到着した商品パッケージ。注文した翌日には届きました。Amazonやっぱり速い。

IMG 5097

↑ パッケージ裏側。なんせガラスフィルムは初めてなので、説明書きを食い入るように読み漁りました。「気泡ゼロ」「貼り直し可能」という文字が初心者の心に勇気と安心感を与えてくれます。

IMG 5099

↑ 中に入ってたものたち。左がガラスフィルムで、右が汚れをふくものだってのは見て分かりましたが、真ん中の青いのがナニモノなのかが分からない。説明書を読むと「ホコリ取りシール」と書かれてる。

ほおー、これでホコリを取るんやな、とiPhone6のホコリに対してポンポンと触れてみたけれど、取れない。

はあ?どうやって使うの?と、しばし苦悩して数分後に分かりました。シールっていうくらいだから、はがさないといけないのね。はがしたら裏側に軽い粘着力があったので、ようやく仕事してくれるようになった。無知って恥ずかしい。

で、写真はここまでです。

そもそもですね、ガラスフィルム初心者で、しかも不器用な男がですよ、ブログに載せようと逐一写真撮りながらフィルム貼りなんて無茶なんですよ。フィルム貼りをナメてた。

最大の失敗は、ブログ掲載用の写真を撮りながら作業しようと思い、ホコリが最も少なそうな奥の部屋に移動したんですけど、そこの照明器具が暗かったんです。手元がよく見えなかった。そして、写真撮影のことが常に脳裏にあったので、フィルム貼りに全然集中できてなかった。

布でiPhoneを何度も何度も拭いて汚れを取り、シールでホコリも取ってピカピカの状態にし、いよいよガラスフィルムの装着! 気泡が入らないように、そして上下左右にフィルムがズレないよう気を付けて、ソッと貼りました。

4箇所ほど気泡が入ってしまったのですが、気泡の部分を押さえて外側にズラしていけば空気が逃げてくれると聞いたので、そのように気泡を消す作業をやってみたところ、何度やっても2箇所だけ気泡が消えない

あれ?なぜ消えない?と、何度も何度もガラスフィルムの上から指で押すのだけど、気泡が全く消えない。この時点で早くも軽くパニック。

気泡が消えない箇所をよ〜く見てみると、とても小さい粒がありました。2箇所ともホコリが入り込んでたんです。こんな小さいホコリが入るだけで気泡になっちゃうのか。

「貼り直し可能」という言葉を信じて、位置的にはバッチリ貼れてたガラスフィルムを一旦はがし、2箇所のホコリをシールで取って、2回目の装着。今度は左に曲がって貼っちゃった。失敗。

3回目、またホコリが2つ3つ入って気泡が取れない。4回目、今度はフィルムに小さな髪の毛みたいなゴミがくっついてる。5回目、今度は上下にズレてしまった。

失敗を重ねる度にイライラが募り、集中力も欠き、遂にはフィルムの装着面を指で直接触ってしまい、指紋がベッチョリ付いてしまった。拭いても取れない。

結局、10回以上やり直したんですけど、指紋も付いちゃったし、きっと粘着力も弱まってしまってるだろうし、これ以上の続行は危険と判断し(ヤツ当たりで物を破壊したい衝動がMAXになったので)、ガラスフィルム一式をゴミ箱に放り込んで終了。

悟りました。私はフィルムを自力で着けてはいけない種類の人間だということを。今回のは授業料払ったようなもんだ、と自分に言い聞かせて就寝。

プロに頼むのが安心確実だと再認識

翌日、ちょうど福岡市に行く用事があったので(半ば強引に出張を入れたのだけど)、UNiCASEのショップに立ち寄ってきました。

何種類かガラスフィルムの在庫があって、店員さんにいろいろ聞いて選んだのが、

2強の1つ、クリスタルアーマーのiPhone6用で最も薄い0.15mmのタイプ。

クリスタルアーマーのiPhone6用だと、私が買った0.15mmの他に「0.25mm」「0.33mm」のタイプもあります。私は真ん中を取って0.25mmにしようと以前考えてたのですが、店頭には0.25mmの在庫がありませんでした。

0.15mmと0.33mm、どっちにするか。0.15mmは最薄なのが魅力だけど、お値段それなりにしますからね。かなり悩みましたが、最後は勢い付けて「ええーい買ってしまえー!」と最薄に決定。

4Sの時も、5の時も、子供に5cを買ってあげた時も、iPhoneの液晶フィルムは全部UNiCASEさんで貼ってもらってます。今回も余計なことしないで最初からUNiCASEさんに来てれば良かった。

15分ほど待って、貼られたガラスフィルムを確認。当然ですが、パーフェクトです。気泡なんてどこにもない。ホコリも紛れ込んでない。ズレてもない。これぞプロの仕事ですわ。感動しました。

これからもずっとお世話になろう。二度と自分では買わないぞ。

トゥルントゥルンやー!

CIMG2639

↑ 0.15mmをプロに貼ってもらった後のiPhone6くん。いいね。輝いてるよ。

CIMG2640

CIMG2641

↑ 当たり前だけど、ズレてな〜い。

で、触り心地なんですけどね。

実は最初にAmazonで買ったガラスフィルムを自分で貼った時にも同じことを感じたんですけど、そんな言うほどツルツル滑らなかったんですよ。

あれ?ガラスフィルムってツルツルになるんじゃなかったの?と、少しガックリきちゃいまして。やっぱり2強じゃないとダメなのかなー、などと考えたんですけど、そうじゃなかった事が後で分かりました。

UNiCASEにて対応してくれた店員さんが、私と同じiPhone6のスペースグレイで、今回着けてもらったクリスタルアーマーの0.15mmを同じく着けてたので、購入を決断する前に触らせてもらったんですけど、やっぱりあんまりツルツルしてない。指が少し引っ掛かるんです。そして私の指紋がベッチョリ付いた。ごめんなさい。

私のiPhone6にガラスフィルムを着けてもらった直後、自分のを触ったんですけど、やっぱり滑りが悪いんです。以前、オフ会でクリスタルアーマーのガラスフィルムに触らせてもらった時は、確かにツルンツルンと滑りが良かったのを記憶してたので、あれれー?って。

もしかして、iPhone6のガラスフィルムは、以前のよりも滑りが多少悪くなっちゃったのかな。これは仕方ないことなのかな。

仕方ないね、と半ば納得しながら車を運転して会社に戻り、改めてiPhone6を操作してみたら、トゥルントゥルンになってて指が滑りまくり!

うおー! イキナリどうしたんやー!

冒頭でも書きましたが、私、汗カキなんです。指も結構汗をかく。前日に自力でフィルム貼った時も、今回UNiCASEで触った時も、きっと指先が脂ぎってたんでしょうね。福岡市内では結構歩いてたから確かに汗かいてたし。だから引っ掛かりが強くて指紋ベッチョリだったのかな。

指先が乾燥してる時にガラスフィルムを触ると、ほんっと滑ります。サラッサラのトゥルントゥルン。一度経験したら通常の保護フィルムに戻れないという話、実感しました。これは気持ちイイ。

iPhone6スペースグレイの人は要注意

Amazonで買ったガラスフィルムの装着に失敗した後、どうしたものかとネットでいろいろ調べてた際に知ったのですが、iPhone6のスペースグレイのみ、端末によって湾曲の個体差があり、ガラスフィルムを貼ると浮き上がって綺麗にならない場合があるそうなんです。

現時点ではiPhone 6のスペースグレイでのみ著しい個体差が確認されているそう。編集部でもスペースグレイ以外の何台かに貼ってみましたが、“浮き”は発生しませんでした。

当然、すべてのiPhoneで確認することは不可能ですから、スペースグレイモデル以外にもバラツキはあるのかもしれません。(中略)一方、iPhone 6 Plusでは、ここまで著しいガラス面の個体差はまだ確認されてないそうです。(中略)

スペースグレイの方は、貼れない確率が増すのでガラス派には慎重な選択が迫られます。ハードコンタクトレンズのように、その場で計って合うのをつくってもらって買うワケにもいかないですからね……。

via:iPhone 6用保護ガラス 幅を迫れない原因は画面形状の著しい個体差だった – 週アスPLUS

この記事を事前に読んでいたので、UNiCASEの店員さんに確認したところ把握してらっしゃいました。前述の通り店員さんもiPhone6のスペースグレイで、ガラスフィルムを貼ったところ、2箇所ほどわずかな浮きが生じてました。

実際に見せてもらい、店員さんに使用の感想も聞いたのですが、そんな極端に見づらいとか使いづらいとかは感じないけど、最初見たときに「ん?」と思われる事はあるかもしれない、と。

上記記事にも書かれてたし、店員さんも言ってましたが、スペースグレイの場合は貼ってみないことには分からないんだそうです。で、実際に貼ってもらった直後、店員さんに確認したところ、私のスペースグレイは大丈夫だったそうです。浮きが発生してないと言われ、安堵。

iPhone6のスペースグレイを購入した方々、ガラスフィルムは無理ってわけではないんですけど、一応頭の中に入れておいたほうがいいかもしれません。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

最初に自力で貼って失敗した時は「ガラスフィルムには縁がないのかなぁ」とヘコみましたが、気を取り直してプロに貼ってもらって良かった。大大大満足です。

いやぁ、薄いって本当にいいもんですね。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :