iPhoneで写真を削除しても空き容量が増えない時の解決法

写真を全削除したのにストレージの空き容量が増えない

特にiPhone本体の容量が少ないタイプを使っているユーザーの場合、「容量の空きが少なくなる」という問題は常について回ります。

そんな時は本体のデータを減らして空きを捻出するしかありません。減らす候補の筆頭は「アプリ」か「写真」、という人も多いのではないでしょうか。

私も空きがなくなる度に写真を削除していたのですが、それでも空きが増えないという現象に意味が分からず困惑していました。

謎の正体は「最近削除した項目」

写真を削除したのに、どうして写真の空き容量が減らないのか。その理由は「最近削除した項目」です。

IMG 5594 1

▲ iPhoneの「写真」アプリで「アルバム」を見ると「最近削除した項目」という欄があります。

考えようによってはとても便利な機能なんですよ。間違えて写真を削除してしまった場合、「最近削除した項目」に削除した写真が残っているので、復元することができます。

要するに「仮削除」なのです。

ただし、自分は削除したつもりなのに、いつまでも「仮削除」状態では全く意味がありません。なので iOS側で「仮削除状態の保管期間と削除タイミング」が設定されています。

「最近削除した項目」に入っている写真の下に、日数が表示されています。この日数は毎日カウントダウンされていき、「0日」になったら自動削除されます。

つまり最長で30日間は残り、30日を過ぎたら「最近削除した項目」からも削除されます。仮削除ではなく本当に端末から削除され、写真は消えます。

要するに、「最近削除した項目」を特に何もせず放置している限り(良くも悪くも)削除したつもりの写真が30日間ずっとiPhoneに残り続けているということです。

「最近削除した項目」の写真をすぐに削除する方法

「最近削除した項目」にある写真は手動で削除することができます。空き容量を今すぐ増やしたいのに30日なんて待っていられない、そんな時は手動で削除してしまいましょう。

ただし、今度こそ本当に写真がiPhoneから完全削除されます。実はあの写真必要だった!と言っても手遅れですので、他の何かにバックアップするなどしておくのが吉ですね。

※この記事は2014年に初回執筆したものであり、スクリーンショット画像は当時のiOSバージョンのものを使用しているため、現在のiOSバージョンとは画面が異なっている可能性があります。ただ作業内容は変わりません。

IMG 5594 2

▲ まず「最近削除した項目」の右上にある「選択」をタップ。

IMG 5599

▲ 画面下に全削除か全復元かの選択項目が表示されます。左下の「すべて削除」をタップ。

IMG 5598

▲ 本当に削除してもいいのか、念押しの確認メッセージが表示されます。削除して良いなら「〜枚の写真を削除」をタップ。

IMG 5600

▲ 今度こそiPhoneから写真が完全削除されました。

IMG 5602

▲ 一覧の「最近削除した項目」が0件になっていれば完全削除されています。(注:iOS 9以降では上のスクリーンショットと異なる画面表示ですが、チェックすべき事は同じです)

デジタルフォトブック、というバックアップ方式に注目!

写真を全削除すれば空き容量は増えます。しかし思い入れのある写真をそんなポンポンと削除できないという人もいます。

iCloudに写真をバックアップしている場合も、その iCloud自体がそれほど容量に余裕もありませんので、iCloudの容量を有料オプションで増やす方法もあります。

最近だと無料で無制限容量をもらえる「Googleフォト」や、Amazonプライム会員であれば無制限で使用できる「Amazon Photos」のように、iPhoneや iCloud以外の場所に写真をバックアップしておけるクラウドサービスも充実していますので、そちらを使うのもオススメです。

また、最近ではデジタルフォトブックという手段もあります。ただ単に写真をバックアップするだけでなく、あとで振り返って懐かしい写真を見る時に、閲覧を便利にする機能が充実しています。

クラウドサービスは便利ですが、そのサービスが永遠に続く保証はありません。突然終了してしまったり、無料で利用できていたサービスがある日突然「有料になります」となったり、かなりの値上げや改悪をするサービスもあります(有名なところでは「Flickr」がそうです)。

そういう不安も若干あるため、私はクラウドサービスとデジタルフォトブックの両方を併用して、大切な写真を保存しています。

デジタルフォトブックでオススメなのは、「おもいでばこ」。


「おもいでばこ」を愛用しており、開発元の方にいろんな感想や意見をお伝えしていくなどして、現在は「おもいでばこアンバサダー」に就任させて頂いてます。

思い出の写真はとにかく大切にしたい、消えることなく保存しておきたい、という方々の選択肢の1つとしてデジタルフォトブックは大変便利かつ有意義です。関連記事も書いていますので、よろしければ参考にされてください。



この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします