[Я]画像加工アプリMarkee、願いが叶って四角スポットライト対応

スポンサーリンク

友の会ユーザーの願いが通じたのか

Markee Markee
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: 写真/ビデオ, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
Markeeをダウンロード

Markee友の会会員、りく(@Rikuma_)です。

iPhoneで簡単に画像加工が出来るアプリ「Markee」に関しては、これまでも幾つかエントリーを書いてきました。

初心者の私でもイロイロできる「Markee」にスポットライト機能キタ!*
画像加工アプリ「Markee」がiPhone5対応でFlickr連携が便利!*
画像加工アプリ「Markee」のモザイク機能強化とEvernote連携キタ!*

多機能で、誰でも手軽に使えて、しかも無料ですから、私みたいな画像加工の素人には打ってつけのアプリ。

私自身はブログに掲載する写真の加工でよく利用していますが、私のリアル友人たちも私の勧めで愛用中。文字や赤丸を画像に加工し、メールに添付して送信するなど活用しているようです。

10月下旬、前回のアップデート後にエントリーで紹介した際、個人的にこんなリクエストを出しました。

これに呼応した、同じくMarkeeラブのあかめちゃん(@mk_mizuho)もリクエスト。

これに応えて頂けたのか、それとも我々がお願いするまでもなく次回構想に含まれていたのか、本日夕方にアップデートした最新版は角丸も直角四角も、両方の新機能が追加されました。素晴らしいですよね。

スポットライト機能の充実っぷりがヤバイ

ウォーキングの写真

↑今回使用する写真は、今年9月末に参加した40kmウォーキング大会、スタート直後の写真です。

Markeeの新機能「四角のスポットライト」は、画面下にあるメニューの一番左をタップし、サブメニューを左にスワイプしていくと、右から2番目の位置に表示されます。初期状態では隠れていて表示されてないので、左にスワイプしてください。

四角スポットライトの作成

↑四角のスポットライトをタップ後、画像の任意の場所をなぞると、四角形スポットライトが作成されます。初期値では少し角丸のようですね。

左スワイプで明るくなる

↑スポットライト以外の場所を左にスワイプすることで、スポットライト枠以外の箇所が明るくなります。画面の左端までスワイプすると画像全体が明るくなって、どこがスポットライトだったか認識できないくらい。

右スワイプで暗くなる

↑反対に右へスワイプすることで枠以外の箇所が暗くなります。右端までスワイプすると黒で塗り潰したような効果。

これらの左右スワイプによる周囲の色変更機能は、今回追加された四角スポットライトだけでなく、先日追加された丸スポットライトにも対応しているそうです。

角丸を最大

↑スポットライト枠の角丸は、メニューバー左から2番目の編集モードで変更できます。編集したいスポットライトをタップすると、白い点線が表示され編集可能になりますので、黄色いバーをスライドさせて調節。

2012/12/05

↑黄色いスライドバーを一番右側まで移動させると、角丸がもっとも丸くなります。四角形というより楕円形に近い。

角が直角

↑逆に一番左側まで移動させると、スポットライトの角が直角、つまり角丸なしになります。

複数個所をスポット指定

↑とても嬉しい機能がもう一つ。複数のスポットライトを追加できます。上の画像のように「2箇所でスポット」を当てたい時は、iPhoneでスポットライトの枠をなぞるだけ。

UFO

未確認飛行物体を発見することがあるかもしれません。

矢追さんもビックリ!

※写真は合成ですので、矢追さんは呼ばないでください。

毎回アップデートの度に進化するアプリ「Markee」。次なる一手は何だろう。ユーザーの期待をいつも超えてくれる開発者さんに感謝。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :