[Я]オフ会やイベントに参加するときはTwitterに専用リストを作ると便利

スポンサーリンク

同時にツイートを見たい人たちでグループを作る

Cheers!
Cheers! / melalouise

Twitterのタイムラインでは様々な話題が様々な人のアカウントから流れています。フォローしてる人が増えれば増えるほどそれらを同時に追い掛けるのは無理。

こういう時に重宝するのがリスト機能です。私はリストを多数作成し、各リストごとにグループ決めをしていろんなツイートを振り分けるようにしています。リストは公開することもできるし、見られたくないリストは非公開にすることもできます

よく絡みのある友達のアカウント用、野球やサッカーなどスポーツ用、劇場公開情報やDVDリリースなど映画用、福岡や北九州のローカル情報用などなど。

友達のアカウントも、例えばiPhone関連ツイートが多い人のリストや、福岡在住の人だけのリスト、素敵な写真を投稿してくれる人のリストなど、いろいろ作ってます。同じ人を複数のリストに登録することもあります。

要するに「あるテーマやグループなどでタイムラインを絞り込み、限定した人のツイートだけ読みたい」という用途に適しているのがリスト機能。

特にオフ会参加の際に重宝している「専用リスト」

福岡のオフ会「うまみ会」によく参加しています。また北九州でうまみ会を開催するときは幹事もしています。

常連の参加者もいれば遠方から参加されるゲストもいるので、それらの方々のツイートを同時にチェックするため、特にオフ会参加時はTwitterの専用リストを作成し、参加者全員を登録するようにしています。

専用リストで参加者全員のツイートを管理できるので、たとえば誰かが遅刻しそうだったり、0次会をどこかで開催してたり、1次会の最中に誰かがコッソリとヘンなツイートしてたり写真をアップしてたり、といったことを便利に参照できます。

先日、東京旅行をした際もオフ会に参加しました。大半の参加者はTwitterでフォロー済みでしたが、登録しているリストはバラバラ。さらに初対面の人もいれば、今まで一度も絡んだことがなかった人もいました。

これらの参加者全員を同じリストに登録しておくことで事前の情報収集もできますし、オフ会当日は誰が早めに到着しそうか、誰が遅れそうかというのも把握できました。オフ会の最中も全員のツイートを俯瞰(ふかん)できて楽しさが増します。

Twitterリストの作り方

リスト機能はずいぶん昔からありますのでご存知の方々が大半だとは思いますが、一応リスト作成方法を載せておきます。今回はiPhoneアプリ「Tweetbot 3」のスクリーンショットで解説します。

Tweetbot 3 for Twitter (iPhone & iPod touch)
Tweetbot 3 for Twitter (iPhone & iPod touch)
価格: ¥600 (2015.6.13時点)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
ダウンロード

IMG 8450

↑ まずリストを新規作成します。名前欄にはグループがすぐ分かるような名前を。日本語・英語のどちらでも登録できます(画像左)。

登録してるメンバーを他人に見られたくないというような時は、リストを非公開にすれば登録メンバーは誰にもバレません。

それとは逆に、Twitterの公開リストは他者がフォローすることもできますので、オフ会参加者にリストを教えてあげてフォローしてもらうことで全員のツイート一覧を共有することもできます

リスト作成が完了したら、右上の「保存」をタップすれば完了。追加したリストが一覧に加わります(画像右)。

IMG 8451

↑ リストが完成したら次はメンバー登録。リストに入れたい人をフォローやフォロワーの中から探したり、アカウントを検索するなどして、対象アカウントのアイコン画像下にある歯車の行をタップ(画像左)。続いて「リストメンバーの管理」をタップ(画像右)。

IMG 8437

↑ そのアカウントを登録したいリストにタップすると、右端にチェックが入ります。チェックが入ったのを確認して右上の「保存」をタップ。これでリストにメンバーが追加されます。

IMG 8438

↑ という手順でオフ会参加者をジャンジャン登録していきます。ちなみにイモトは高校の後輩です。会ったことはないけど。

自分自身のアカウントをリストに追加する方法

リスト内に登録している人同士がメンションを飛ばし合って会話をしている時、同一リストに登録していればそれらのメンションを見ることができます。どちらか一方でもアカウントがリストに登録されていなければ、それらメンションは全てリストに表示されません。

リストに登録している参加者と私自身がメンションで会話をしてる場合も同様で、私のアカウントもリストに登録しておかないと、その会話内容はリストでは読めません。これが地味に不便。

なので私と会話する可能性のあるアカウントをリストに登録する場合は、常に私自身のアカウントもリストにメンバー登録するようにしてます。

しかし上で紹介した「Tweetbot 3」では自分自身をリストに追加登録することができません。公式のTwitterアプリもダメだったかな? 最近使ってないので分かりませんが。

じゃあどうするかというと、「ついっぷる」というTwitterクライアントを使います。Web版でも登録できますが、今回は「ついっぷる」のiPhoneアプリで解説します。

ついっぷる
ついっぷる
価格: 無料 (2015.6.13時点)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ユーティリティ
ダウンロード

IMG 8452

↑ まず「ついっぷる」でリスト一覧を表示させ、右上の「編集」をタップ(画像左)。各リストが編集可能になりますので、該当するリスト、今回の例だと「オフ会参加者」というリストをタップ(画像右)。

IMG 8453

↑ 「メンバーの編集」をタップして(画像左)、メンバーの一覧が表示されたら画面右の「編集」をタップ(画像右)。

IMG 8454

↑ 編集モードになったら画面の左上に表示された「メンバーを追加」をタップ(画像左)。すると一覧が表示されて、自分自身のアカウントが最上段に表示されてるはずです(画像右)。これをタップ。

ちなみに2段目以降は最近フォローした順番でアカウントが一覧表示されてますので、フォローしたばかりの人をリストに追加したい時は「ついっぷる」が便利です。

IMG 8455

↑ めでたく私のアカウントがオフ会参加者リストに登録されました。確認したら画面右上の「完了」をタップ(画像左)。

「Tweetbot 3」でも私自身のアカウントがリストにキチンと登録されているのが確認できました(画像右)。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

オフ会やイベントで幹事をする時などは特に、各参加者の動向(当日の遅延状況だったり交通機関での移動状況だったり)が気になります。また、早めに到着し過ぎてヒマだよ〜ってな時もオフ会参加者全員のツイートを把握できていれば誰かと早めに合流できたりもします。

オフ会開催の度に私は参加者メンバーを登録し直してます。特に初対面の人はTwitterでそんな急に交流が盛んになるわけでもないですから、事前にリスト登録しておいてツイートを少しでも読んでおけば、オフ会当日にツイートを肴にして会話のネタにもなります。

登録も簡単ですし、実際にオフ会参加者リストを使ってみると便利なのが分かると思いますよ。お試しあれ。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :