「QuickAdsense」がセールだったので導入してみた

スポンサーリンク

以前から使ってみたかった

QuickAdsense - Google Adsense App QuickAdsense – Google Adsense App
価格: 170円 (記事掲載時)
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
QuickAdsense - Google Adsense Appをダウンロード

「Google Adsense」をブログやサイトに設置している方々、自分のアドセンス料金をどのくらいの頻度でチェックされてますでしょうか。

月に1回くらいだよって人もいれば、毎日バッチリ見てるぜって人もいるでしょう。

私は後者。毎朝「おおー!!」とか「……orz」とかのくり返し。

9月に開催された巨大オフ会「Dpub6」にて、福岡ブロガー仲間・れいのっちさん(@reynotch)に、iPhoneアプリでGoogle Adsenseの状況がチェック出来るアプリを見せてもらいました。

しばらく経って、自分もiPhoneでAdsenseを確認してみたいなと思い、れいのっちさんに「オススメのアプリありますか?」とお聞きしたところ、ナイスなタイミングでエントリーをアップして下さいました。

http://reynotch.blog.fc2.com/blog-entry-300.html

2つのアプリが紹介されてます。私が気になったのは「QuickAdsense」。

アクセス解析「Google Analytics」のアクセス情報をほぼリアルタイムで表示してくれる、私も絶賛愛用中の「Quicklytics」というアプリと同じ開発元だったので、もうそれだけで「これ欲しい」と。

Quicklytics - Google Analytics App Quicklytics – Google Analytics App
価格: ¥700 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る
Quicklytics - Google Analytics Appをダウンロード

しかし当時350円だったので、「よし!値下げされるまで待つ!」とセコく決意し、セール情報を通知してくれるアプリ「CatchApp」に登録しておきました。

CatchApp CatchApp
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
CatchAppをダウンロード

気になるけれど、もうちょっと安くなれば買うのにな~ってアプリを幾つかの管理アプリに登録しているのですが、「CatchApp」は値下げや無料セールの時にプッシュ通知で教えてくれる機能がとても嬉しい。

昨夜、ブログの改造作業中にピコピコッとセールのお知らせがiPhoneに届いた。ヨッシャ!と思ってすぐダウンロード。

現在、期間限定で半額セールをやってるみたいです。セールがいつ終了するのかは調べたけど分からず。

「チャネル」ごとの表示が何よりも嬉しい

20121102_QuickAdsense01

↑インストール後、自身のGoogleアカウントにログインし、認証するとアドセンス情報が表示されるようになります。Googleの規約によりアドセンスの金額情報は公開NGなので、すべて黒塗りにしています。

キチンと日本円で表示されます。画面下にある期間指定のバーで、左から順に「今日」「昨日」「今月」「先月」「期間指定」で、指定した範囲のアドセンス収益表示に切り替わります。一番右の「期間指定」では自分が見たい範囲を指定できます。

20121102_QuickAdsense02

↑画面左上のアイコンをタップすると、様々なビューを指定する画面がニョキッと出てきます。いろんな要素でアドセンス収益をチェックすることが可能。

国別の結果も表示できたりします。「おお?今日はナゼか、ドイツの収益が多いぞ!なんでか分からんけどダンケシェーーン!」とiPhone見ながら叫ぶことも出来ます。

(実際叫んではないですけど先月ドイツの方々にはお世話になりました)

20121102_QuickAdsense03

↑「Ad Format」では、画像(Image)やテキスト(Text)、動画(Rich Media)など、どの種類のアドセンスがクリックされてるのか、タイプ別に収益を確認できます。

20121102_QuickAdsense04

↑「Ad Unit」は、アドセンスを作成した際に自分で付けた名前別で表示されます。どのアドセンスがどのくらい効果あるのか、という見分けが付きます。

20121102_QuickAdsense05

↑「Ad Unit Size」は広告サイズ別ですね。どのサイズが自分のブログやサイトで効果的なのかを見ることが出来ます。

20121102_QuickAdsense06

↑このアプリでイチバン嬉しいのは、カスタムチャネル(Custom Channel)ごとに表示される機能

たとえば同じサイズで同じ名前を付けた広告でも「これはトップページの先頭」とか「これは記事の最後」とか「これはサイドバーの一番上」とか、使い回すことがあります。

そんな場合に、先頭なのか最後なのかサイドバーなのか、どの場所の広告がどんだけクリックされてるかを判別するために「カスタムチャネル」ってのを設定してます。

※カスタムチャネルを設定するとイイ理由は、それだけじゃないんですけどね。ここでは割愛します。

なので、たとえば「サイズ300×250の広告、どのくらいクリックされてるのかな~」ってのは、上で紹介した「Ad Unit Size」などでもチェックできます。

しかし「サイドバーの300×250は?」となると、カスタムチャネルのビューがとてもありがたい。

このアプリを導入したかった最大の理由がコレです。

暫定的なリアルタイム設定にしてみる

今日「QuickAdsense」を導入するまで、iPhoneでは「beAdsense」というアプリを使ってました。過去形になってますけど今後も併用で使いますよ。

「QuickAdsense」の値下げをジッと待ってる間、タムカイさん(@tamkai)のエントリーで紹介されていたのを読み、安かったこともあって速攻ダウンロードしちゃいました。

http://tamkai.com/blog/2012/10/27/2542/

「beAdsense」は3種類あって、それぞれ値段も機能も異なります。

AdSense App - beAdSense AdSense App – beAdSense
価格: ¥170 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ, ファイナンス
App Storeで詳細を見る
AdSense App - beAdSenseをダウンロード

↑私が使ってるのはコレ。最上位版で、ほぼリアルタイムの情報を見ることが出来ますし、過去分も参照できます。iPhoneとiPadの両方で使用可能。

今はiPadを持ってないけど、将来購入した時のために、という思いもあってコレを導入しました。

AdSense App - beAdSense Standard AdSense App – beAdSense Standard
価格: ¥85 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ, ファイナンス
App Storeで詳細を見る
AdSense App - beAdSense Standardをダウンロード

↑こちらが少しだけ安いタイプ。「iPadで使えない」以外は最上位版と機能も同じだそうです。iPhoneだけで使うならコレで十分ですね。

AdSense App - beAdSense Lite AdSense App – beAdSense Lite
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ, ファイナンス
App Storeで詳細を見る
AdSense App - beAdSense Liteをダウンロード

↑これが無料版。アプリ内で広告が表示されるのと、当月分しか参照できないという制約があります。当月分だけでイイヨ!って人はコレでも十分。

ほぼリアルタイムという意味では「beAdsense」がとてもイイです。アプリの表示もなんだかスタイリッシュでカッコいいし。

今回導入した「QuickAdsense」のリアルタイムっぷりはどうかというと、初期状態では全然リアルタイムじゃない

朝にインストールしたんですけど、いつまで経っても収益が表示されないんですよ。「今日ってそんなに低いの?」とガックリしたのですが、もう一方の「beAdsense」を見るとシッカリ収益が表示されてます。

20121102_QuickAdsense07

↑設定画面を見てみました。

20121102_QuickAdsense08

↑「Time Zone Offset」ってのがありました。タイムゾーンを変更すればいいのかな。

20121102_QuickAdsense09

↑初期状態では「No Offset」になってるので、これをいろいろ変更して試してみました。他のアプリなどで「日本は+9時間にする」というのもあるので、9時間でセットしたんですけど、全然表示が違う。

で、マイナス12時間でやってみたのですが、今のところコレが一番「beAdsense」やPCブラウザで見るリアルタイム成果と近い数値で表示されています。

このマイナス12時間という設定が正解かどうかは疑問ですが、もしまた時間帯によってズレることがあれば調整していきます。

という感じで、チャネル別の表示がとても嬉しい「QuickAdsense」。半額セールがいつ終わるか不明です。気になる方はお早めに!

今回紹介したiPhoneアプリ

QuickAdsense - Google Adsense App QuickAdsense – Google Adsense App
価格: 170円 (記事掲載時)
カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
QuickAdsense - Google Adsense Appをダウンロード
AdSense App - beAdSense AdSense App – beAdSense
価格: ¥170 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ, ファイナンス
App Storeで詳細を見る
AdSense App - beAdSenseをダウンロード
AdSense App - beAdSense Standard AdSense App – beAdSense Standard
価格: ¥85 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ, ファイナンス
App Storeで詳細を見る
AdSense App - beAdSense Standardをダウンロード
AdSense App - beAdSense Lite AdSense App – beAdSense Lite
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ, ファイナンス
App Storeで詳細を見る
AdSense App - beAdSense Liteをダウンロード
Quicklytics - Google Analytics App Quicklytics – Google Analytics App
価格: ¥700 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
App Storeで詳細を見る
Quicklytics - Google Analytics Appをダウンロード
CatchApp CatchApp
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
CatchAppをダウンロード
スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :