ソフトバンクのプラチナバンド900MHzが福岡で始まったのかを調べてみた

スポンサーリンク

7月25日からサービス開始されたソフトバンクのプラチナバンド


New religions / Jon Díez Supat

自宅にいるとiPhoneがときどき圏外になります。りく(@Rikuma_)です。

というわけで、今日から始まりました。プラチナバンド。

ソフトバンク:携帯に「プラチナバンド」の利用開始

 ソフトバンクモバイルは25日、携帯電話の電波が遠くまで届きやすいことから「プラチナバンド」と呼ばれる900メガヘルツ帯の周波数の利用を始めた。米アップルのiPhone(アイフォーン)4Sなど14機種が対応しており、通信がつながりやすくなるという。

 ソフトバンクの利用者には「つながらない場所が多い」との不満があり、ライバルのNTTドコモとKDDI(au)が以前からプラチナバンドを使っていることも原因とされる。孫正義社長は「もうつながりにくいとは言わせない」と意気込んでおり、今後、携帯各社の競争が一層激化しそうだ。

via:毎日新聞

↑「7月25日を境に電波めちゃくちゃ良くなった~バンザーイ!!」って、上の記事が典型的な例ですが、思っちゃいますよね。

んなわきゃない

7月25日から全国一斉にプラチナバンドのスイッチがポーンと入ってヤッター!ではないのです。残念ながら。

ソフトバンク:「プラチナバンド」開始へ 弱点克服で

 ソフトバンクモバイルは25日、携帯電話が通じやすい良質な電波帯「プラチナバンド」の提供サービスを開始する。「つながりにくい」とされていた同社の弱点克服を目指す。対応するのは「iPhone(アイフォーン)4」「同4S」など14機種。

 総務省は今年2月に「プラチナバンド」のうち900メガヘルツ帯を割り当てた。プラチナバンドの電波は障害物を回り込み、遠くまで届きやすい。同社は「建物の奥や地下など、これまで圏外だった場所でもつながりやすくなる」と効果を説明する。ただ、25日時点で900メガヘルツ対応の基地局は、同社全体(約18万局)のうち数%に過ぎず、サービスを受けられる地域は限られている。同社は今後、対象地域を順次拡大する方針だ。サービス提供地域は同社ホームページで確認できる。

via:毎日新聞

↑これは昨日のニュース記事ですが、赤字の箇所の通り、今日の時点で改善されてるのは数パーセント。

っつうことで、我が北九州市がその「数パーセント」に含まれているのか、全然期待してなかったけど調べてみました。

調べ方については、以下のサイトが大変参考になりました。ありがとうございました。

http://technomado.blogspot.jp/2012/07/iphone900mhz.html?m=1

iPhoneで簡単に調べることができます

まず最初に、iPhoneの電話アプリを起動します。

上の紹介記事では「Wi-Fiをオフにした方が良い」と書かれてたのですが、私はWi-Fiオンの環境でも同じ結果でした。でも念のためWi-Fiオフでやってみた結果を載せます。

電話アプリで「*3001#12345#*」という番号に電話をします。

これ、キーパッドで打つのがメンドくさかったので、電話帳に登録してみました。

↑こんな感じですね。これで電話をかけたら、

お客様のおかけになった電話番号は、現在使われておりません

と言われました。作戦失敗。

↑仕方ないのでキーパッドを素直に使いました。

番号を入力して「発信」をタップすると、「Field Test」という画面が現れます。

↑「UMTS Cell Environment」をタップ。

↑次の画面で「UMTS RR Info」をタップすると、結果が表示されます。

↑結果でチェックするのは、「Downlink Frequency」と「Uplink Frequency」の2箇所。

まず「Downlink Frequency」の数値が

2937 ~ 3088 → 900MHz帯(プラチナバンドになっている)
◆10562 ~ 10838 → 2100MHz帯(まだプラチナバンドではない)

ということなんだそうです。私の場合は「10788」なので、まだプラチナってないですね。

次、「Uplink Frequency」の数値が

2712 ~ 2863 → 900MHz帯(プラチナバンドになっている)
◆9612 ~ 9888 → 2100MHz帯(まだプラチナバンドではない)

私の場合は「9838」なので、やっぱりプラチナってない。

というわけで、私の住んでるエリアは、まだプラチナバンド非対応だということが判りました。

なお、ソフトバンクがプラチナバンドの特設ページを開設していて、今年の9月末までにプラチナバンドに対応するエリアがどこか、ある程度のところまでは知ることが出来ます。

http://mb.softbank.jp/mb/special/platinum_bands/

↑特設サイトのトップで「プラチナバンドの広がり」をクリック。

↑日本地図の右にある「サービスエリア」をクリック。

↑お住まいの都道府県をクリック。私の場合は「福岡」。

↑指定した都道府県の拡大地図が表示されます。

右上にある「プラチナバンドのみ表示」をクリックし、赤くなったエリアが「今年9月末までにプラチナバンド対応予定のエリア」なのだそうです。

地図の中心地点は移動可能で、中心部の地名が画面上に「表示中のエリア」として表示されますので、お住まいのエリア近くに中心部を合わせて確認してみてください。

北九州市は、小倉南区や八幡東区の一部(おそらく山間部なのかな)で赤くなってないエリアがありました。私の住むエリアは「ひとまず」赤かった。

あくまで予定ですからね。また9月末にでもチェックしてみることにします。
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :
TAG :