[Я]SpliTron2:飲み会幹事さんを助けてくれる多機能割り勘アプリの最新版

スポンサーリンク

iOS7対応の最新版がリリースされました

SpliTron2 - 割り勘
SpliTron2 – 割り勘
価格: ¥100 (2013.11.21時点)
カテゴリ: ファイナンス, ライフスタイル
ダウンロード
ss1ss2


ブロガー仲間のオフ会や職場の飲み会で幹事をすることが最近よくあります。飲み会終了時、精算金額を参加者で割り勘にする場合、以前から愛用していた「SpliTron」というiPhoneアプリがありました。

以前書いた「幹事さんを助けてくれるiPhoneアプリ集エントリー」でも簡単に紹介したSpliTron。

このアプリのみの紹介エントリーを書こうとして長いこと放置してたのですが、放置してた間にiPhoneがiOS7に変わり、アプリもiOS7に対応した新バージョン「SpliTron2」がリリースされていました。放置し過ぎた…。

IMG 3071

↑新旧2つのSpliTron。左の新バージョンはフラットデザインで、アイコンも明るくなってます。

まずはオーソドックスに「全員で割り勘」の場合

旧バージョンから使い勝手が良かったSpliTronですが、新バージョンでは更に操作性が向上しています。

IMG 3074 IMG 3075

↑まず最初の画面ではお会計額を入力します。

IMG 3078 IMG 3079

↑一次会などで余ったお金を今回の精算時に回したり、途中で帰られた参加者が支払った額を差し引く時は「持ち越し額」欄にマイナス分を入力。

また飲み会の会費以外に全員から割り勘で徴収したい金額がある場合(例:景品代とか)は「その他の費用」欄にプラス分を入力することでお会計額に含ませることができます。

私は先日の北九うまみ会で幹事をした際にこのアプリを利用したのですが、間違って差し引くべき金額を「その他の費用」欄にプラスしちゃったため、多く徴収しちゃうという大失敗をやらかしちゃいました。取り過ぎた分は参加者全員に返金しましたが、最初何を間違えたのか分からずパニクりました。

IMG 30791

↑画面下の「次へ」をタップするか、画面を左スワイプすることで次画面に移動します。同じ要領で、右スワイプすれば前画面に戻れます。

IMG 3088

↑次の画面では人数を入力します。全員が同じ額を割り勘する場合は、単純に一番上の「人数」欄に人数を入力するだけ。左右にあるプラスやマイナスをタップすればテンキーを再び使うことなく、簡単に人数を増減できます。

「全員同じ金額で割り勘」が一番オーソドックスな例だと思いますので、このままやってみます。画面下の「次へ」をタップか、左スワイプで次の画面に移動。

IMG 3089

↑割り勘金額が算出されました。5万6千円を12人で割ると、一人4,700円ずつの割り勘。全員から集金すると合計が56,400円になるので、400円余っちゃいます。余り金額の400円は上の画像、円グラフの真ん中に表示されています。

画面下にある「結果」をタップすると、

IMG 3090 IMG 3091

↑計算結果の概要が表示されます。画面下にあるメールのアイコンをタップして、概要をメール送信することもできます。うちの職場の経理担当がこのメール機能をかなり気に入っていて、幹事は毎回メール送信を催促されます。

IMG 30901 IMG 3094

↑「集金状況」をタップすると、現在集金した人数や集金額の途中経過を簡単に把握することができます。1人の集金が済んだら、人数の右にあるプラスをタップすると残り人数が減り、上にある緑の金額バーに1人分の集金額が自動加算され、表示に反映されます。これが地味に便利。

IMG 30941 IMG 3096

↑鉛筆アイコンをタップすると「おつりメモ」画面が表示され、後で釣り銭を渡さないといけない人の名前や金額を記録しておける機能もあります。

が、これを書いてる時点(2013年11月)で、金額欄に最初の数字を入力すると名前欄に勝手に移動してしまうというバグっぽい症状があって不便。それもあってこの機能はそれほど活用してません。改善に期待。

支払いの様々なバリエーションに対応できます

男性と女性で支払額を変えたり、上司が多めに支払ってくれたり、途中参加の人は金額を減らしたり、といった場合の微調整もSpliTron2で簡単に計算できます。

★男女で金額を分けるパターン

IMG 3099 IMG 3100

↑男性8人、女性4人という例にしてみます。それぞれ人数を入力して次画面に移動すると、男女別の合計が色分けされた円グラフで表示されます。が、初期状態では男性も女性も同じ4,700円のまま。これを変更するには、円グラフをタップしたままグルリと回転させ、「女子」の部分が真上にくるようにします

※「女子」の部分をタップすると、一番上にビュンと移動してくれます。そっちの方が簡単で速いかも。

IMG 3103 IMG 3104

↑女子の金額が表示されたら、金額の右側にある部分を左スワイプすることで、女子全員の一律支払い金額を変更することができます。タップして変更金額を直接変更でも、右側にあるプラス・マイナスをタップして100円ずつ変更していく方法でもOK。

IMG 3107 IMG 3108

↑女性陣は4,000円にしようね、ってことで金額を変更。確定させると、男性陣の変更額も自動的に計算され、5,000円になっています。また、円グラフの中心に表示されていた余り金額400円が消えてますので、ピッタリ精算できたということも分かります。

★偉い人が多めに払ってくれるパターン

IMG 3113 IMG 3114

↑部長が1万円出してくれるってよ!という嬉しいパターンの時。

まず男子人数の1名をマイナスさせ、偉い人を1名プラス。金額画面に移動すると、この時点では男性陣も偉い人も同じ5,000円のままですので、円グラフを回転させて「偉い人」を一番上に移動させます。

IMG 3115 IMG 3116

↑偉い人の金額を10,000円に変更すると、男性陣7名の支払い額が自動計算され4,300円に減ります。ごっつあんです。(女性陣は4,000円のまま)

★途中参加者の支払い額を少なくしたいパターン

IMG 3119 IMG 3120

↑途中から参加したのに全額を徴収するのは申し訳ないな、ってありますよね。そんな時のパターン。

まず人数入力画面で「グループを追加」をタップし、新しい入力欄「途中参加」を追加。人数3人を入力します(その分、男性陣から3名マイナス)。

IMG 3123 IMG 3124

↑人数変更の直後は、途中参加者も男性陣も同じ4,300円のままですので、途中参加者を2,000円に減額してみると、男性陣の一人当たり支払い額が6,000円になります。

6,000円は多いかな、となったら、女性陣と協議して支払い額を調整してもいいですね。そこはSpliTron2以外のお仕事。女性陣がもう少し払ってもいいよーとなれば、再びSpliTron2に戻って女性陣の額を変更し、計算させてみればOK。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

幾つかの例をサンプルにしてみましたが、単純な割り勘計算であれば人数と合計金額を入力するだけで割り勘金額が簡単に算出できます。グループによって差額をつける場合も入力方法を工夫すればいいだけ。とても便利です。

デザインも大変キレイだし、操作も直感的で分かりやすく、機能も豊富。忘年会や新年会が続く季節となり、人数の多い飲み会では精算時に混乱しやすいですが、SpliTron2は幹事さんの負担を軽減してくれる便利アプリ。私も毎回使ってますが、とてもラクなのでオススメです。

SpliTron2 - 割り勘
SpliTron2 – 割り勘
価格: ¥100 (2013.11.21時点)
カテゴリ: ファイナンス, ライフスタイル
ダウンロード


スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :