カレンダーアプリ「Staccal」で日付を今日に戻す方法がやっと分かった

スクロールしすぎた後で「今日」に戻る方法を知らなかった

これまでいろんなカレンダーアプリを使ってきましたが、今月に入って「Staccal」を使い始めています。

Staccal 2 - 12種類のカレンダーとリマインダー

Staccal 2 – 12種類のカレンダーとリマインダー
価格: ¥120 (2018年時点)
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
ダウンロード

「Staccal」では、縦スクロールで全ての月を自由に行ったりきたり出来る閲覧モードが大変便利です。

※このエントリーは2012年に執筆したものであり、当時リリースされていた初代「Staccal」のスクリーンショットで解説しています。2018年現在は最新バージョンの「Staccal 2」がリリースされていますが、基本的な機能は変わりません。

IMG_1977

▲ 上の画像は2012年9月16日から10月13日までを月またぎで見ている状態です。これをまだまだ下にスクロールさせて、11月、12月と連続で見ることが出来ます。動きも大変スムーズで操作性バツグン。

1日の欄の高さは、指のピンチでプニョーンと縦に伸ばしています。もっと狭くすることも、広くすることも自由自在に出来ます。1日のスケジュールが大量にある人は、日付欄を縦に広げれば一覧でも見やすくなりますね。これは今までになかった機能で便利!

ところが、何ヶ月も先の予定を入力した後で「今日」の日付欄に戻りたくなった時、「Staccal」ではどうすれば「今日に」戻れるのか、ずっと分かっていなかった。それがやっと今日分かりました。

IMG_1981

左上にある「横Uの字の矢印」をタッチするだけ!

IMG_1979

▲ 日付が「今日」のとこに一瞬でポンと戻ります。上の画像だと8月25日が「今日」。

追記:別の方法も教えてもらった

記事アップ後、Twitterで別の方法も教えていただきました。

IMG_1982

▲ 現在表示中のモードが画面下のバーで白反転していると思いますが、その白反転している部分を再度タップすることで、「今日」のところまで瞬時にジャンプしてくれます。これも便利ですね。

教えて下さった方、ありがとうございました。

日付指定で移動するのも便利

左上のアイコンを1回タッチするだけで今日に戻れるのは上で書いた通り。この左上アイコンを長押しすることで、自分の指定した日付にジャンプすることもできます。

IMG_1978

▲ 左上のアイコンを長押しすると、画面上部に日付を指定できる画面が出現します。

IMG_1980

▲ 上の画像だと、6月17日を指定したらすぐ、カレンダーの「6月17日」の部分までポンとジャンプしてくれます。

もし6月を7月に変更すると、その瞬間にカレンダー部分が「7月17日」にポンとジャンプしてくれます。移動が速い速い!

去年の今日はどんなスケジュールだったっけ、ってのを参照したい時などは、この長押し機能を使って年を1つ前にするだけでポンとジャンプできますから、延々と昨年までスクロールする時間のムダがなくなります。

日付移動だけ取っても便利な機能があるカレンダーアプリ「Staccal」。便利な機能がたくさん実装されていますので、標準カレンダーアプリではちょっと…という方々は是非導入を検討してみてください。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします