「Tweetbot for iPhone」のヘッダー画像対応ってそういう事だったのか

更新内容をチェックしてなかった

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone) Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone)
価格: ¥250 (記事掲載時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る
Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone)をダウンロード

最近、Twitterツールとしてメインで活用しているiPhoneアプリ「Tweetbot」。

メンションが送られてくる度に鳴る独特の「キコンっ!」という音に家族もようやく慣れ、「火の用心?」とは言わなくなりました。

その「Tweetbot」が10月26日に最新バージョンをリリース。

20121027_tweetbot03

↑しかし、その内容を確認せずアップデートしちゃった。

今日、自分のプロフィール欄を見て「あ、これか」と気付きました。

Twitterのヘッダー画像が表示されるようになった

TwitterをPCブラウザで参照すると、プロフィール欄に独自の画像をセットしているアカウントが最近増えました。私のアカウント(@Rikuma_)もセットしています。

20121027_tweetbot01

↑これがPCブラウザで見た私のホーム画面。ヘッダー画像には大好きな門司港レトロにある歩行者専用のはね橋「ブルーウィングもじ」の写真を使ってます。

ヘッダー画像をセットできる機能は、いつだったっけ、8月か9月くらいに実装されたんでしたよね。

20121027_tweetbot02

↑ヘッダー画像をセットしていないアカウントのホーム画面は以前と同じ表示になっています。参考までに上のはレディー・ガガのホーム画面。

20121027_tweetbot04

↑10月26日にアップデートされた内容がApp Storeで確認できます。ここを読んでなかった。

「Support for Twitter’s new header image」って書かれてますね。Twitterの新しいヘッダー画像に対応、と。

「Tweetbot」で自分のプロフィールを見て、ようやく意味が理解できました。

20121027_tweetbot05

↑こういうことだったんですね。私のヘッダー画像(ブルーウィングもじ)が「Tweetbot」でも表示されています。

ちなみに、画面にタッチしてそのまんま下にグイーンと引っ張る例のアクションをすると、

20121027_tweetbot06

↑ヘッダー画像がブニョーンと拡大されますよ。それだけなんですけどね。気付いたので書いとく。

20121027_tweetbot07

↑ヘッダー画像をセットしていないレディー・ガガのプロフィールは、バージョンアップ前と変わりません。下に引っ張ってもガガさんはブニョーンと伸びてくれません。残念。

参考までに、Twitterでヘッダー画像を設定する方法は、Twitterの歯車アイコンから「設定」→メニューの「デザイン」→「独自にカスタマイズする」のヘッダーというところにお好きな画像をアップロードすることでセットできます。

今回紹介したiPhoneアプリ

Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone) Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone)
価格: ¥250 (記事掲載時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る
Tweetbot ― 個性派Twitterクライアント (for iPhone)をダウンロード
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2013年9月29日)コメントComments Off
CATEGORY :