[Я]購入したMac版1Passwordの登録が早すぎてアレ?と思ったら

スポンサーリンク

 
2日前、我が元に降臨した愛しのMacBook Air。

CIMG9266


あまりの愛しさに、「こりくま」と名付けました。※ネタだからね

その「こりくまちゃん」、昨日は多忙のため少ししか触れることが出来ず。最低限のことだけはやっとかないと、ってことで最優先課題を幾つか消化しました。

これ入れとかないと始まらないってのを幾つかインストール

まず最初に「Dropbox」。公式サイトでMac版をダウンロードして、指示通りにインストールして完了。写真が大量に同期されたけど要らないんだよなー。SSDの容量食っちゃったんだろうか。

次、Evernote。Macアプリをインストールし、パスワード入力して同期させて完了。同期はしばらく時間かかりました。

Evernote Evernote
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化
App Storeで詳細を見る
Evernoteをダウンロード

次、Google Chrome。Mac版をダウンロード、インストールして、IDとパスワード入れて完了。

とても順調。

1Passwordの登録、こんなに簡単だったっけ?

最後、Mac版の「1Password」。

1Password 1Password
価格: ¥4,300 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
1Passwordをダウンロード

Macアプリの1Passwordは、以前にWindows版とセットの「バンドル版」というのを購入済みでした。

IMG_2077


iPhoneアプリも購入済み。Windows版と同期させたことで最強となったパスワード管理環境。ようやくMacも加わる日が来ました。

1Password 1Password
価格: ¥1,600 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
1Passwordをダウンロード

Windows版の時と同じく、ダウンロード用サイトにてMac版をダウンロードし、インストール。

Chromeの拡張機能を入れ、Dropboxに入れてたパスワードデータと同期が済むと、すぐ使えるようになりました。

って、アレ? Windowsの時ってこんなに簡単だったっけ?

Windowsの時の手順を思い出す

Windows+Macのバンドル版を購入した時、メールが届きました。

screenshot_201307_003

↑上のようなメールなんですけど、そこに書かれてた「Key」ってのを、Windows版のインストール時に入力した記憶がありました。でも今回、Macはその作業をしてないのに問題なく使えてる。

何かがおかしいなーと思いつつ、いろいろ調べてみて分かりました。1Passwordはお試し版(お試し期間?)があるんですね。

もしかすると今回私がインストールした直後は「お試しの状態」で、Chromeの拡張機能インストールとDropboxの同期の効果もあり、ライセンスキーを登録していないのにもかかわらず使用できてる、ということなんでしょうか。

お試し期間が終了したら機能制限が掛かるんでしょうね。正規に購入してライセンスキーもあるんだから、登録せずに使い続ける理由もない。ってことで登録方法を調べました。

Mac版1Passwordのライセンスキー登録手順

ss002

↑記念すべき「Macで撮った初めてのスクショ」でございます。画像加工はWindowsでやったけど。

1Passwordを起動している状態で、Mac画面の左上「1Password」→「ライセンス」をクリック。

ss003

↑ライセンスキーの入力画面が表示されますので、メールに書かれてあった名前と「Key」をコピー&ペーストで入力してから追加ボタンをクリック。

ss005

↑これで無事、Mac版もライセンス登録が完了。まだMacに慣れてなくて操作自体も分からないことだらけなので、上の画面までたどり着いた時は大喜びしてました。

これで三位一体のパスワード管理ができます

6月初旬に開催されたWWDCで、私が先日購入した新型MacBook Airを始め、Macの新OSや、iOSの次期バージョンに実装予定の新機能なども発表されてました。

日本時間で深夜の発表だったこともあり、リアルタイムでは見てませんが、朝起きてTwitterのタイムラインを眺めていたら、

「1Password死亡」

といったニュアンスのツイートを幾つも見かけました。一人や二人ではなかったので、Win+Macのバンドル版を購入したばかりだった私は「どういうこと?使えなくなるの?」と、かなりビックリしました。

厳密にはSafariに「iCloud Keychain」という機能が実装され、1Passwordと同様にMacやiPhoneやiPadでパスワード情報を同期・共有して使えるようになるんだそうです。

http://japan.cnet.com/news/service/35033231/

その「iCloud Keychain」ってのがWindowsでも有効になるんなら確かに有料アプリの1Passwordを購入する必然性はゼロ同然ですが、1Passwordが使用不能になるわけでもないし、そもそもSafariあんまり使わないもんな~、特にWindowsでは。

もともとWindowsのパスワード管理ツールで「ID Manager」というフリーソフトを長いこと使ってました。大変便利でしかも無料ですから、重宝してました。しかし1Passwordはさすがに有料だけあって「ID Manager」よりも遙かに便利。

Windows版を購入したことで、それまでiPhoneに入れてたけど活用できず「窓際族」となってたiPhone版1Passwordも同期させ、めっちゃ便利になったのを実感。

さらには今回Mac版も導入できましたので、Windows・Mac・iPhoneという3つの環境で同じデータを共有できます。

前述の「iCloud Keychain」がどのような機能になるかは分かりませんが、せっかく買ったんだし、私は今後も1Passwordを愛用していこうと思ってます。

★Macアプリの1Password

1Password 1Password
価格: ¥4,300 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
1Passwordをダウンロード

★iPhoneアプリの1Password

1Password 1Password
価格: ¥1,600 (記事掲載時)
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
1Passwordをダウンロード
スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
CATEGORY :