[Я]Office for Macを購入したら、とても幸せになれました

スポンサーリンク

WindowsからMacへの移行が進行中

Catch20140415

1年前の今頃、まだ私はMacを持ってなかったし、Macに関する知識もゼロに等しいレベルでした。社会人になってからずいぶん長い間、Windowsしか使ったことがなかったのです。

そんな私も昨年6月末に念願のMacBook Airを購入。初めてだらけで訳の分からなかったMacも少しずつ慣れ、Windowsでやってた作業を少しずつMacへと移行しています。(職場では現在もWindowsを使ってます)

ブログのローカル環境もMacに構築したので、カスタマイズなどのテストはMacだけで行えるようになりました。ブログのエントリー書きもMarsEditという素晴らしいアプリや、他にも画像加工で便利なアプリのおかげで、現在はMacだけで書けています。

大半の作業がMacでこなせるようになってきてる中、「Windowsじゃないと出来ない」作業も少し残ってます。その1つがExcelでした

LibreOfficeというフリーソフトも使ってみたけれど…

表計算ソフトExcelは、Windows版の他にMac版も販売されています。ただ、Windows版と全く同じ機能かというと、どうやらそういう訳でもないらしいですね。Mac版の1つ前のバージョンは「VBA」というプログラミング機能が使えなかったと聞きました。(現行バージョンはVBAを使えるそうです)

MacでOfficeを買わなくても、「ある程度互換性のある」フリーソフトを導入すればExcelファイルを読み込んだり編集したりすることはできます。

その代表的なものとして、「OpenOffice.org」、それから派生してOpenOfficeの後継ソフトと呼ばれる「LibreOffice」というものがあります。

http://ja.libreoffice.org/

LibreOfficeは現在もアップデートが順次行われてるそうです。Windows版・Mac版とも上記サイトから無料でダウンロードできます。

今年1月、どうしてもMacでExcelファイルを読まなければならない必要性が生じまして、「Excel買うかなぁ…でもお金がないんだよなぁ…」と真剣に悩んでたところ、LibreOfficeの存在を知り、インストールしてみました。

Skitched 20140415 092244

↑ LibreOfficeには、Excelの代替である「Calc」の他に、Word代替の「Writer」、PowerPoint代替の「Impress」など、Officeのラインナップと似た構成になっています。データベースの「Base」なんてのもありますね。どのくらいAccessと互換性があるのかは不明ですが。

※仕事でAccessをよく利用するのですが、さすがに仕事なので(=自分のためでなく顧客のための作業なので)、代替ソフトで作業するのは怖いから使ってません。

今年1月に「どうしてもMacで見たかった」Excelファイルは問題なく参照・編集が出来て大変感動しました。しかし残念ながら、LibreOfficeの「Calc」とOfficeのExcelは完全互換ではありません。つまり、全ての機能を全く同じように使えないって意味です。それは当たり前だし、最初から分かってたことなんですけどね。

作り込んだExcelファイルは代替が効かない

Windows版のExcelは、バージョン2007以降から画面レイアウトが大幅に変わり、新機能も増えてバージョン2003以前とは別物のようなソフトになりました。

Excel独自の機能も結構あるし、何よりマクロ機能とVBAを駆使すれば、データベース的な使い方やアプリ的な使い方も出来てしまいます。その気になれば市販の家計簿ソフトと同等の(知識があればそれ以上の)機能を自分で開発することもできます。

※Excelで開発された有名ソフトとしては、タスク管理ツールの「Taskchute(タスクシュート)」があります。私もまだMacを持ってなかった頃にTaskchuteの無料版を愛用してました。

http://shigotano.info/mbr/taskchute2/paypal.html

私が職場で作るExcelファイルは、いわばとても単純な内容でして、たとえば売上データや販売台数などを各部署ごとにまとめて、数値を表に入力して、合計や平均や前月比を出す、といった感じ。一般的にはこういう「普通の表計算」的なものを作るのがExcelですよね。

「普通の表計算」レベルのExcelファイルであれば、LibreOfficeで開いても全く問題ないと思います。Excelで少々凝ったデザインにした場合、そのデザインがそのまま反映されない可能性はありますが、表データ自体は問題なく移行できます。

問題なのは、普通の表計算レベルではない場合。マクロやVBAやExcel独自の編集機能を駆使したファイルは、LibreOfficeで開いても完全には再現できません。

前述しましたが、今年1月にLibreOfficeをMacにインストールした際、自宅のWindowsで作った「少々凝ったExcelファイル」をMacでも使うことが出来るかな?と期待しながらMacのLibreOfficeで開いたところ、全てダメでした。機能は反映されてないし、デザインはガタガタ。簡単な数式レベルでも幾つかはエラーになってる。

やっぱり、Excelで作ったものはExcelでしか見られないんだな〜、と改めて当たり前のことを認識したのでありました。

※VBAの全てがLibreOfficeで使えないという訳ではなく、一部のVBAはLibreOfficeでも互換性があるようです。その「一部」がどの辺りまでなのかは残念ながら分かりません。

やっと買うことができました

お金の収支を計算していくと、Excelを買うことが出来るのは今年の秋くらいかなぁと考えてたのですが、予定を早めました。

キッカケは2つ。1つは嫁が仕事を持ち帰って、自宅でExcelを使う機会が増えてきたこと。私はMacメインになったのでWindowsを使う機会は激減しましたが、Excel使いたい時だけはどうしてもWindowsが必要。

そうなると私がWindowsを占有しちゃって、嫁が自宅で仕事できないんですよね。となると、嫁が残業して職場でExcelするか、逆に私が残業してExcelというパターン。せっかく自宅にPCが2台あるのにバカらしいし、子供の用事もあるので早く帰らなきゃならない時もある。

キッカケの2つめは、ラッキーな臨時収入がありました。ぬはははは。

ということで、昨日ようやく「Office for Mac」をAmazonで購入しました。

Office for Macはパッケージ版とダウンロード版が販売されてます。私のMacBook Airはディスクドライブがないので、ダウンロード版を購入しました。

Skitched 20140415 073110

↑ ダウンロード版は購入したらすぐにダウンロードして使用可能になるので便利ですね。品物の到着まで数日待つ必要もないし。

Mac版のExcelを初めて起動したら、画面デザインがWindows版と違うので戸惑いました

skitched-20140415-03

↑ ExcelなんだけどExcelじゃな〜い!みたいな。となりのトトロ風に。

2003から2007に移行した人が「なんじゃこりゃ」と画面の違いに戸惑うのって、きっとこんな感じなんだろうなぁと想像しちゃいました。

心配だった「少々凝ったExcelファイル」ですが、LibreOfficeでは全滅だった機能がMac版Excelでは全て再現できました。画面構成が違うので「あの機能がないぞ!」と焦ったものの違う場所にあって安堵、ということも数回ありましたが、ひとまず問題なく使えそうです。さすがExcel。買って良かった。

これでMacでもExcel作業ができるし、いよいよWindowsを使う機会が減ってきそうです。

ちなみに、Excelは単体でも販売されてます。

Excel以外はMacになくてもいいや、と考えてたので(使う機会がほとんどないし、自宅Windowsにも職場Windowsにも入ってるので)、当初はExcel単体を買うつもりでした。

しかし、Word、PowerPoint、Outlookも一緒に入ってるOffice for MacとExcel単体版では、値段が数千円しか変わりません。使う機会がほとんどないとはいえ、数千円の違いなら他のソフトもあった方がいい。Wordもたまに使うし。

さらに、Excel単体版はパッケージ版しか販売されてません。これが致命的でした。外付けのディスクドライブを買うことも検討したのですが、それのために買うのって、なんかちょっと違うなぁと。

ってことで今回はOfficeのダウンロードを購入した、という流れです。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

私はOpenOfficeやLibreOfficeをほとんど使いこなしてないので、両者がExcelとどのくらい違うのか、どのくらい同じなのか(=互換性があるのか)は分かりません。

OpenOfficeやLibreOfficeは無料で導入できます。マイクロソフトのOffice製品はそれなりの価格ですので、一般的な使い方であれば無理してOfficeを購入せずとも無料フリーソフトで大丈夫なこともあると思います。

ただ、WindowsでExcelを長年使い慣れていて、Macを新たに購入した人は、Mac版のOfficeを購入しちゃった方がストレス溜まらなくていいかもしれません

Windowsで使い慣れた機能を同じようにMacでも使えるというのは気分的にとてもラクです。昨日Excelをいろいろ使ってみて痛感しました。すっごいラク。

最初はWindows版との画面の違いに戸惑うかもしれませんが、やはりExcelはExcel。無料フリーソフトにはない充実した機能を持っています。

Windows版と100パーセント同じ機能を持っているわけではないみたいですが、よほど高度な使い方をしない限りは、Mac版Excelの満足度はなかなかのものだと感じてます。お悩みの方々はご検討してみてはいかがでしょうか。

★ダウンロード版

★パッケージ版

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :