[Я]奇妙なMarsEditのフライング配信現象、解決法が分かりました

スポンサーリンク

今回もTwitterで助けて頂きました!

先日公開した以下のエントリー。

catch20131217


要約すると、MarsEditを使ってWordPressに下書き保存をし、その後ブラウザのWordPress管理画面で修正や見直しをしてから公開をすると、RSSの配信時刻が「MarsEditで保存した時刻」になっていて、実際にブログで公開開始した時刻と異なっている、という現象だったんです。

エントリーを書き終えた時点では解決法がサッパリ分からず、こんな現象もありますよ、という報告だけで終えてたのですが、今回もTwitterにてお友達に救ってもらいました。

ブロガー仲間のティカさん(@thikasa)による上記2つのツイートで解決です。ティカさんには過去何度も助けてもらってます。ありがとうございました。

投稿時にMarsEdit側で日付を指定できる

Skitched 20131225 111028

↑MarsEditで新しい投稿を書く際、「Send to Blog」でWordPressに送信してしまうよりも前に、上部メニュー「Post」→「Edit Date」を選択します。

Skitched 20131225 111204

↑日付や時刻を変更できるポップアップが表示されますので、ここで時刻を変更することができます。tabキーを押すことで年→月→日→時→分→秒と簡単に移動できます。

Skitched 20131225 111450

↑MarsEditで保存後、すぐネット上で公開するのであれば何も気にしなくていいのですが、私のようにMarsEditで下書きしてから実際に公開するまで時間を空けることが多い場合は、ひとまず公開予定時刻よりも少し遅い時刻をセットしておけばいいと思います。

具体的に書くと、例えば今、MarsEditで書いてる時刻が午前7時(07:00)だとして、このまま日付を変更せず下書き保存しちゃうとRSSの配信時刻が「07:00」になっちゃいます。

いったん午前7時にMarsEditで下書き保存して、昼休みにWordPress管理画面で手直しをして最終的に公開する予定が12:30頃かな、と計画を立てた場合は、最終公開予定時刻の12:30よりも少し遅めの「12:40」という感じで、MarsEdit側の時刻を変更してあげればいいのではないかと。

WordPress管理画面で確認すると「予約投稿時刻」として「12:40」がセットされてるはずです。この時刻より早く投稿したい、あるいは逆に手直しなどが手間取ってその時刻での公開が間に合わない時などは、WordPress管理画面側で投稿時刻を変更してあげましょう。

繰り返しますが、RSS配信時刻は「MarsEditで下書き保存した時刻」になるはずですので、上の例だと「12:40」になります。Web公開とRSS配信時刻は一致しない場合があるということですね。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

前回エントリーでも書きましたが、Web上で公開する時刻は、あくまでWordPress管理画面で投稿ボタンを押した時刻になるはずなのでMarsEditの時刻うんぬんは関係なく、問題はないはず。今回問題にしているのは「RSSの配信時刻」です。

自分の意図しない時刻にRSS配信されると困る場合もありますよね。私の場合だと、ラーメンなど食べ物関連のエントリーは正午近くに公開するというルールを決めてるのですが、これがMarsEditの保存時刻のせいで午前9時にRSS配信されちゃったら全然意図しない結果になります。まず自分自身がそんな時刻に食べ物のエントリーなんて読みたくないので(お腹が減っちゃって仕事に集中できなくなる)。

というわけで、もしも私と同じくRSS配信時刻が狂うのは困るなぁという人がおられたら、今回の方法を試してみると幸せになれます。お試しあれ。

MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
価格: ¥4,000 (2013.12.25時点)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
ダウンロード
スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :