筑豊的担々麺 烏龍:数種類の辛さが選べる本格担々麺@直方

田川バイパス沿いにある

今回紹介するのは福岡県直方市にある担々麺のお店「筑豊的担々麺 烏龍」。

冒頭からいきなり余談ですけど、ネットで検索すると

「担々麺」(てへん)
「坦々麺」(つちへん)

が混在してて「どっちやねん」と困ってしまいます(食べログは「てへん」、Rettyは「つちへん」)。正しくは「担々麺」だそうです。「坦々麺」は誤字。

筑豊的担々麺 烏龍

▲ 本題に戻って「筑豊的担々麺 烏龍」ですが、直方市と田川市を結ぶ県道22号線、通称「田川バイパス」の道沿いにあります。「直方高校入口」交差点から南に進んですぐ、「ファミリーマート」「auのキャリアショップ」に隣接した敷地内です。

筑豊的担々麺 烏龍 駐車場

▲ 駐車場は他の店舗と共有なので、駐車スペースはそれなりに広く取られています。

筑豊的担々麺 烏龍

▲ 営業日は火曜〜日曜ですが、2018年現在は1日おきに夜の営業を休んでらっしゃるようで、貼り紙によれば水・金・日は昼のみ営業のようです。

「夜は全て営業中止」と取れる情報もありましたが、上記の通り現在は隔日で夜営業をされています。今後変更される可能性もあるので、夜に行かれる方は店舗に電話確認したほうがいいかもしれません。

辛さが色で分けられている

筑豊的担々麺 烏龍

▲ 店内はカウンター席が5つ、テーブル席が2つ、座敷席が2つ。

筑豊的担々麺 烏龍 メニュー

▲ 担々麺は5種類あり、スープの色が異なるようです。辛さレベルは唐辛子の絵で表現されており、「黒」と「白」は1個半、「赤」は4個、「紅」は10個、「汁なし」は2個の唐辛子がそれぞれ描かれています。

「紅(くれない)」は超激辛と書かれていますが、どのくらい辛いんだろう。YOSHIKIならキレて帰ってしまうレベルかもしれません。紅だけに。

筑豊的担々麺 烏龍 メニュー

▲ メニュー裏側を見ると、ラー油よりも辛みが強い「ラー醤(ジャン)」というものがあるようです。

唐辛子の絵が25個も描かれているので、「これ食べたら俺は間違いなく死ぬ!」と戦慄したのですが、辛さレベルではなく単なる仕切り線のようです。

同伴者に「落ち着いて」とツッコまれました。だって紛らわしいんだもん。

筑豊的担々麺 烏龍

▲ 写真左側、瓶に入っている黒い液体は通常の「替え玉用スープ」(スープが薄くなった時に味を調整する調味料)。右側の赤い液体が「ラー醤」。

2倍どころか10倍おいしい

筑豊的担々麺 烏龍 汁なし担々麺

▲ 同伴者が注文したのは「汁なし担々麺」700円(税込)。

メニュー表には辛さレベル2と書かれていましたが、食べた同伴者によれば「全然辛くないし、とても美味しかった」そうです。私も最近「汁なし担々麺」の美味しさに目覚めてるので、次はこれ食べよう。

筑豊的担々麺 烏龍 白担々麺

▲ 今回私が注文したのは「白担々麺」700円(税込)。

見た目はそのまんま豚骨ラーメン(味も結構そんな感じでした)。白濁したスープにラー油を落としてます。そぼろ肉・青ネギ・もやしの具材が見てるだけで食欲を刺激します。

私は辛いものが好きだけどすぐ汗をかいてしまうタイプ。辛い担々麺になるといつも食べながら異様に汗をかいてしまうのですが、こちらの白担々麺は全く汗をかきませんでした。辛いのが苦手な人でも美味しく食べられるはずです。

筑豊的担々麺 烏龍 白担々麺

▲ 麺は中太の縮れ麺。担々麺のスタンダードですね。

ラー醤

▲ 食べてる途中で、例の「ラー醤」を入れてみました。果たして生きて帰れるのか。

筑豊的担々麺 烏龍

▲ スプーンに軽く1杯ほどすくって器の中に入れてかき混ぜてみると、さっきまで豚骨ラーメンみたいだったスープの見た目が急に本来の担々麺っぽく、赤く染まりました。

味も適度に辛くなり、なかなか美味しい。気絶してしまうほどの辛さではありません。味に変化をつけたいなら入れてみると面白いです。これならYOSHIKIも大丈夫。

筑豊的担々麺 烏龍 メニュー

▲ 食べながらメニュー表を眺めていたら、「麺を食べ終わったら、残ったスープに白ごはん」「2倍お楽しみいただけます」の文字が目に留まりました。

そういうのもたまにはいいな、ってことで白ごはんの小サイズ(100円)を追加注文。

担々麺の汁にご飯

▲ 白担々麺のスープに白ご飯を投入。ご飯の量がとても少なく見える理由は、ご飯の半分を同伴者にあげたから。

同伴者も「汁なし担々麺」の器にご飯を投入して食べ、とても美味しい! と喜んでました。ただし、文字通り「汁なし」なので、ほとんど汁が残っていなかったのが残念とも。

担々麺の汁にご飯

▲ 私は白担々麺のスープを多めに残していたので、ご飯を投入してかき混ぜてパクリ。

うん、美味しいに決まってるよね。日本人なら大半がこれ好きでしょ。それにしても美味しい。ご飯大盛りを頼めば良かったとすら思える。

筑豊的担々麺 烏龍

▲ 夢中でむさぼり、あっという間に完食。スープとご飯を追加注文したかったくらい。同伴者が私の食べる姿を見て「いいなあ、次は汁のある担々麺にしよう」と悔しそうに呟いてました。

途中で「ラー醤」を入れて味の変化を楽しんだりもして、満足度の高いランチタイムとなりました。いやあ〜美味しかった。

ちなみにこちら、「直方店」とあるので他にもどこかに店舗あるのかなと調べたら、福岡県飯塚市に「飯塚店」がありました(福岡県飯塚市横田66-5)。勝盛歩道橋や明治記念病院の近くです。

筑豊エリアで担々麺が食べたくなったら、こちらのお店を選択肢に入れてみることをオススメします。昼食時はすぐ満席になるので、早めの来店が吉。

店名 筑豊的担々麺 烏龍 直方店【Rettyグルメ
住所 福岡県直方市頓野3452-1
電話 090-8226-4838
営業 11:30〜15:00、17:30〜22:00(夜営業が休みの場合あり)
定休 月曜(祝日は営業)
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします