[Я]インデペンデンス・デイ続編にウィル・スミスは出演する?

スポンサーリンク

まだまだ公開は先のようですが…

1996年に製作・公開されたSF超大作『インデペンデンス・デイ』の続編に関して、出演していた一人である俳優のビル・プルマンがコメントを出しています。

※引用元:シネマトゥデイ(2013年1月12日)

 製作準備が進行中の映画『インデペンデンス・デイ』の続編が、来年に撮影開始されるだろうと、ホイットモア大統領として続投が決まっているビル・プルマンが、CraveOnlineの取材で明かした。

 「1年以内に撮影は開始されると思う。そんな風に聞いてるよ。僕の役もより過激になっているから、ちょっと不安を感じるよ」とプルマンはコメント。

「戦闘機に乗ってエイリアンと闘う合衆国大統領」の時点で既に過激な設定だったんですけども、更に過激になるとは。

 さらに、プルマンによれば、まだ出演にゴーサインを出していない、前作でヒラー大尉を演じたウィル・スミスの出演がNGだったときのために、2通りの脚本が準備されているという。「恐らく、ウィル・スミスありのバージョンで行くことになるとは思うが、念のために別の筋書きも用意されている。自分の役柄は、どちらのプロットの設定でも気に入っているよ」とプルマンは明かしている。

ウィル・スミスもですが、科学者を演じたジェフ・ゴールドブラムが出るのかどうかも気になります。彼の役柄が好きだったので。

 『インデペンデンス・デイ』続編は、2部構成で製作される予定になっており、それぞれ『IDフォーエバー・パート1(原題) / ID Forever Part One』と『IDフォーエバー・パート2(原題) / ID Forever Part Two』というタイトルになるだろうと、前作同様にメガホンを取ることになっているローランド・エメリッヒが、以前にFILMSTARTS.deの取材で明かしている。前作で脚本と製作を務めたディーン・デヴリンも、エメリッヒと共同監督を務める予定になっている。

公開当時のテレビCMや予告編で話題を呼んだのが、上空に停止した巨大UFOの光線によりホワイトハウスが破壊されるシーン。あれはなかなか衝撃的でした。闘いに挑む前、大統領が拡声器で絶叫した演説もカッコ良かったし、これは大好きな作品。

1年以内に撮影開始となると、劇場公開はまだまだ先になりそうですが、楽しみなニュース。これは映画館で観よう。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :