『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイが前哨戦で勝利

スポンサーリンク

おめでとう!二人とも初受賞です

前哨戦で主要俳優部門を2つ制覇したのは大きいですよ。

※引用元:シネマトゥデイ(2013年1月14日)

 現地時間13日、第70回ゴールデン・グローブ賞授賞式が行われ、映画『レ・ミゼラブル』が作品賞(コメディー/ミュージカル)を含む最多3部門で受賞して幕を閉じた。同作に出演していたヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイをはじめ、主要部門では7人中5人が初受賞という初もの尽くしの結果となった。ヒューは2度目、アンは3度目のノミネートでの初受賞。

今年のアカデミー賞は下馬評でスピルバーグの『リンカーン』が大本命だと言われており、最多12部門にノミネートされています。『レ・ミゼラブル』も7部門ノミネートなので決して少なくないのですが、『リンカーン』が注目されてるのは事実。

そんな中、最大の前哨戦とも言われるゴールデン・グローブ賞の主演男優賞と助演女優賞、さらには作品賞と、主要3部門を『レ・ミゼラブル』が獲ったのは大きいかも。

ただ、もう一つの主演男優賞(ドラマ部門)は『リンカーン』のダニエル・デイ=ルイスがしっかり受賞してますので、両者ガップリ四つという感じでますます楽しみな展開。

もちろん、あくまでゴールデン・グローブは前哨戦とはいえ「傾向」ですので、本番のアカデミー賞が全く同じ結果になるとは限りません。

ただ今年の映画賞を占う意味では、ここで『レ・ミゼラブル』の評価が高いことを証明できたのは大きいでしょうね。日本でも絶賛公開中なので観客動員にも良い影響が出るでしょう。

アカデミー賞の主演男優賞は1名しか受賞できませんが(=主演女優賞も同じ)、ゴールデン・グローブ賞の主演男優賞・主演女優賞は「ドラマ部門」と「コメディ/ミュージカル部門」の2つがあり、今回は本命の『レ・ミゼラブル』と『リンカーン』の主演男優がそれぞれ受賞したという形。
こうなると本番のアカデミー賞をどちらが獲るか(あるいは第三者の獲得サプライズがあるか)の予想が難しく、また楽しくもあります。

もう一つ、『レ・ミゼラブル』とは関係ないのだけど個人的に嬉しいニュースも載ってました。

 そして、注目すべきなのは作品賞(ドラマ)を獲得した『アルゴ』の監督賞受賞。俳優ベン・アフレックの監督第3作となる本作は、批評的にも興行的にも成功を収めている一方で、確実視されていたアカデミー賞の監督賞ノミネートを逃したことが話題に。また今年の監督賞には、スティーヴン・スピルバーグ、キャスリン・ビグロー、アン・リーという歴代アカデミー賞受賞者がノミネートされていたため悲観的な見方も多かったが、ベンは見事に監督賞を受賞した。

ベン・アフレックは俳優さんですが、今回は監督賞を受賞。引用文にもある通り、名立たる名監督がノミネートされてる中での受賞なので、嬉しさ倍増でしょうね。かえすがえすもアカデミー賞にノミネートされてないのが残念でならない。

ベン・アフレックは1997年に公開された『グッド・ウィル・ハンティング』で友達のマット・デイモンと共に脚本を書き上げ、二人とも翌年のアカデミー賞で脚本賞を受賞し、一気に知名度が高まった印象があります(同作はマット主演で、ベンも親友役で出演してます)。

脚本家としても俳優としても、そして今回の受賞で映画監督としても高い評価を得たベン・アフレックにも注目です。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :