[Я]ディカプリオはクリントンと何をするつもりなんだろう

スポンサーリンク

20万ドルで落札した、その中身とは

金額のスゴさも気になりますが、その内容はもっと気になります。

※引用元:シネマトゥデイ(2013年1月15日)

 レオナルド・ディカプリオが、ショーン・ペンが主催したハイチ基金のためのオークションで、第42代アメリカ合衆国大統領ビル・クリントン氏との1日を20万ドル(約1,600万円)で競り落としたことがわかった。(1ドル80円計算)

 初め、ディカプリオは10万ドル(約800万円)で落札をオファーするも、ほかの参加者がより高い値を付けたため、その参加者に共同で落札しないかと提案。ディカプリオの提案をのんだ参加者と共に半額ずつ出し合って、40万ドル(約3,200万ドル)でクリントン氏との1日を落札したという。

半額ずつ出し合って、ということはディカプリオの他にもう一人、「クリントンの1日」を買った人がいることになりますね。クリントンも合わせて計3人で、いったい何をするつもりなんだろう。

3人ですることで、何を思い浮かべます? ババ抜き?

 そのほか、ディカプリオは「ブータン探検」という旅行のパッケージも落札しようとしたが、こちらは24万ドル(約1,920万円)を出したジョルジオ・アルマーニのめいで女優のロベルタ・アルマーニに競り負けた。

そんな大金を出してブータンの何を探検するのかも気になるとこです。

J・エドガー(字幕版)
再生時間:137 分
リリース:2012年
監督:クリント・イーストウッド
この映画を購入・レンタル


スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :