2013年3月第3週公開予定の主要映画と「気になるランキング」

スポンサーリンク

3月15日(金)劇場公開分

クラウド アトラス

◆ジャンル:SF、ファンタジー、ドラマ
◆監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ、アンディ・ウォシャウスキー
◆出演:トム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒューゴ・ウィービング、スーザン・サランドン、ヒュー・グラント、他
※3月15日(金)劇場公開
※PG12(12歳未満(小学生以下)の鑑賞には成人保護者の同伴が適当)

クラウド アトラス

クラウド アトラス

【監督】ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー【出演】トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィービング、ジム・スタージェスAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

3月16日(土)劇場公開分

ある海辺の詩人 小さなヴェニスで

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:アンドレア・セグレ
◆出演:チャオ・タオ、ラデ・シェルベッジア、ロベルト・シトラン、他
※3月16日(土)劇場公開

ひまわりと子犬の7日間

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:平松恵美子
◆出演:堺雅人、中谷美紀、でんでん、檀れい、小林稔侍、他
※3月16日(土)劇場公開

ひまわりと子犬の7日間

ひまわりと子犬の7日間

【監督】平松恵美子【出演】堺雅人、中谷美紀、でんでん、若林正恭Amazonビデオ

プラチナデータ

◆ジャンル:サスペンス
◆監督:大友啓史
◆出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、他
※3月16日(土)劇場公開

偽りなき者

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:トマス・ビンターベア
◆出演:マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ビタコプ、他
※3月16日(土)劇場公開
※R15+(15歳未満は観覧禁止)

偽りなき者

偽りなき者

【監督】トマス・ヴィンターベア【出演】マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルドAmazonビデオ 字幕版

シュガーマン 奇跡に愛された男

◆ジャンル:ドキュメンタリー
◆監督:マリク・ベンジェルール
◆出演:ロドリゲス、他
※3月16日(土)劇場公開

シュガーマン 奇跡に愛された男

シュガーマン 奇跡に愛された男

【監督】マリク・ベンジェルール【出演】ロドリゲスAmazonビデオ 字幕版

ダイナソー・プロジェクト

◆ジャンル:アドベンチャー
◆監督:シド・ベネット
◆出演:マット・ケイン、リチャード・ディレイン、ピーター・ブルック、他
※3月16日(土)劇場公開

ダイナソー・プロジェクト

ダイナソー・プロジェクト

【監督】シド・ベネット【出演】マット・ケイン、リチャード・ディレイン、ピーター・ブルックAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

ぼっちゃん

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:大森立嗣
◆出演:水澤紳吾、宇野祥平、淵上泰史、田村愛、他
※3月16日(土)劇場公開

シャドー・ダンサー

◆ジャンル:クライム、サスペンス
◆監督:ジェームズ・マーシュ
◆出演:アンドレア・ライズボロー、クライブ・オーウェン、ジリアン・アンダーソン、他
※3月16日(土)劇場公開

シャドー・ダンサー

シャドー・ダンサー

【監督】ジェームス・マーシュ【出演】クライヴ・オーウェン、アンドレア・ライズブローAmazonビデオ 字幕版

ブラインドマン その調律は暗殺の調べ

◆ジャンル:クライム、サスペンス
◆監督:ザビエ・パリュ
◆製作・脚本:リュック・ベッソン
◆出演:ジャック・ガンブラン、ランベール・ウィルソン、他
※3月16日(土)劇場公開
※PG12(12歳未満(小学生以下)の鑑賞には成人保護者の同伴が適当)

ブラインドマン

ブラインドマン

【監督】ザヴィエ・パリュ【出演】ジャック・ガンブラン、ランベール・ウィルソン、ラファエル・アゴゲ、アルノー・コソンAmazonビデオ 字幕版

ダーク・タイド

◆ジャンル:パニック
◆監督:ジョン・ストックウェル
◆出演:ハル・ベリー、オリビエ・マルティネス、ラルフ・ブラウン、他
※3月16日(土)劇場公開

ダーク・タイド

ダーク・タイド

【監督】ジョン・ストックウェル【出演】ハル・ベリー、オリヴィエ・マルティネス、ラルフ・ブラウンAmazonビデオ 字幕版

赦免花(しゃめんばな)

◆ジャンル:時代劇
◆監督:軽部進一
◆出演:市瀬秀和、竹中直人、川野太郎、西条美咲、片岡愛之助、竹内力、他
※3月16日(土)劇場公開

ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン

◆ジャンル:ドキュメンタリー
◆監督:ラモーナ・S・ディアス
◆出演:ニール・ショーン、ジョナサン・ケイン、アーネル・ピネダ、他
※3月16日(土)劇場公開

今週の「気になるランキング」

今週は邦画の注目作品あり、音楽系ドキュメンタリーの面白そうなのもあり、なかなかラインナップが豊富です。

では、私が気になった作品ランキング。今週は悩んでません。ほぼ即決。

1. ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン
2. クラウド アトラス
3. シャドー・ダンサー
4. プラチナデータ
5. シュガーマン 奇跡に愛された男

★1位:ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン

今週公開作品の予告編を全て観て、めっちゃ感動したのはコレでした。っつうかジャーニーがまだ活動してることを知らなかった!

我々がよく耳にするジャーニーの名曲の数々は、スティーヴ・ペリーという名ヴォーカリストの存在あればこそだと私は思ってます。

その彼が脱退して以降、ジャーニーがどうなったのか知らなかったのですが、今回のドキュメンタリー映画でいろいろ語られるのかな?

映画のハイライト(というかメインテーマ)は、フィリピン在住の無名シンガー、アーネル・ピネダが自分のバンドでジャーニーの曲をコピーし熱唱してる動画をYouTubeにアップし、その動画をジャーニーのギタリスト、ニール・ショーンが発見したことから始まったピネダ加入までのドキュメンタリー。

予告編でピネダが熱唱する『Don’t Stop Believin’』のハイトーンはファンならずとも鳥肌立ちますよ。あれはスゴイわ。

★2位:クラウド アトラス

これは映画館で予告編を観ました。なかなか壮大でユニークな脚本ですね。出演陣も豪華。6つの物語が進行し、各俳優がそれぞれの物語でそれぞれのパートを演じるという、なんとも複雑な設定ですが、興味をそそられます。

監督は『マトリックス』でお馴染みのウォシャウスキー兄弟ですが、以前「ローレンス」という名前だったお兄さんが性別適合手術を受けて女性になり「ラナ」という名前に変わりまして、最近は兄弟ではなく「ウォシャウスキー姉弟」と呼ばれています。

★3位:シャドー・ダンサー

私の大好きなクライム系サスペンス。どういうラストになるんでしょうね。

どんでん返しがイイ風に映画をまとめてくれるなら大歓迎なのですが、安易に観客を驚かせるだけのメチャクチャな脚本で、最後で今までのシナリオをひっくり返して矛盾だらけで後味悪く終わるサスペンスはキライ。

なので「衝撃のラスト!」というのにはあんまり乗せられないようにしてるのですが、心地良くイイ意味で裏切ってもらえる作品であることに期待します。

★4位:プラチナデータ

洋画ばかりピックアップする傾向にある私ですが、4位に邦画を持ってきました。原作が東野圭吾のサスペンスものであれば期待は出来るでしょう。

うちの長男は東野圭吾が大好きで、私よりも遙かに多くの作品を読破しちゃってます。この原作も長男は読み終わってるのかな。今度確認してみよう。

★5位:シュガーマン 奇跡に愛された男

1位に続き5位も音楽系ドキュメンタリー。アメリカで全く売れず消えてしまった実在のミュージシャン、ロドリゲスという人の物語だそうです。先日開催されたアカデミー賞で「長編ドキュメンタリー映画賞」を見事獲得した作品。

アメリカでは売れなかったロドリゲスの楽曲が、なぜ南アフリカで熱狂的に支持されたのか。そして彼の楽曲に感化された民衆が南アフリカでムーブメントを起こすまでに至った過程は何なのか。

ロドリゲスというミュージシャンのことは全然知らなかったけれど、この作品は興味あります。

★番外

まず番外で最も気になるのは『ブラインドマン その調律は暗殺の調べ』。これまた好きなジャンル(クライム系サスペンス)だし、製作・脚本が安定のリュック・ベッソンなので、これは外さないだろうと。ただ、福岡・北九州で上映されないかも、ってことで番外にしました。

あとは、犬好きな人であれば『ひまわりと子犬の7日間』で感動できるのではないでしょうか。

以上、今週の劇場公開情報でした。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :