2013年8月第2週(8/5〜8/11)公開映画の「気になるランキング」

スポンサーリンク

 

8月9日(金)劇場公開分

『パシフィック・リム』

◆ジャンル:SF、パニック
◆監督:ギレルモ・デル・トロ
◆出演:チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、芦田愛菜、他

パシフィック・リム

パシフィック・リム

【監督】ギレルモ・デル・トロ【出演】チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキーAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

『トゥ・ザ・ワンダー』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:テレンス・マリック
◆出演:ベン・アフレック、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデム、他

トゥ・ザ・ワンダー

トゥ・ザ・ワンダー

【監督】テレンス・マリック【出演】ベン・アフレック、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデムAmazonビデオ 字幕版

8月10日(土)劇場公開分

『南の島の大統領―沈みゆくモルディブ―』

◆ジャンル:ドキュメンタリー
◆監督:ジョン・シェンク
◆出演:モハメド・ナシード、他

『少年H』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:降旗康男
◆出演:水谷豊、伊藤蘭、吉岡竜輝、花田優里音、小栗旬、早乙女太一、原田泰造、佐々木蔵之介、他

『ワールド・ウォー Z』

◆ジャンル:パニック
◆監督:マーク・フォースター
◆出演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・バッジ・デール、他

ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ

【監督】マーク・フォスター【出演】ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、マシュー・フォックス、デヴィッド・モースAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

『素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:ジェイク・シュライアー
◆出演:フランク・ランジェラ、スーザン・サランドン、ジェームズ・マースデン、リヴ・タイラー、他

素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー

素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー

【監督】ジェイク・シュライアー【出演】フランク・ランジェラ、スーザン・サランドン 、ジェームズ・マースデン、リブ・タイラー、 ピーター・サースガードAmazonビデオ 字幕版

『最愛の大地』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:アンジェリーナ・ジョリー
◆出演:ザーナ・マリアノヴィッチ、ゴラン・コスティッチ、他
※R15+ (15歳未満は観覧禁止)

最愛の大地

最愛の大地

【監督】アンジェリーナ・ジョリー【出演】ザーナ・マリアノヴィッチ、ゴラン・コスティック、レイド・セルベッジアAmazonビデオ 字幕版

『オーガストウォーズ』

◆ジャンル:戦争、VFX
◆監督:ジャニック・フェイジエフ
◆出演:スヴェトラーナ・イワノーワ、マクシム・マトヴェーエフ、他

『ニーナ ローマの夏休み』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:エリザ・フクサス
◆出演:ディアーヌ・フレリ、ルカ・マリネッリ、他

ニーナ ローマの夏休み

ニーナ ローマの夏休み

【監督】エリザ・フクサス【出演】ディアーヌ・フレーリ、ルカ・マリネッリ、エルネスト・マイエ、ルイジ・カターニ、マリーナ・ロッコAmazonビデオ 字幕版

『ムービー43』

◆ジャンル:コメディー
◆監督:スティーヴン・ブリル、他
◆出演:ヒュー・ジャックマン、リチャード・ギア、ハル・ベリー、ジェラルド・バトラー、ケイト・ウィンスレット、クロエ・グレース・モレッツ、エマ・ストーン、セス・マクファーレン、ナオミ・ワッツ、他
※R15+ (15歳未満は観覧禁止)

『ディアトロフ・インシデント』

◆ジャンル:パニック、ミステリー
◆監督:レニー・ハーリン
◆出演:ホリー・ゴス、マット・ストーキー、他

ディアトロフ・インシデント

ディアトロフ・インシデント

【監督】レニー・ハーリン【出演】ホリー・ゴス、マット・ストーキー、ルーク・オルブライト、ライアン・ホーリー、ジェンマ・アトキンソンAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

今週の「気になるランキング」

1. 素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー
2. 最愛の大地
3. パシフィック・リム
4. トゥ・ザ・ワンダー
5. ムービー43

★1位:素敵な相棒 フランクじいさんとロボットヘルパー

今週は番外にしたのも含めて「見てみたいなー」と感じる注目作品が多数ありました。久々で順位付けに悩みましたが、1位だけは一切迷いませんでした。とても面白そう。

元宝石泥棒で現在70歳の男に子供たちが介護用ロボットをプレゼント。高性能で優秀なロボットに対し、男は泥棒のテクニックを伝授し始め…という物語。

予告編にはそれほど目立って登場していませんが、スーザン・サランドン、リヴ・タイラーといった好きな女優さんが出演してるのもポイント高し。

★2位:最愛の大地

国連の難民支援活動で親善大使を務めるなど人道支援も高く評価されている人気女優、アンジェリーナ・ジョリーの初監督作品

恋愛関係にありながらボスニア・ヘルツェゴビナ内戦で敵同士となった、ボスニア人女性とセルビア人男性の物語。

実際の内戦で被害にあった人たちの証言を基にしてアンジー自らも脚本を担当。作品での過激な虐待描写を女性団体から抗議された際にはアンジー自身が説明しに行くなど、いろいろ苦労もあったようです。

映画にアンジー自身は出演していないようですが、テーマやシナリオに興味があるので見てみたい。

★3位:パシフィック・リム

日本の怪獣映画にかなり感化されたと独白しているギレルモ・デル・トロ監督による怪獣映画

日本からも菊地凛子が主要キャストとして出演。その幼少時代を芦田愛菜が演じています。

怪獣に挑む側のスローな動きがどうも気に食わないんですけど(あくまで予告編を見ただけの印象ですが)、こういった作品が現在の映画ファンたちにどう受け取られるかも注目。大コケしなければいいのだけど。

★4位:トゥ・ザ・ワンダー

今年のアカデミー賞にはノミネートされなかったものの、他の映画賞を総ナメにするなど高い評価を受けた『アルゴ』で映画監督としての地位を不動のものにしたベン・アフレックが、今作ではイチ俳優として主演してます。

彼が愛することになる二人の女性は、オルガ・キュリレンコとレイチェル・マクアダムス。二人とも美しくセクシーでいいですなー。

ハビエル・バルデムといえば、『ハモンハモン』でペネロペちゃんとヤラしいことしてた人(その後、実生活で結婚しました)、あるいは『ノーカントリー』の冷酷な殺人鬼、というイメージが相当強いんですけど、今作では神父を演じてます。イメージ違う…。

★5位:ムービー43

この作品、出演者が相当豪華です。ギャラも相当スゴいことになったんでしょうけど、酷評っぷりもネタじゃなく相当ヒドかったそうです。それも承知で作ったみたいですけどね、確信犯というか。

で、日本での公開は無理だろうなと思ってた映画関係者が、日本公開決定のニュースを聞いて絶句どころか爆笑したという話しもどこかで読みました。

予告編からしてフザけてますもんね。笑っちゃったけど、どんだけヒドいんだろ。「面白そうだから」ではなく「どれだけヒドいのか」を知りたくて、是非とも見てみたい作品。

かわいいクロエちゃんが出演してますから、もうそれだけで私は見ます。他にも大好きなケイト・ウィンスレットも出てるし、ヒュー・ジャックマンも出てる。仕事選べばいいのにw

★番外

『ムービー43』はネタとして5位に入れるのは決めてたんですけど、他に

『トゥ・ザ・ワンダー』
『パシフィック・リム』
『ワールド・ウォー Z』

の中からどれか1つを番外にしなければならず、どれにするか結構迷いました。結果として落としたのは『ワールド・ウォー Z』。

最近は製作側として携わることの多いブラッド・ピットが今回も製作サイドで参加してますが、同時に主演もしています。ブラピがこういう類いのパニック作品に出演するのは珍しいんじゃないでしょうか。

見てみたい気持ち半分。気持ち悪いのは好きじゃないから見ないかなってのが半分。昔、個人的に大変残念な思いをした『宇宙戦争』というSF作品ありましたが、あれと似た匂いを感じたので番外に。

『オーガストウォーズ』は一見して『トランスフォーマー』みたいな予告編ですが、内容はVFXばかりのSF作品ではなく戦争を描いたヒューマン系だという話を聞きました。

そういう意味では本来の作品テーマから逸脱したプロモーション宣伝手法らしく、「予告編詐欺」などという意見もあったりしますが、本編を見ないことには何とも言えないな。個人的にはVFXの派手な演出よりも戦争の悲哀を切実に描く作品であって欲しい。

地球温暖化のため海に沈んでしまう恐れの出てきた島国、モルディブ。若き大統領モハメド・ナシードに密着したドキュメンタリー映画はとても見てみたい。おそらく私の住んでるエリアは上映されない気がするので番外にしましたが、DVDリリースされたら見てみます。

以上、今週の劇場公開情報でした。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
CATEGORY :