恐竜アドベンチャー、麦子さん、他【2013年12月第3週の劇場公開情報】

スポンサーリンク

◎気になる1位:『ウォーキング with ダイナソー』

◆ジャンル:アドベンチャー
◆監督:バリー・クック、ニール・ナイチンゲール
◆12月20日(金)劇場公開予定

ウォーキング with ダイナソー

ウォーキング with ダイナソー

【監督】Barry Cook、Neil Nightingale【出演】John Leguizamo、Justin Long、Karl UrbanAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

動物の生態を追った映画『アース』など、いわゆるネイチャードキュメントの名作を数多く作ってるイギリスの「BBC EARTHフィルムズ」という製作会社の新作は、恐竜の世界を再現した物語。

『アース』はとても好きな作品で、これこそ子供たちが見るべき映画だ!と思ってDVDを見せたんですけど、食い付きが全然良くなくて、結局楽しんでたのは私だけだった。まあそれは置いといて。

今回はドキュメンタリーではなくフィクションも混じった恐竜の世界ですので、今まではとは少し違った作風になるんでしょうけど、予告編を見ると映像の迫力はサスガ。

日本語吹替版では声の吹き替えが入ってるらしいんですけど、そんなん全く要らんと思うわ。野暮でしょ。

『アース』なら動物たちのナマの鳴き声やうめきが聞こえてこそのリアリティーだし、今回の作品であれば(人工的でしょうけど)恐竜の咆吼を聞きたいし、それが醍醐味じゃないですか。余計な音声は付けて欲しくない。補足解説を付けたいのならテロップにすればいいやん。なんで声を当てるのよ。

声優を務めてる人の問題とかじゃないんです(中には俳優の安易な起用で、その演技力に絶望する作品もあるけど)。そういう諸々のことを含めて私は日本語吹替版が嫌いだし、見ないんです。

ということで今回の作品も吹き替えなど入ってないBBCのオリジナル版を見ます。

◎気になる2位:『麦子さんと』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:吉田恵輔
◆出演:堀北真希、松田龍平、温水洋一、麻生祐未、余貴美子、他
◆12月21日(土)劇場公開予定

麦子さんと

麦子さんと

【監督】吉田恵輔【出演】堀北真希、松田龍平、余貴美子Amazonビデオ

長らく音信不通だった母親が兄妹のところに突然現れ同居を始めるものの、病気のためやがて母親は他界。納骨のため母の故郷を訪ねた娘は人々から思わぬ歓迎を受け…という物語。

ぶっちゃけますと、少し前まで堀北真希は苦手な女優さんでした。どんな演技をしてても表情がほとんど同じに思えて仕方なかった。同じ理由で苦手な女優さん、今もたくさんいます。どんだけ美人だろうとも「表情の作り方」がサッパリな女優さんの作品は好きになれない。

山田孝之と綾瀬はるかが主演したドラマ版の『白夜行』が好きで、その流れで堀北真希主演の映画版も見ましたが、あれも「んーー」と考え込んじゃった(作品自体はそこそこ良かった)。まあ、あの作品での堀北真希演じる「雪穂」は表情が無いので、むしろ良かったのかもしれないんですけど。

で、最近幾つか堀北真希の作品に触れる機会があって見ましたけど、変わってきてますね。もちろん今も「すごく表情豊か!」って訳では全然ないけど、何か変わる契機となる作品があったのかな。それともキャリアを重ねた強みか。今作の予告編を見ていても「お、なんだか魅力的!」と思っちゃう。

前から美人だったけど最近ますます美貌に磨きがかかってきたよねー、って話とは全く別問題ですよ。彼女は綺麗だなってのは私も昔から思ってます。

あと、松田龍平が出てるとポイントUP。「あまちゃん」に出る前から私は松田龍平が大好きです。(実は「あまちゃん」見てない)

◎気になる3位:『プレーンズ』

◆ジャンル:アニメ
◆監督:クレイ・ホール
◆12月21日(土)劇場公開予定

プレーンズ

プレーンズ

【監督】クレイ・ホール【出演】デイン・クック、ステイシー・キーチ、ブラッド・ギャレット、テリー・ハッチャー、ジュリア・ルイス=ドレイファスAmazonビデオ 字幕版Amazonビデオ 吹替版

ピクサー製作の人気作品『カーズ』の飛行機版。

主人公の飛行機くんは高所恐怖症らしいんですけど、飛行機にとって「高所」とは何メートルからなのか。まあどうでもいいや。

▲番外:『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:ジム・ジャームッシュ
◆出演:ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン、ミア・ワシコウスカ、他
◆12月20日(金)劇場公開予定

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

【監督】ジム・ジャームッシュ【出演】トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハートAmazonビデオ 字幕版

ティルダ・スウィントンが吸血鬼を演じてるってだけで笑いました。細身で色白で、直射日光に弱そうなイメージだし(ごめん)、なかなか絶妙なキャスティングではないかな。

しかも、吸血鬼がロックミュージシャンやってる作品らしいですよ。なんなんだこの映画は(笑)

▲番外:『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』

◆ジャンル:ドラマ、サスペンス
◆監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
◆出演:ヴァレリオ・マスタンドレア、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、他
◆12月21日(土)劇場公開予定

1969年12月12日にイタリア・ミラノの銀行が爆破され、死者17人負傷者88人の大惨事となった「フォンターナ広場爆破事件」を題材とした作品。

テーマとしては見てみたいのですが、イタリア映画やフランス映画などのいわゆる「英語圏じゃない作品」って言葉が全然分からないから、たとえば感情の起伏など細やかなニュアンスが言葉からは理解できないのが残念なんですよ。英語なら多少は分かるんですけど。

ま、そういう時のための「日本語吹替版」なんでしょうけどね。でもやっぱり私は字幕で見る。

▲番外:『永遠の0』

◆ジャンル:ドラマ
◆監督:山崎貴
◆出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、吹石一恵、橋爪功、夏八木勲、他
◆12月21日(土)劇場公開予定

百田尚樹の原作小説を実写映画化。自分の祖父が太平洋戦争で特攻パイロットだったことを知った若者が、当時祖父の戦友たちから話を聞くなど調べていくうちに驚きの真実を知る、という物語。

出演者に好きな人もたくさんいるし、山崎貴監督も大好きなんですけど、出演者の中で一人、どうしてもダメな人がいます。その人が出演する映画やドラマは絶対見ないことに決めてるので、この作品もすごく見たいけど多分見ないな。

同じ理由で来年の大河ドラマもすごく見たいけど見ません。誰なのかバレた?

以上、今週の劇場公開情報でした。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :