全米初登場1位の映画『クロニクル』日本版予告編公開!これは観たい

スポンサーリンク

日本でも期間限定公開

全米で大ヒットした映画が、期間限定で日本でも劇場公開されるようです。

 全米初登場1位を記録、社会現象とまで言われた衝撃映画『クロニクル』の日本版予告編が公開された。

 本作は、平凡な日常生活を送る男子高校生3人がある日特殊な能力を手に入れ、次第に増大していく「チカラ」に翻弄されていく姿を描く。米国の批評家の間では、大友克洋の漫画「AKIRA」を彷彿とさせるという声もあがっているように、特殊能力によるアクションシーンが大きな見どころであるが、主人公たちが自らカメラを回して“記録”するという設定によって捉えられたリアルな目線、高校生独特の心理描写が高く評価され、SNS世代を中心に話題を呼び大ヒットを記録した。

 待望の日本版予告編では、主人公のアンドリューが残した“記録”(クロニクル)を通し、彼らの身に何が起こったのか、そして次第に増大していく「チカラ」によって翻弄されていく姿が映し出されている。最初は特殊能力を使ってイタズラを楽しむが、次第にエスカレート。そして、明かされる「チカラ」の謎とは…。

via:衝撃映像! 全米1位、ネットで話題の映画『クロニクル』予告編公開 | RBB TODAY

『クロニクル』というタイトル、どっかで聞いたことあるなーと思いましたが、2012年2月にアメリカとイギリスで劇場公開されたようですね。どこかのニュースでチラッと情報を見た気がしますが、忘れてました。

公開された予告編を観てみましたが、これはなかなか面白そう。

『AKIRA』だったり、海外テレビドラマの『HEROES』だったり、大好きなジェシカ・アルバが出ていた『ファンタスティック・フォー』だったり、似たようなテーマの作品はいろいろあります。

この『クロニクル』は、登場人物が各々を撮影して進行していくという「疑似ドキュメンタリー」とでも言うべき撮影手法で作られてるようですね。

日本公開は9月27日(金)から2週間という期間限定で、首都圏だけでの公開になるようです。なんでやねーん! 福岡でも公開してくれや~!

クロニクル

クロニクル

【監督】Josh Trank【出演】Michael Jordan、Dane Dehaan、Michael Kelly、Ashley Hinshaw、Alex RussellAmazonビデオ 字幕版

疑似ドキュメンタリー映画で大好きな作品

この「疑似ドキュメンタリー」という撮影手法は、ノンフィクションっぽくストーリーが展開されることがミソで、それだけ演出や俳優陣の演技力も重要になります。「実際にあった出来事」っぽくナチュラルに描くことで臨場感が増します。

有名な俳優が出演していると、もうそれだけで「演じてる」という印象を観客に与えてしまうため、それほど有名ではない俳優陣を意図的に起用することも多いのだそうです。

この「疑似ドキュメンタリー」作品で、私が真っ先にポンと浮かんだのは、『クローバーフィールド/HAKAISHA』という2008年公開のパニック作品。

クローバーフィールド/HAKAISHA

クローバーフィールド/HAKAISHA

【監督】マット・リーヴス【出演】マイク・ヴォーゲル、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、マイケル・スタール=デヴィッド、T・J・ミラーAmazonビデオ 字幕版

監督はJ・J・エイブラムス。この監督さんを大好きになったキッカケの作品が前述した『クローバーフィールド』でした。

宣伝用のポスターで「首を失った自由の女神像」が使用され、もうそれだけで衝撃的でした。私自身が初めて体感した疑似ドキュメンタリー作品だったこともあり、もう臨場感バリバリで初めて観た時は大興奮。

『クローバーフィールド』の構想は、エイブラムス監督が『ミッション・インポッシブル』のプロモーションで日本に来た際にインスピレーションを受けたのだとか。「HAKAISHA」という邦題もエイブラムス監督からの指示だそうです。

登場人物がビデオ撮影したという設定のため、画面がグワングワンと揺れる事も多々あり、「画面酔いする」観客が続出したことでも話題となりました。私は全然平気でしたが、あんまり画面を凝視し過ぎると確かに酔うかも。

公式の予告編動画がアップされてますので掲載しておきますね。まだご覧になってない方々は是非!

酔わないようご注意くださいませ。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
CATEGORY :