【EURO2016】開幕戦、殊勲のパイェが味方に潰される(6/10)

スポンサーリンク

グループA「フランスvsルーマニア」

4年に1度開催されるヨーロッパサッカーの祭典「EURO」。フランスで開催される2016年大会、開幕戦は開催国フランス(FIFAランキング17位)ルーマニア(同22位)の対戦。

▲ 会場はパリ郊外サン=ドニのスタジアム「スタッド・ドゥ・フランス」。8万人収容だそうです。

▲ 大会初日なので、試合前には華やかなオープニングセレモニー。

▲ いろんな衣裳を着た女性たちがグラウンドで音楽に合わせて踊り、

▲ 大会テーマ曲を(たぶんクチパクで)歌い、

▲ スタジアム上空を飛行機がビューンと編隊飛行。これカッコ良かった。

オリンピックの開会式と違い、短時間でセレモニーは終了。両チームの選手が入場してきました。

▲ 開催国フランスは、エースストライカーのベンゼマが脅迫事件の加害者として刑事事件に発展したため、追放同然で代表落ち。

攻撃陣は長身の9番ジルー、2014年ワールドカップで台頭した15番ポグバ、5月末開催の欧州CLで準優勝したアトレティコ・マドリード所属の7番グリーズマンなどが中心となります。グリーズマンはCL決勝でPKを外しちゃったけど本人メゲてません。それで良し。

▲ 対するルーマニアは予選の全10試合を5勝5分の負け無しで突破。全試合で失点わずか2点という鉄壁の守備を誇る堅守のチーム。

ちなみにフランスは自国開催に強く、フランスで開催された1984年のEUROフランス大会や、1998年のワールドカップ・フランス大会で優勝しています。

1998年というと、フランスのエースがジダン(現レアル・マドリード監督)で、日本代表が初めてワールドカップ本戦に出場した年です。ゴン中山がジャマイカ戦で初得点したけど骨折した年です。

スポンサーリンク



さて、試合レビューですが。

前半は両チームとも互いに慎重な動きに終始。決定的な場面もほとんど無し。緊張してたんかな。

▲ ルーマニアは前半、ゴール前の混戦であわや得点というシーンが1回だけありました。これはキーパーのロリスが見事な反応で阻止。この反応は素晴らしかった。

前半、フランスがゴールを脅かされたのはこの時くらい。

▲ 一方のフランスは、7番グリーズマンが惜しいシュート2本。うち1本はヘディングシュートがポスト直撃。

▲ しじみカプセル飲んだ時みたいな渋い表情してました。

▲ 9番ジルーはゴール前でヘディングシュートを1本外した以外は前半ほとんど姿が見えず。

前半はそのまま0-0で終了。試合が動いたのは後半12分。

▲ コーナーキックの流れからフランス8番パイェがセンタリング。

ルーマニアのGKタタルシャヌはキャッチングに行くも、フランス9番ジルーと競り合いになったことでボールに触れることが出来ず、ジルーの頭に当たって後方へ。

▲ ボールはゴールに吸い込まれてフランス先制。

▲ ここまでパッとしてなかったジルー、記念すべき大会初ゴールをゲット。

その5分後。

▲ 後半17分、ルーマニア10番スタンチュがペナルティーエリア内に突進。フランス3番エヴラが足を出してスタンチュを倒してしまい、主審はPKの判定。

▲ キッカーはルーマニア19番スタンク。

▲ 落ち着いてキーパーの反対側へ蹴り込む。

▲ 先制点から10分経たずにルーマニア同点。試合は振り出しに戻ります。

このまま引き分けかと思われた後半44分。

▲ フランス8番パイェがペナルティーエリアの外側からミドルシュート。

▲ ゴール右上の隅に決まり、土壇場でフランス勝ち越し。スタジアムは大騒ぎ。

▲ 歓喜のパイェ、絶叫しながらベンチに向かって走る。

▲ パイェを追い掛けていたジルーに足を引っ掛けられ、さらに突き飛ばされる。

▲ コケるパイェ。

▲ 倒れた獲物に群がる野郎ども。

▲ ベンチまであとわずかだったのに、辿り着けず無念のパイェ。

▲ パイェ「てめえら大概にせえやー!」

せっかくの晴れ舞台なのに腕しか映ってないパイェ。

▲ 組み体操のピラミッドがようやく終わって解放されたパイェは目頭を押さえながら泣いてました。よっぽど重くて痛かったんだろうなと思ったら、どうやら感極まってたらしいです。

▲ このまま試合は2-1で終了。開催国フランスが貴重な勝ち点3をゲット。殊勲のパイェは1ゴール1アシスト。

▲ 一方、予選10試合でたったの2失点だったルーマニアが開幕戦だけで2失点。これもサッカーの恐ろしさ。でもまだ1試合ですので、どうなるかは分かりません。

Skitched 20160611 162334

▲ まだ1試合とは言いつつ、フランスは初戦を勝利で終われたのはデカいでしょうね。ホームのアドバンテージもあるけれどプレッシャーも相当なものでしょうから。

6月11日の試合予定

大会2日目、6月11日に予定されている試合は以下の通り。

◆グループA 「アルバニア vs スイス」
◆グループB 「ウェールズ vs スロバキア」
◆グループB 「イングランド vs ロシア」

「スピードスター」と称されるウェールズのベイルや、キャリアもテクニックも頭頂部も円熟味を増しているルーニーなどスター選手が早くも登場します。

ではでは、大会初日のEUROレビューでした。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :