[Я][ブラジルW杯]ネイマールが泣き、そして名良橋は壊れた[6/18]

スポンサーリンク

グループA ブラジル vs メキシコ

0618 08
via:FIFA.com

NHKの中継で試合前の煽りとして解説されてましたが、2012年ロンドン五輪のブラジル代表でも絶対的エースだったネイマールは、決勝戦でメキシコと対戦し、敗れています。メキシコ金メダル。ブラジルは銀メダル。

ロンドン五輪と今回のW杯では選手の世代も違うし、完全に同じチーム同士ではないですが、ブラジルもメキシコもロンドン五輪に出場した選手が含まれてましたので、そういう意味では再戦となったわけです。

0618 02

ホームの大観衆と共に国歌を熱唱する選手たち。初戦のクロアチア戦の時もそうでしたけど、国歌の音楽が終了しても、選手や大観衆は曲なしで続きを大合唱。

この時の選手たちの表情、というか形相が気合い入りまくってて、見てるこちらも感動します。ラグビーの試合でオールブラックス(=ニュージーランド代表)が「ハカ」で自らを鼓舞している姿にも似た、凄まじい闘志。

0618 01

ネイマールは国歌の最後に感極まったか、泣いてました。気持ちは分かるよ。俺も20年前はそうだったから。(何者)

0618 03

そんなネイマール。いきなり髪型を変えてきました。なんで金髪にしたのよ。初戦と完全に別人やないか。

はっ!さては、どこかのチームが本番前の強化試合で各国をかく乱するためにウソの背番号を付けたみたいな感じの、「ネイマール、本日お休みです(僕は別人です)」作戦なのか!

0618 07

彦摩呂もビックリ。

さて、試合はとても見応えあったわー。

0618 06

両チームともアグレッシブに動きまくっていて、チャンスも数多く作ってたのですが、基本的にはブラジルが攻めまくってメキシコが守りまくってるという感じ。

とは言ってもメキシコはベタ引きで守ってるわけではなく、ブラジルの猛攻を時には組織的に、時には個人技で防いでたという、とても見応えのある守備をしてました。

一方のメキシコもボールを奪うと果敢にブラジル陣内へと攻め込み、得点を狙ってました。スイスvsエクアドル戦のような超ハードなカウンター合戦までは行かなかったけど、試合全体でのシュート数がブラジル14本に対してメキシコ13本と互角でした。

あのブラジルの強烈な攻撃の数々を無失点で切り抜けたんだから、メキシコ強いわ。

0618 04

中でも圧巻だったのは、メキシコGKオチョアが何度も見せてくれたスーパーセーブ。

0618 05

決定的なシュートを何本も止めてました。オチョアはマン・オブ・ザ・マッチにも選ばれてましたが、これはみんな納得でしょう。素晴らしかった。

0618 07

彦摩呂、カンゲキ!

激しい攻防、そしてオチョアの好守に何度も驚嘆したブラジルvsメキシコの一戦でしたが、最大の驚嘆は試合前に訪れていました

0618 09
via:NAVERまとめ

試合前に現地で実況するアナウンサーが映ったんですけど、隣りに観客が紛れ込んでました。現地のブラジルサポーターにインタビューでもするつもりなんかなと思いつつ、よーく見たら名良橋じゃないか!

アナウンサーとの身長差だったり、以前と比べて激痩せしてるのもあって、最初誰なのか全然分からんかったわ。

0618 11
via:NAVERまとめ

港町で民宿を経営してるオッチャンみたいな風貌ですが、一応この人、日本が初めてW杯に出場したフランス大会で日本代表の選手でした。

0618 10
via:NAVERまとめ

お祭り会場近くでタコスを売ってるオッチャンみたいな風貌ですが、一応この人、フランスW杯で3試合とも出場してました。っていうかその帽子芸は何やねん名良橋!

Skitched 20140618 19

さて、グループAは2試合目に突入。初戦で共に勝利したブラジルとメキシコは今回引き分けたことで勝ち点1ずつ。カメルーンとクロアチアの試合結果次第では、明日の時点で早くも予選グループ敗退チームが決定してしまいます。

【試合結果】
△ブラジル 0 – 0 メキシコ△

【得点】
なし

グループH ベルギー vs アルジェリア

0618 30
via:FIFA.com

逆転勝ちがとても多い今大会。「先制点を取った方が有利」とよく言われるサッカーですが、逆転勝利ってのも見てて面白い。やられた方はたまったもんじゃないですけどね。そう言えば日本も初戦は逆転負けだった。

ベルギーとアルジェリアの対戦もまたまた逆転劇でした。

0618 21

昨年11月、日本代表と自国で対戦した時は世界ランキング5位だったベルギー。ザックJAPANに2-3と逆転負けした影響があるのかないのか、今大会では世界ランキングが11位に落ちてました。

先発メンバーの名前を見て「あれ?」と思ったのは、所属するマンUで香川真司の同僚、移籍した時は「香川のポジションを奪ってしまうのでは」とも言われてた長身アフロの8番フェライニがベンチスタートだったこと。代表でもスーパーサブ的な位置付けなの?

0618 22

対するはアフリカ予選を勝ち抜いたアルジェリア。スタジアムの歓声はアルジェリア優勢。ベルギーにはブーイングが飛んでました。

0618 23

前半22分、アルジェリア3番グラムが左サイドからセンタリング。10番フェグリがPA内に突進するも、ベルギー5番フェルトンゲンが後ろから倒しちゃった。アルジェリアがPK獲得し、倒されたフェグリ自らPKを決めてアルジェリア先制、場内は大歓声。

先制してからのアルジェリアは組織的な守備ブロックを組み、ベルギーの攻撃を封じる戦術に出ました。その守りがなかなか素晴らしく、ベルギーはゴール前で決定的場面を作ることができない。

選手全員が自陣に張ってベタ引き状態のアルジェリア。ただ気になったのは、ボールを奪ってからカウンターに移る時、アルジェリアは結構な人数をかけて攻めてたんです。

0618 24

普通、ベタ引きならカウンターの時もそんなに多くの人数をかけないはずで、攻める人数も少なめ。だって、ボールを奪われて逆カウンターになったら人数足りなくて守れなくなっちゃうし、守備優先ならそんな危険な戦術にはしないじゃないですか。

解説の人は「それでいい」みたいなニュアンスなのか、攻める際は人数を敵陣に多めに入れるべきだ、みたいに言ってたんですけど、私はその意味が理解できなかった。2点目を取りに行くのならまだ分かるけど、あんだけベタ引きしてて2点目狙うも何もないはずで、なのに自陣に選手残しておかなくて大丈夫なの?と素人は思っちゃう。DFの最終ラインを上げるためっていうことなのかな。んー、よく分からないや。

とにもかくにも、アルジェリアの守備戦術は前半終了までとても効果的で、ベルギーはPA内に侵入するのもひと苦労。PA外からのミドルシュートを多く打つことで、得点を狙うと同時に守備陣形を崩すことも試しますが、1-0でアルジェリアがリードのまま前半終了。

0618 31

後半に入り、ベルギーのビルモッツ監督は選手交代で打開を図ります。まず後半開始時に14番メルテンスを投入。後半13分には、アルジェリアの守備に阻まれて仕事をさせてもらえなかったエース格の9番ルカクを下げ、17番オリギと交代。

そのオリギに大チャンス到来。後半20分、攻め上がって前がかりになってたアルジェリアの隙をついてベルギーのカウンター(だから言わんこっちゃない…)。オリギがキーパーと1対1になるも、アルジェリアGKエンボリがスーパーセーブでシュートを止めた

このシーンを見て、アルジェリアこの流れで勝つな、と私は思った。徐々にベルギーがアルジェリアの守備を崩しつつあったけど、勢いはアルジェリアにあったし。運も味方につけて、これは金星あるぞ、と。

0618 25

ここでようやく出てきた。3人目の交代選手として長身アフロの8番フェライニが入り、数分後にいきなり結果出しました

0618 26

後半24分、アルジェリア守備陣の中にスルスルと忍び込んだフェライニ、味方が上げた絶妙クロスに合わせてジャンプ。頭一つ抜けてたヘディングが後方のゴールに流し込まれ、やっとベルギー同点。数分前にスーパーセーブを見せたエンボリも止められなかった。

0618 27

「この試合でも監督の采配がズバリ的中!」とアナウンサー絶叫してたけど、なんでフェライニ先発させなかったんかなーとは思いましたね。確かに交代選手がすぐ結果残したから采配的中で間違いはないんだけど。手の内隠したかったとか? それはないよなー。

同点になったことでアルジェリアは戦術をどうするか注目してました。このまま同点で勝ち点1を取りに行く引き分け策か、それともあくまで勝利を目指して攻撃に転じるか。

残り時間は20分ほどある。引き分けは消極的ではあるけれど、それまでの守備戦術が結構ハマってたし、これは引き分け狙いでもイイんじゃなかろうかと私は思ったけど、アルジェリアは攻め始めました。今大会、引き分け試合がとても少ないのは、グループリーグでもみんな勝ちを獲りに行ってるんですよね。だから見ていて面白い。

ただ、攻めるってことは守備のリスクを増やすってことにもなるわけで。

0618 28

後方34分、アルジェリアの攻撃を防いだベルギーがボールを奪って逆襲のカウンター。10番アザールがドリブルで突進し、14番メルテンスにスルーパス。メルテンスが見事に決めてベルギーが遂に逆転。

0618 29

同点ゴールを決めたフェライニと同じく、逆転ゴールを決めたメルテンスも途中出場の選手。これはもう采配的中ってことですね。今大会、交代選手の大活躍が多いのも特徴的。選手層が厚いチームは強いってことでもありますね。

終わってみればベルギーが順当に勝利なんですけど、アルジェリア惜しかったな〜。

【試合結果】
○ベルギー 2 – 1 アルジェリア●

【得点】
(アルジェリア)フェグリ(前半25分)
(ベルギー)フェライニ(後半25分)
(ベルギー)メルテンス(後半35分)

グループH ロシア vs 韓国

0618 41
via:FIFA.com

グループHのもう1試合、ロシアと韓国の闘いは全体を通して重苦しい試合でした

試合前にTBSが「冬季五輪の借りをW杯で返すか」みたいな全く関係もなく心底どーでもいい煽りを入れやがってムカついたんですけど、重苦しかったのはそれとは関係ありません。

どっちかというと効率良く攻めてたのは韓国でした。PA内に何度も侵入し、あわや!という場面も作ってましたが、フィニッシュの精度が低くて得点が入らない。

かたやロシアは、昔からの伝統的な戦術なんですかね。ひたっすらミドルばっかり打ってる。韓国の守備はそれほど悪くなかったから、確かにPA内に攻め込むのが難しい局面もあったんですけど、そうではなくPA内に入れば決まる!って場面でもPA外からミドルシュート打っちゃう。そして外す。セッカチなの?

前半終わって両チーム無得点。後半も20分過ぎまでずーっと同じような展開が続いてたので、これはスコアレスドローかなとも思ってたのですが、さらに試合を重苦しくさせる出来事が発生

0618 42

後半22分、ロシアからボールを奪った韓国のカウンター攻撃。韓国11番イ・グノがPAエリア外からミドルシュート。

0618 46

ボールはGKアキンフェエフの正面に。キャッチしようとしたアキンフェエフ、まさかまさかのファンブル。はじいたボールは後ろに飛び、ゴールラインを割っちゃった。韓国選手もビックリの展開で、韓国先制。

0618 43

信じられないミスで失点してしまったアキンフェエフ、その後に何度も国際映像で顔のアップが映し出されてたんですけど、完全に心が病んでました。落ち込むのは分かるけど、そこまでヘコまんでも…。

0618 44

失点の6分後、後半28分。PAの外からミドルばっかり打ってたロシアが久々にPAの中でチャンス到来。ロシア10番ジャゴエフのシュートを韓国GKが止め、DFがクリアしたけどロシア22番イェシュチェンコのお腹にボコッと激突。そのこぼれ球を11番ケルザコフが蹴り込み、ラッキーな同点。

0618 45

味方GKのミスを帳消しにしてあげる同点ゴールにロシア選手たちの喜びが爆発。でもGKアキンフェエフの表情は…いや、何も言うまい。

残り15分。もしかしてロシアが逆転勝ちしちゃうのか?また逆転劇か?と期待しながら見てましたが、1つ大切なことを忘れてました。ロシアが暑さに強いわけない

暑さと疲れのせいか、ロシア選手たちの足は完全に止まってしまい、チャンスでも全然攻撃にいけない。終盤に両チーム1つか2つくらい大きなチャンスがあったけどモノに出来ず、そのまま同点で試合終了。

ロシアGKアキンフェエフの失点はおそらく今大会の珍場面として記録されちゃうんでしょうけど、気を取り直して頑張って欲しいな。っていうか、頑張らないとアルジェリアに持って行かれてしまうぞ。

【試合結果】
△ロシア 1 – 1 韓国△

【得点】
(韓国)イ・グノ(後半23分)
(ロシア)ケルジャコフ(後半29分)

7日目の見どころ

グループAはカメルーンvsクロアチア戦。ブラジルとメキシコが今日の直接対決でそれぞれ勝ち点を4に伸ばしたため、この試合の敗者は予選敗退が決まってしまいます。

グループBはオランダvsオーストラリア戦と、スペインvsチリ戦。引き分けでも予選突破が近付くオランダに対し、初戦で大敗したスペインはチリに勝っておかないと相当厳しくなります。

以上、6日目の試合レビューでした。

【ブラジルW杯関連エントリー】

[Я][ブラジルW杯]議論の的はネイマールでもオスカルでもなく西村さん[6/13]
[Я][ブラジルW杯]前回王者スペインの5失点は誰も予想できなかったよね[6/14]
[Я][ブラジルW杯]初戦の日本は何が狂い、何を狂わせられたのか[6/15]
[Я][ブラジルW杯]メッシ目覚めの兆候、他の2試合は壮絶だった[6/16]
[Я][ブラジルW杯]納得のドイツ快勝、ポルトガルはヤバイかもしれない[6/17]
◆[Я][ブラジルW杯]ネイマールが泣き、そして名良橋は壊れた[6/18]
[Я][ブラジルW杯]あのオランダまでも直撃を喰らった逆転劇の嵐[6/19]
[Я][ブラジルW杯]ウルグアイのスアレスがマジハンパないって![6/20]
[Я][ブラジルW杯]我々はコスタリカを過小評価し過ぎていた[6/21]
[Я][ブラジルW杯]ドイツ・クローゼ、サッカー史に残る輝かしき着地失敗[6/22]
[Я][ブラジルW杯]クリスティアーノ・ロナウド、笑顔なきミラクルアシスト[6/23]
[Я][ブラジルW杯]ネイマール、ブラジル国民の期待を背負って決勝Tへ[6/24]
[Я][ブラジルW杯]今だからこそ言いたい、香川真司や下の世代に期待すること[6/25]
[Я][ブラジルW杯]いよいよメッシがワールドカップで暴れ始めたぞ[6/26]
[Я][ブラジルW杯]10人で戦い抜いたベルギー選手たちにアッパレ![6/27]
[Я]データで振り返る2014W杯ブラジル大会グループリーグ結果あれこれ
[Я][ブラジルW杯]勝者も敗者も泣いたブラジルvsチリ戦フルタイムの死闘[6/29]
[Я][ブラジルW杯]スナイデルの復活劇的弾はとても嬉しかった[6/30]
[Я][ブラジルW杯]ドイツのゲルマン魂、その神髄を見た気がした[7/1]
[Я][ブラジルW杯]メッシ頼みからアルゼンチンは脱却できないと厳しい[7/2]
[Я][ブラジルW杯]ネイマール骨折に思う主審のゲームコントロール能力[7/5]
[Я][ブラジルW杯]優位なはずのコスタリカに仕掛けたオランダ監督の逆心理戦[7/6]
[Я][ブラジルW杯]ベロオリゾンテ・ミネイロンの悲劇はなぜ起こったのか[7/9]
[Я][ブラジルW杯]だからPK戦ってのはヤラないと分からんのですよ[7/10]
[Я][ブラジルW杯]欠けてたのは運、サブメンバー、そしてネイマール[7/13]
[Я][ブラジルW杯]組織力のドイツ、メッシを封じ南米大会を制す[7/14]
[Я]【ブラジルW杯】記憶に残るスーパーゴール集ベスト20

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします