雨の港で私の目の前に広がっていた風景【大阪旅行その5:南港編】

スポンサーリンク

ニュートラムを初体験

→大阪旅行その4:新世界編からの続き

IMG_1105

↑地下鉄・四つ橋線の大国町駅から、住之江公園方面行きの地下鉄に乗車。

CIMG4235

↑午後1時30分、終点の住之江公園駅に到着。大国町駅から5駅で、所要時間は12分。

地下鉄から、今度はニュートラムに乗り換える。駅の地下通路をニュートラムのホームに向かって歩く。

ニュートラムは、正式名称が「大阪市中量軌道南港ポートタウン線」というらしく、案内表示では「南港ポートタウン線」と書かれているらしいのだが、車内アナウンスはニュートラムという愛称を使っていたりする。

ニュートラムの線路は地上よりも高い場所に建設されている。雰囲気としては北九州市にあるモノレールと一緒。

大阪旅日記の第2弾:長居編で書いたのだが、今回の旅行で「エンジョイエコカード」というフリーパスを購入した。

このフリーパス、平日800円で、大阪市街地を走るすべての「地下鉄」「市営バス」そして「ニュートラム」が一日乗り放題になる。

せっかく乗り放題なんだから乗るしかないでしょー、と考えた私は事前プランの段階で「ニュートラムに乗って南港エリアに行く」という予定を組み込んだ。ガイドブックにも南港エリアの散策ルートが紹介されていたので。

CIMG4237

↑地上より高い線路なので、当然ながら乗り降りのホームも地上より高い。長い長いエスカレーターを上る。

CIMG4238

↑ニュートラムが到着したので中に入る。私は先頭に並んでいたので、上の写真ではほとんど乗客がいないけれど、この後に続々と乗客が増えてほぼ満員になった。

反対側の窓の下方に競艇場の「住之江ボートレース場」が見えた。駅のすぐ真ん前にあるのか。昔、和歌山に住んでた頃にテレビCMでよく流れてたから名前は覚えている。

住之江競艇場の写真を撮りたかったけど、前述の通り満員になってしまい、席を立つと座れなくなりそうなので、あきらめた。

日本第3位の高さを誇るコスモタワー

CIMG4239

↑午後1時50分、ニュートラムの「トレードセンター前」駅に到着。住之江公園駅から8駅で、所要時間は17分。

CIMG4241

↑改札口を抜けて右方向に行き、いったん道路の向こう側、屋根のない場所に出る。

CIMG4242

↑南港に来た目的の一つは、この写真を撮るため。ガイドブックには「WTCコスモタワー」と書かれていたが、2010年6月から正式名称が「大阪府咲洲庁舎」となっているらしい。

ちなみに最初の名称は「大阪ワールドトレードセンタービルディング」で、略称が「WTC」。現在も「コスモタワー」が愛称らしいから、この記事ではコスモタワーで通す。

http://www.wtc-cosmotower.com/
COSMO TOWER コスモタワー*
大阪市住之江区南港北1丁目14-16
06-6615-6055
展望台営業時間13:00~22:00
(土日祝は11:00~22:00)

コスモタワーは2012年4月現在、高層ビルディングとしては日本で3番目に高い256.0メートル。ちなみに1位が「横浜ランドマークタワー」の296.3メートル。2位が大阪・泉佐野市の「りんくうゲートタワービル」で256.1メートル。

時間の余裕があれば、地上252メートルの高さにある展望台に上って大阪市街地を一望するというプランもあったのだが、今回は当然ながらそんな余裕もない(そんな余裕があれば通天閣にも上ってる)。しかも今回は大雨だったので、もし上ったとしてもあまり良い眺望は期待できなかっただろうな。

CIMG4243

↑ちょうどニュートラムが駅に到着し、ホームに停車。車両が「ティッシュの箱」に見える。

CIMG4244

駅の向こう側にそびえる大きな建物。「ATC」と書かれているが、正式名称は「アジア太平洋トレードセンター」。1994年に開業した大規模複合施設。

http://www.atc-co.com/index.php
ATC(アジア太平洋トレードセンター)*
大阪市住之江区南港北2丁目1-10
06-6615-5230
CIMG4245

↑歩道橋から見た駅前の交差点。向こう側には海があるのだけど、天気が悪いのでウッスラしか写ってない。下にある横断歩道は後で渡ることになる。

CIMG4246   CIMG4247

↑駅とATCの入口は連絡路で直結している。

CIMG4248

↑入口を入ってすぐの風景。

CIMG4251

↑駅とは反対側になるATCの外側に出てみた。

CIMG4249

↑フェリー乗り場。フェリーが停泊していた。

CIMG4252

↑ガイドブックには「南国ムードが味わえる」と書かれていた一角。大雨だったので、まさに「熱帯地方のスコール」を味わったような気分。

CIMG4253

↑海沿いで風が強いせいもあるのか、ここの桜はほぼ散ってしまってた。

CIMG4254   CIMG4255

↑ATCを出て連絡路を戻り、今度は海側への連絡路を進む。

思わぬ足止めでパニクる

CIMG4257

↑駅の階段を下りる途中で、丸い建造物が見えた。「大阪市立海洋博物館・なにわの海の時空館」という、海に浮かんでるドーム型の施設。すぐ前まで行って写真を撮る予定だったが、時間の余裕がなくて断念。

CIMG4258

↑ニュートラムの線路をくぐり、横断歩道を渡る(さっき上から写真で撮った横断歩道がココ)。

CIMG4261

↑海沿いの歩道に向かおうと進んでいたら、突然「通行止め」の看板。

はあ~? 駅はともかく、海沿いの歩道も行かれなくなっちゃってんの? 徒歩では行けないのか? どうすればいいのだ? ちょっとパニクった。

直進が無理なら、こっちに行くしかないのか、ってことで右折。

CIMG4262   CIMG4263

↑右折して少し進んだところにあった大阪入国管理局。

CIMG4265

↑これは商業施設じゃなくてマンションみたいだけど、高いなあー。

ゆー、えーす、じぇーい?

CIMG4266

↑なんだかんだと適当に進んでいたら、ニュートラムの終点「コスモスクエア駅」になんとか到着。

CIMG4267

↑駅の改札に向かうと、そのまま直進して海沿いに行ける歩道橋があった。時空館のドームが向こうに見えている。

CIMG4270

ようやく海沿いの歩道に着いた。それはいいけど、なんだこの「景色の薄さ」はw

CIMG4269

↑ガイドブックと同じ場所から、同じ角度で撮影してみたけど、ぜんっぜん違うやんw 雨が強すぎてかすんでしまってる。

CIMG4268

↑船が一隻。それだけ。なんっちゅう殺風景よ。

CIMG4271

↑方角的に、こっちはUSJが見えるらしいんだけど、なんも見えねえーw

前回の新世界編に登場した今宮戎神社の辺りから雨足が強くなってきた大阪地方。ここ南港の時点で最初のピークが来た。あまりに雨が強いので、好き好んで海沿いの歩道に出てる人なんて私以外に数人くらいしかいなかった。そりゃそうだよ。

全身ズブ濡れになりながら、とりあえず「南港の海沿いに来た」という実績と写真をゲットして、疲れた足取りでコスモスクエア駅に戻る。

CIMG4272

↑ようやく雨に濡れない屋根のある場所に来た。コスモスクエア駅から、ニュートラムではなく今度は地下鉄の中央線に乗る。

余談・気付いたこと・感じたこと

◆本文中で少し触れたが、事前プランでは「コスモタワーのすぐ近くまで行って写真撮影」「ATCを端から端まで歩いてみる」「時空館の近くまで行って写真撮影」などを予定していたが、すべて現場での判断により削った。時間がなかった。

◆上記の通り予定を幾つも削って時間短縮しようとしたが、予想外の行き止まりがあったり、雨が強すぎて歩くのが遅くなったり、海沿いの写真撮影にも手間取って、この時点で事前プランより15分遅れと、さらに遅れが拡大してしまった。

大阪旅行その6:天保山編に続く→
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :
TAG :