2年ぶりの粕屋町バラまつり、麗しの薔薇は開花が少し遅れ気味ながらも鮮やか【Walk長者原】

スポンサーリンク

2年ぶりの長者原

JR長者原駅南口

▲ 今回のスタート&ゴール地点、JR長者原駅。読みは「ちょうじゃばる」。

粕屋バラまつり」とタイアップして毎年この時期に開催されている長者原のウォーキング大会。ウォーキングを始めた2011年から度々参加しているのだが、昨年は参加できなかった。

というわけで懐かしの長者原。2年ぶりにやって来た。コースマップがなくても歩ける程度には道を覚えている。

JR長者原駅

▲ 受付開始の20分前に来たのだが、やっぱり今回も行列が出来ていた。それでも随分前の方。最終的に行列がどのくらい長くなったかは(後ろを確認していないので)知らない。

JR長者原駅

▲ 受付を済ませてスタート。右上に見えるのはJR長者原駅、香椎線のホーム。

何を言ったところで守らない人は守らない

粕屋町役場

粕屋町役場(糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目)。敷地内の花壇にバラが美しく咲いている。

駕与丁公園の歩道橋下

▲ いつもなら歩道橋を渡って駕与丁公園に入っていくコース設定なのだが今回は渡らず。歩道橋の横にある階段を下りて県道24号線を南下する。

JR香椎線

▲ JR香椎線の踏切を渡る。

九州酢造

▲ 1km通過。九州酢造(糟屋郡粕屋町酒殿)。

店舗前には信号も横断歩道もないのだが、慌てるでもなく悠々と(それなりに車の往来がある道路なのにもかかわらず)道路を横断していくウォーキング参加者が約10名。

その歩行者横断を予測していたのか、店舗前には警備員が立っており、「危ないですよ!」と注意しているのだが、注意された後でも渡ってる輩がいる。マナー完全無視。「他の人も渡ってるからいいやんけ」って感じなのだろう。

主催社側が悪質マナー違反の参加者を写真撮るなりして記録し、警告しても改善しないなら以後の大会参加を禁止するなどの措置を取らない限り、あの人たちの暴挙は直らない。いつか大きな事故の原因になるよ。

壊れた橋は撤去されていた

JR酒殿駅付近

▲ 田園の中を進む。田園の先にはJR香椎線の酒殿駅がある。

JR香椎線

▲ JR香椎線の高架をくぐる。

駕与丁公園

▲ 2km通過。駕与丁公園(読みは「かよいちょう」)の遊歩道に入る。2年ぶり。

駕与丁公園の壊れた橋

▲ 前回歩いた2年前(2015年5月)、台風のせいか大雨のせいかは忘れたが、駕与丁池に架かる2つの大きな橋のうち1つが壊れてしまっていた。前回の長者原ウォークエントリーで写真も載せている。

あの橋はどうなったんだろうと思っていたが、今回確認したら橋は撤去されており、橋桁だけが残されていた。もう1回橋を架けるんだろうか。

駕与丁公園の遊歩道

▲ 駕与丁池の外周に沿った遊歩道を進む。

駕与丁池

▲ 池の中洲にはバラ祭り会場となる展望公園。

2017年のバラ祭りをご覧あれ!

バラ園前の展望丘

▲ 3km通過。展望公園に到着。バラ園の手前に展望丘が設置されていた。

駕与丁公園バラ園

▲ 展望丘の頂上から見たバラ園。ふむ。

駕与丁公園バラ園

▲ バラ園の入口ゲート。ここ以外の場所からでもバラ園に入ることは出来るのだが、毎回必ずこのゲートをくぐって中に入る。そうしないと気持ちが悪い。

駕与丁公園バラ祭り

▲ それでは2017年のバラをご覧あれ。

駕与丁公園バラ祭り

駕与丁公園バラ祭り

駕与丁公園バラ祭り

駕与丁公園バラ祭り

駕与丁公園バラ祭り

▲ 比較的咲いている場所を中心に撮ってみたが、全体的に見ると開花は遅い。今年は桜の開花が異様に遅かったが、他の花々も同様に遅いのかもしれない。

駕与丁公園バラ祭り

▲ 「粕屋町バラまつり」会場。まだ朝早いので人もほとんどいない。

粕屋町バラまつり

▲ マリオは今年もいた。偉いね。

粕屋町バラまつり特設ステージ

▲ 特設ステージ。過去にはバンドがリハーサル演奏していたことも、マイクの音声チェックでノリノリだったこともあったが、今回は誰もいなかった。

駕与丁大橋

▲ 駕与丁公園で最長の橋、駕与丁大橋を渡って北に進む。

駕与丁池

▲ もう1つの橋は前述した通り撤去されている。

駕与丁池

▲ 駕与丁池の中に何やら魔物が棲んでいる。道行く人々が「なにあれ!」と驚きながら眺めていた。

駕与丁公園のカッシーを誰も知らないのか。私も知らない。

粕屋ドーム

粕屋ドーム(粕屋町総合体育館)。

いつもなら粕屋ドームの前を右折して住宅街に入っていくコース設定なのだが、今回は粕屋ドームを左折するコース設定。ちょっとヒネってきた。ヒネるの大歓迎。

駕与丁公園

▲ 大きな池を巧みに利用して造られた駕与丁公園はいつ来ても美しい。歩くのも楽しいし、大好きな公園である。

駕与丁公園の歩道橋

▲ スタート直後には渡らなかった駕与丁公園前の歩道橋。いつもとは逆方向に渡る。

駕与丁公園

▲ 歩道橋の上から眺める駕与丁公園も好きである。来年また来る。

「しじみチャンス」やかましいわ

粕屋町健康センター付近

▲ 4km通過。初めて歩く住宅街。

敷縄池

▲ 5km通過。敷縄池という貯水池。ここも初めて来た。歩道の木々は枝が低すぎて頭突きしそうになった。

岩崎神社

▲ 途中から毎回歩いてる馴染みのコース(住宅街)に合流。その住宅街を抜けて森の中。岩崎神社に向かう。

JR福北ゆたか線

▲ 岩崎神社の階段を下りて、JR福北ゆたか線の歩行者専用踏切を渡る。単線区間なので線路が1本しかない。

光酒造

▲ 6km通過。光酒造(糟屋郡粕屋町長者原6丁目)。お酒好きな人はここで試飲が楽しめる。下戸な私はスルー。

ピソリーノ

▲ ここ、2年前は某丸亀のうどん屋さんだったと記憶しているのだが、いつの間にかイタリアのパスタ屋さんに変貌している。

JR長者原駅北口

▲ JR長者原駅に戻ってきた。ここでゴール。

余談だが、酔っ払い気味のオジサンが「何に効くんですか?」とセリフ棒読みして黒い錠剤飲んだら翌日に「もりもり〜スッキリ!」とまた棒読みして喜んでる初回2箱無料の某しじみCMでロケ地になったのはココだ。上の写真の撮影位置で棒読みしている。

Walk長者原コースマップ

▲ 歩行時間は1時間18分。歩行距離は6.72km。

2年ぶりの長者原ウォーク。この2年の間にうどん屋がパスタ屋になり、しじみCMをテレビで見て「ここ長者原駅じゃねえかよ!」と気付いた。

それでも駕与丁公園が変わらず綺麗でいてくれれば私は満足なのである。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします