360度一面に広がる菜の花畑をTHETAで撮ってきた【Walk古賀】

スポンサーリンク

2016年初戦から1ヶ月経っちゃった

JR古賀駅

▲ 今回のスタート地点、JR古賀駅。どの位置からどんな風に駅舎を撮影すればいいか、毎回悩む駅である。

2月末に初戦の飯塚ウォークを歩いた2016年のウォーキング大会。その後開催自体があんまりなくて、今回まで約1ヶ月開いてしまった。例によって運動不足なのである。

古賀市駅東3丁目近辺

▲ 大会の受付開始時刻に遅刻したわけでもないのに、なんだかスゴい数の参加者が前を歩いてた。駅前の歩道を大群衆が進む。

ニビシ醤油本社工場

▲ ニビシ醤油の本社工場。漫才コンビ「博多華丸大吉」の大吉(=古賀市出身)が「本社、うちの街にあるんですよ」と先日福岡ローカル番組で言ってた。

歩行者専用トンネル

▲ 国道3号線の下に造られた歩行者専用トンネル。天井が低く、身を屈めながら前進する身長183センチの私。

桜が咲き始めている

大根川

▲ トンネルをくぐると市街地の風景が一変、のどかな景色になる。大根川の斜面に黄色の菜の花が広がっている。

大根川沿いの桜

▲ 2016年、全国最速で3月19日に桜の開花宣言を出した福岡(例年より4日早く、昨年より3日早い)。大根川沿いの道に連なってた桜の木々の一部が、小さいながらも花を咲かせ始めていた。

大根川沿いの桜

▲ 「暖冬なんて言いやがったの誰だよ」と文句言いたくなるほど寒い日が続いた福岡地方も、最近はようやく気温が高くなってきた。これは来週あたり一気に桜が満開になっちゃうのかも。

弘法大師像

▲ 弘法大師像(古賀市筵内)。毎回モロ逆光なので、どう写真を撮ればいいかとても悩む。古賀市ってそんなんばっかりや。

須賀神社

▲ 須賀神社(古賀市筵内)。樹齢400年の大楠が鳥居横にそびえている。大好きなパワースポットの一つ。

谿雲寺

▲ 谿雲寺(古賀市筵内)。「けいうんじ」と読む。

熊野神社

▲ 熊野神社(古賀市筵内)。

熊野神社の階段

昨年3月の古賀ウォークでは体力に余裕があったので境内まで上りきった「250段の階段」。今回は運動不足のため「上ったら死ぬ」との判断により、5段だけ上ってUターン。

THETAで絶対撮ると決めてた風景

なの花祭り会場

▲ 「なの花祭り」会場に到着。前日の雨がウソのように晴れ渡り、惚れ惚れするほど美しい風景。

広大な菜の花畑

▲ 360度グルリと黄色の菜の花が咲き誇っている。これで何回目の見物になるのだろう、3月のウォーキング大会で最も楽しみな訪問地になった。

「360度グルリ」といえば、THETAの出番である。パノラマ写真を撮ってきた。

Post from RICOH THETA. – Spherical Image – RICOH THETA

昨年末にTHETAを貸して頂いた際、「THETAで撮影してみたい風景」として真っ先に思い浮かんだのが「古賀の菜の花畑」だった。念願叶って嬉しい。

なの花祭り会場

▲ お祭り会場には特設テントが幾つも建てられていた。例年、この時間帯はあんまり人がいないのだけど(テントが建設中だった年もあった)、今年は祭りの開始時刻が早くなったのか、テントで物産品などを販売しており賑わっていた。

菜の花

▲ 付近に駐車スペースがないので、車での来場が困難な場所ではあるのだけど、ここの360度菜の花畑は一見の価値あり。お祭りが終わってもしばらく菜の花は咲いてるはずなので近隣の方々は是非お立ち寄りを。

菜の花通り

▲ 菜の花畑に挟まれた道は「菜の花通り」と命名されてるらしい。

菜の花通り

▲ 菜の花畑が終わると普通の田園風景。これはこれでホノボノしてて良い。

古賀市庄近辺

▲ 田園風景から市街地へと進む。

古賀市役所

▲ 古賀市役所。

JR古賀駅

▲ JR古賀駅。ここでゴール。

参加記念として昨年に続き「黒米」というお米をいただいた。白米に少し混ぜて炊くと赤飯のようになってメッチャ美味しいのだ。家族にも好評だった黒米、再び我が家の夕食で登場することになるだろう。想像したら腹減った。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

Walk古賀コースマップ

歩行時間は1時間32分。歩行距離は8.16km。

1ヶ月ぶりのウォーキング大会にもかかわらず、スタートから全力で高速歩行したせいもあり、帰宅してから両脚が筋肉痛になってしまった。あと何回か大会に参加すれば脚も慣れてくるだろう。

季節は春。ウォーキング大会の開催数もどんどん増えてくる。今年もいろんな景色を楽しもう。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします