[Я]いろんな人に覚えられちゃってるんだなと悟る【ウォーク田川伊田編】

スポンサーリンク

やたらと田川方面ばっかり歩いてる2014年

CIMG1943

↑ JR田川伊田駅。先月末の平成筑豊鉄道ウォークで来て以来。

2013年は1回も歩かなかった田川エリアなのに、今年はもう何度目だ? かなり歩いてる。

CIMG1945

↑ 駅のすぐ横にある地下道をくぐって線路の反対側へ。

CIMG1946

↑ 石炭記念公園。ここに初めて来たのは2年前の5月に参加したウォーキング大会。上の写真とほぼ同じ構図の写真を当時も撮ったのだけど、2年前は土のグラウンドだった。現在は綺麗に整備されてる。

CIMG1947

↑ 炭坑節の歌詞に出てくる二本煙突。

CIMG1949

↑ 公園内にはフォトジェニックな被写体モニュメントが多数あるのだけど、2年前に全部撮ったので今回はスルー。

2年前と全く同じ上り坂地獄

CIMG1950

↑ 白鳥神社の鳥居。

CIMG1951

↑ 成道寺公園へと続く上り坂の始まり。ああー、こんな道もあったなぁと思い出す。

CIMG1952

↑ 成道寺。(田川市白鳥町)

CIMG1954

↑ 上半分をスパーンと斬り落とされた外見の香春岳。今回はかすんでて良く見えなかった。

CIMG1955

↑ アップダウンが連続する工業エリアに入る。遙か前方に筒状の建築物。今からあそこまで歩かなければならない。今回は2年前と全く同じコース設定だったので、見覚えのある景色が見えると距離感が分かる。

CIMG1958

↑ とにかく上り坂だらけのコース設定。下り坂や平坦な道でホッとして気を抜くと、またすぐやって来る上り坂で心を折られてしまう。2年前はそのせいで精神的に疲れ切ったが、今回は免疫ついてるので大丈夫。1回経験している強み。

CIMG1959

↑ 田川市民プール。(田川市伊田町)

CIMG1961

↑ 田川総合運動公園の青いすべり台が前方に見えてきた。あそこが今回のコースで最も標高の高い場所。

CIMG1962

↑ 総合運動公園では子供たちがサッカーの試合中。

CIMG1963

↑ グラウンドに沿って歩く。

CIMG1965

↑ 数km前からずっと見えてた筒状の建築物。ようやく辿り着く。

CIMG1967

↑ 運動公園から市道へと下りる階段。これはこれで古傷のヒザとカカトに衝撃が来るのでツライ。

CIMG1968

↑ 階段が終わると再び上り坂。「まだ上るんかい!」と2年前にムカついたところ。

どこかで足を捻挫してた

CIMG1969

↑ 大浦池。(田川市奈良)

CIMG1971

↑ 団地群の中をしばらく歩く。

CIMG1973

↑ 丸山公園までの坂を上り切り、道が下り始める。長かった上り坂地獄がようやく終わった。今回も気温は朝から25度超え。暑さと坂の連続でバテまくった。

この坂を下りてる途中で、左足首を捻挫してることに気付いた。少し前から違和感はあったけど、この坂付近で痛みが気になりだした。ゴールまで問題なく歩けたのだけど、これを書いてる今もちょっと痛い。

CIMG1974

↑ 捻挫が気になり始めたのでスピードを落とす。今年何回も歩いてる日田彦山線の上を通過。

CIMG1975

↑ 後藤寺商店街(上本町商店街)に入る。ここのアーケード、けっこう長い。

CIMG1976

↑ アーケードの終点。ここを右折すればゴールはすぐ。

CIMG1977

↑ 2年前はアーケードを出て右折だったが、今回は直進だった。サンシャイン通りという小道を歩く。

どうやらこの先に春日神社ってのがあって、神幸祭というイベントが開催されてたらしいのだけど、私が行った時は何もなかったので写真も撮らずにUターンした。

CIMG1978

↑ JR田川後藤寺駅に到着。

CIMG1979

↑ 駅舎のすぐ隣りにはお祭りの特設ステージができていた。

IMG 4351

↑ 歩行時間は1時間32分。歩行距離は9.25km。

余談。

今回、二人の人に話しかけられた。どちらも知らない人。

一人目は私と同じ年代くらいの女性。地元の人らしく、他の女性と立ち話をしてた横をすり抜ける際、「今日も速いですね〜」と声をかけられた。今日「も」?

電車の時刻が気になってたので、それほど会話することもなく私は去ったのだけど、聞けばその人もウォーキング大会にはよく参加してるらしくて、私のこともよく見ますよ、と。いつもシャーって追い抜かれるから覚えてるんだって。

二人目はウォーキングに参加してた60代くらいの男性。たぶん私よりも先にゴールしてた。1回だけ追い抜いた記憶があるけど、写真を撮影する度に私は立ち止まるので、その際に再び追い抜かれたのも覚えてる。

すごく高速で歩く人だったので、ペースメーカーとして利用させてもらい終盤まで同じペースで歩いてたのだけど、最後に足首の捻挫が痛み始めたのでペースを落とし、男性はアッという間に見えなくなった。

田川後藤寺駅で切符を買い、ホームに行くとその男性がいて、私の横に来てニヤリと笑いながら、「あいかわらず速いですなー!」と声をかけられた。

この前●●のウォーキング大会(早口だったので聞き取れなかった)の時もシャーっと追い抜いてったけど今日も速かったねーと言われ、うわっ覚えられてるのか、と狼狽。

っていうか私に言わせりゃアナタの方が遙かに速いっちゅうねん。その旨を伝えると「フフフフ」と笑ってらっしゃったけど。

普段ウォーキング大会で知らない人に話しかけられるなんてことは全くないし、常に一人で歩いてるから、今回いきなり二人から「アナタ知ってますよ」みたいに言われて驚いた。

その話を帰宅して嫁に伝えたら、ウンウンと頷きながら言われた。「絶対に目立ってると思うよ。覚えやすい特徴ばっかりやし」

身長も高く、歩き方も独特、格好もウォーキングする人っぽくないし(=運動するような服装ではないという意味)、これまた覚えやすい特徴のリュックを背負ってる。そんだけ個性あったら毎回参加してる人は大勢覚えてるよ、って。

覚えられるのは別にいいし、声をかけられるのも全然構わないんだけど、少々こっ恥ずかしい。うちのブログの名前とURLを背中に書いて歩いてたら広告効果けっこうあったりして? いや、そんな度胸はない。

skitched-20140524-01

今回のウォーキングコース地図

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします