ウォーキング長者原編:綺麗な公園を持つと街の印象は変わる

今回は三人で参戦

前回の「海ノ中道編」は家族4人で参加したのだが、今回の「長者原編」は一番下の次女と嫁、そして私の3人で参加。

JR長者原駅

JR長者原駅。来るのは初めて。福岡ではよくある地名の読み方なのだが、最後は「はら」でなく「ばる」で、「ちょうじゃばる」と読む。

駅の横に立つ案内板

スタート地点にあった案内板。

粕屋町役場

少し歩くと出現した謎の建物。コースマップを調べたら「粕屋町役場」と書いている。綺麗な役場。

粕屋町役場正面

こっちが役場の正面玄関になるのかな?

サンレイクかすや

役場の道をはさんで反対側に建っていた「サンレイクかすや」という建物。多目的ホールなのかな?

「初めて訪れる街」ではなかった

「粕屋町役場前」交差点を右折して南下すると、左側に雄大な景色が広がり始める。

駕与丁公園のドーム

まるで湖のように大きな池と、畔にそびえる白く丸いドーム型の建物。この景色、見覚えあるな~と記憶をたどって思い出した。

一年前に会社の人たちと出張で移動中、この池の前を車で走った。独特の風景なので間違いない。

初めて訪れた街のつもりだったけど、そうではなかったのか。不思議なもんだなぁ。

駕与丁公園の遊歩道

池に沿う形で遊歩道が伸びる。小さな神社の下を、池を眺めながら歩く。

駕与丁公園の池に架かる橋

公園の名前は、駕与丁公園というんだって。

読めない。

かよいちょう」と読むんだそうです。

嫁と娘を連れてきた最大の理由

公園の中心部に到着。「展望広場」とコースマップには書かれている。

駕与丁公園バラ園

この日は駕与丁公園のバラ祭りが開催されていた。今回、嫁と娘を連れてきた最大の理由がこのバラ祭り。

ただ、「海ノ中道編」でも書いたのだけど、2011年初旬はとても寒かったため、どの花も開花時期が例年より遅れてる傾向が見受けられた。このバラ祭りも例外ではなく、やっぱりまだ七分咲きくらいの印象。

駕与丁公園のバラ祭り

あと1週間待てば最高の状態だったのかも。

バラのトンネル

この「バラのトンネル」にしても、満開であれば感動するだろうなあと妄想はふくらんだけども、実際は緑の葉っぱが大半。残念。

バラ祭り

七分咲きでしたが、それでも様々な色のバラが咲き乱れて、とてもキレイだった。

珍しい品種のバラ

これなんて、本当にバラ?

時計台のような展望台

バラ園のすぐ隣りには時計塔、その塔の途中までスロープが設置されている。

展望台からの景色

池、そしてドーム方向を見下ろす。

展望台の下に広がる芝生

こちらは池の反対側、広い芝の広場。子供たちの遊び場にはもってこい。

無念の途中リタイア

白いドーム(粕屋ドームというらしい)を通過し、長かった駕与丁公園コースを出て公道に戻る。コースはここから市街地に突入。

しかし、公園を出た辺りから次女が脚の痛みを訴え始め、遂には泣き始めてしまったため、リタイアせざるを得なかった。

もうちょっと長者原を歩いてみたかった。小さい子供と一緒に歩くのは難しい。

今回のコースマップ

今回のコースマップ

より大きな地図で ウォーキング:長者原編 を表示

 

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします