[Я]Fitbit Zip開封の儀:これでウォーキングが更に楽しくなりそう

スポンサーリンク

日本でも発売開始されたので購入しました

ウォーキングの際に楽しいお供となってくれそうなツールが日本でも発売開始となりました。

Fitbit Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ市、CEO & Co–Founder:ジェームズ・パーク、以下「Fitbit社」)と、ソフトバンクBB株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義、以下「ソフトバンクBB」)は、iPhoneを使って歩数や消費カロリーなどを記録・管理できるワイヤレス活動量計「fitbit zip(フィットビットジップ)」と「fitbit one(フィットビットワン)」の日本国内での販売を、2013年3月15日からSoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)取扱店およびSoftBank SELECTIONオンラインショップなどで開始します。

「fitbit」は、iPhoneやiPadとBluetooth® 4.0でワイヤレス接続することで、歩数や消費カロリー、睡眠サイクルなどの毎日のアクティビティーを手軽にチェックできる活動量計です。専用アプリやウェブサイト上の「ダッシュボード」を使って食事や体重の記録・管理ができるほか、友達を登録して活動記録をシェアすることで、楽しみながらライフスタイルの改善をサポートします。

via:米国Fitbit社とソフトバンクBB、iPhone/iPad対応ワイヤレス活動量+睡眠計「fitbit」の国内販売を開始 | ソフトバンクBB株式会社

同じような活動量計ツールで有名なものとして、「NIKE+FuelBand」というのがあります。

今年の1月に立てた年間目標で「NIKE+FuelBandを買うぞ」というのを挙げたし、現在も欲しいと思ってます。

しかし、NIKE+FuelBandはちょいとばかし値段高い。加えて、まだ日本では未発売なんですよ。現在愛用されてる方々はAmazonで輸入品を購入してらっしゃるようです。

昨年ブロガー仲間の方に実物を見せてもらって「カッコエエー!」と唸り、物欲を大いに刺激されました。日本で正式販売となり、値段がもう少しこなれて、私のナケナシの小遣いも貯まったら購入しよう、と考えてたのですが、その前に今回紹介する「Fitbit」が先手を打って日本進出。

値段もNIKE+FuelBandの3分の1くらいと安いし、これなら買えるぞ、ということで購入しました。

「One」と「Zip」の2種類あります

今回、日本で発売開始された「Fitbit」のラインナップは「One」と「Zip」の2種類あります。

安価版の「Zip」が定価5,480円。上位版の「One」が定価9,980円となってます。

上位版「One」にあって「Zip」にない機能は、

◆睡眠サイクル、夜中に起きた回数を記録する「睡眠モニター機能」がある。
◆目覚ましバイブ機能がある。
◆階段上り下りの際の段差を計測して「上った段数」を記録できる。
◆USBで充電できる。(Zipは電池交換式)

だそうです。

睡眠モニター機能に関しては別のツールで既に日々計測してるし、諸事情あって睡眠データを他人に公開したくはない。階段の昇降計測は要らない。USB充電は惹かれたけれど、Zipの電池も4~6ヶ月ほど持つとあったので、それなら問題ない。

他にも魅力的な機能が「One」に沢山あるなら購入したのですが、前述の機能差だけで4,500円の上積みは出来ないなと判断したので、今回は安価版「Zip」を買うことにしました。

私は睡眠モニター機能が不要だったので迷いませんでしたが、睡眠モニターも欲しい方は「One」を買った方がいいと思います。

なぜか最近「グリーン系」に惹かれる私

私は今回、Fitbit Zipの「ライム」というカラーを買いました。当初はグレー系にするつもりが、注文直前に気が変わってライムにしちゃいました。最近どうもグリーン系に惹かれるんですよ。なぜだろう。

カラーバリエーションは、「ライム」「ブルー(Amazon表記はミッドナイト)」「マゼンタ」「チャコール(Amazon表記はダークグレー)」と、全部で4色あります。

公式サイトにはもう1つ「ホワイト」も紹介されているのですが、日本では3月30日現在で未発売のようです。

値引き額はAmazonの方が大きくて安いのですが、楽天のソフトバンクショップで購入すると現在「楽天ポイントが10倍付与」されるキャンペーンをやってます。

普段はAmazonでばかり買い物するのですが、ご無沙汰してる間に楽天ポイントが随分貯まっているのに気付き、ポイント10倍もおいしかったので、今回は楽天で購入しました。

ショップによって価格は変動してますので、お買いになる場合は購入前に価格をご確認ください。

まずはFitbit Zip開封の儀

IMG_1216

↑我が家に到着した「Fitbit Zip」のライム。

IMG_1251

↑箱の裏面。いろいろ解説が載ってます。

IMG_1252

↑封をしてるシールが硬くてなかなか開けられなかった。箱の下側にあるフタを開けると付属品が入ってます。

IMG_1253

↑本体電池フタを開ける黒い付属品(=電池交換ツール)を取ると(これも硬いのなんのって…なかなか取れない)、下に電池が入ってました。

IMG_1248

↑左が本体で、右がクリップカバー。クリップカバーはシリコンなのかな? 柔らかいゴム状の素材で出来てます。

IMG_1249

↑最初に見て驚いたのは、サイズの小さいこと。目薬よりも小さい。

あ、目薬と比較しても分かりづらいか。

IMG_1250

↑これなら分かりやすいですね。オマエ誰だよ。

IMG_1254

↑電池交換ツールを使って本体裏の電池フタを左にヒネると開きます。

IMG_1255

↑開きました。

IMG_1256

↑電池をセットしてフタを閉じます。

IMG_1258

↑お。動きやがったな。

IMG_1257

↑クリップカバーにグニュッと押しこんでセット完了。ストレッチマンを思い出させる形状です。

上の画像は数字の左上に足跡マークが表示されてますが、これは「歩数」を表示しているようです。液晶部分をタップすると表示が

歩数 → 距離 → 消費カロリー → 顔マーク → 時計

の順で切り替わります。感度があんまり良くないのか、軽くタップすると反応しない時があります。

何も動きがないと省エネモードで表示が消えます。

IMG_1259

↑クリップカバーの後ろ。クリップを衣服やズボンに挟んで使用することになります。これ、付けてる事を忘れて服を洗濯物に出したら大変なことになるな…(それもあって目立ちやすいライムにしました)。

iPhoneとの連携

続いてiPhoneとの連携。連携させることでiPhoneアプリから様々な情報を参照したり同期させることが出来ます。

まず、SafariなどのiPhoneブラウザで「http://www.fitbit.com/setup」にアクセスします。

IMG_12641

↑セットアップ画面の上にFitbitのアプリが表示されています。まだ私はアプリをインストールしていなかったので、「表示」をタップし、AppStoreの画面に移動。

IMG_1265

↑Fitbitのアプリ(無料)をインストール。完了したらアプリを開きます。

IMG_1273

↑iPhoneのBluetoothがオフになってる時は、アプリ起動時に上のような表示が出ます。今までBluetooth機能を一度も使ったことがない私。今回が初体験。

IMG_1272

↑設定でBluetoothをオンにするとデバイス検索が始まります。でも検索中のままグルグル回り続けてる。いつまで待っても終わらないので、Fitbitアプリに戻ろう。

IMG_1274

↑アカウントは持ってないので、新規登録をタップ。「名前」「生年月日」「身長」「体重」「性別」「メールアドレス」「パスワード」を登録。

IMG_1275

↑自分のアカウントページに来たっぽいです。「設定しますか?」と聞かれてるので、「今すぐ設定」をタップ。

IMG_1286

↑機器の選択画面。私はZipをタップ。

IMG_1287

↑Zipを探し始めたようです。Zipの液晶画面が消えてると探せないようなので、動かしてZipの液晶に数値を表示させて待機。

IMG_1288

↑無事発見されたようです。良かった良かった。

IMG_1289

↑お? 番号を入力しろってか。Zipの液晶を見ればいいのね。

IMG_1280

↑おおー、これか。液晶に4ケタの数値が表示されてますよ。

IMG_1290

↑Zipの液晶に表示されてた4ケタの数値を入力し、「次へ」。

IMG_1291

↑リンク中。さっき設定アプリでBluetooth検索中がクルクル回りっぱなしだった件は、気にしなくて良さそうですね。

IMG_1292

↑設定が無事完了したようです。Bluetoothも正常に機能したってことみたいです。

Zip本体に電池を入れてから、ずーっと気になってたことの一つが「Zip本体の時刻って、どうやって合わせるんだろ」だったのですが、設定が完了した時点で本体の時刻がピッタリ合ってました。

IMG_1293

↑アプリのアカウント画面には自分の情報に加えて、同期された時点での歩数や消費カロリーなどが本体とアプリで同期されていました。あとは目標の歩数や消費カロリーなどを入力すればいいみたいです。

体重が最初に設定した数値と全然違うものに勝手に変わってたり、Twitterと連携できなかったり、アプリの挙動が少しおかしいところもありますが、ひとまずiPhoneとの同期は完了。続いてはWindowsと同期させます。

Windowsとの連携

IMG_1261

↑付属品の一つ、USBハードウェアキーをUSBポートに差し込むと、ドライバーソフトのインストールが開始されます。

screenshot_201303_058

↑終了したら、Fitbit Zipの設定ページ、「ステップ3」の欄にある「Fitbit Connect」をダウンロード後、インストール。「PC版」と「Mac版」が用意されています。

screenshot_201303_059

↑インストールが終了し、「Fitbit Connect」を起動。「新しいFitbitデバイスの設定」をクリック。

screenshot_201303_060

↑私は今回が初めてなので、左側の「FITBITを初めて使う」をクリック。

screenshot_201303_061

↑FacebookやGoogle+のアカウントでも登録できるようなので、ひとまずGoogleアカウントで登録してみることにしました。

二段階認証を設定している場合はモバイル側で発行される認証コードの入力が必要です。以下のアプリで取得したコードを登録したら上手くいきました。

Google Authenticator Google Authenticator
価格: 無料 (記事掲載時)
カテゴリ: ユーティリティ
App Storeで詳細を見る
Google Authenticatorをダウンロード

screenshot_201303_062

↑WindowsのブラウザでもFitbitの情報を参照できるようになりました。

友達を登録する

Fitbitが自宅に届いた日にTwitterでその旨をツイートしたら、ウォーキングの話題で交流させて頂いてるフォロワーさんもFitbitを使っていることが分かり、友達登録してもらえることになりました。

iPhoneで友達登録する方法が分からなかったので(現在のアプリ仕様では出来ないのかな?)、Windowsのブラウザから登録することにしました。

screenshot_201303_063

↑FitbitのWebアカウントページ(自分のアカウントでログインしている状態)に「友達」という欄があります。ここの「友達を検索」をクリック。

screenshot_201303_064

↑Facebookアカウントかメールアドレスで検索が出来るようです。

screenshot_201303_065

↑友達申請し、承認してもらえるとWebページの友達欄に一覧が表示されるようになりました。うぉースゴイ歩数。私も頑張らなきゃ。

IMG_1295

↑iPhoneアプリの側にも反映されました。

まとめ

FitbitのWebページでは、Fitbit Zipから同期した情報の他にも血圧値や心拍数が登録できて、いろいろと健康管理ができそうです。

友達と歩数や距離を競い合いつつ交流しながら楽しめるのも魅力だし、コミュニティもあったりしてSNS的な使い方も出来るみたいです。Foursquareのように記録や進捗に応じてバッジが貰えるのも面白そう。

これからウォーキングをする時は、iPhoneの計測アプリと共にFitbit Zipが必須アイテムになります。バッジ情報や歩数など、毎週更新している週報で紹介していきたいなと思ってます。

TwitterやFacebookなどで繋がってる方々、もし良ければ友達登録して頂けると大変嬉しいです。よろしくお願いしますね。

あとは、小さいから紛失したり洗濯しないことだけ気を付けよう。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
CATEGORY :