iTunes Storeの楽曲紹介リンクが正常に機能していない【追記あり】

スポンサーリンク

いつ頃から発生してたのだろう

Itunes
Itunes / fdecomite

うちのブログでは「iTunes Store」で取り扱われているiPhone/iPad/Macのアプリ、音楽アーティストの楽曲、それから映画を紹介しています。

Let It Be

↑ これは過去エントリーに掲載しているビートルズの「レット・イット・ビー」というアルバムのリンク。

アルバム画像やダウンロード用ボタンをクリックすると、iTunes Storeの当該ページが自動表示され……てたんですよ、今までは。

今日作業をしていて気付きました。表示されなくなってるんです

iTunes Store

↑ iTunesが起動されるまではいいのですが、いつもなら楽曲のダウンロードや試聴ができるページに飛ぶはずが、「New」というページに飛ぶだけ。PCでは全ての曲リンクでこの現象が発生しました。

iTunesの音楽を紹介しているブロガーの皆さん、ご自身のブログのリンクをクリックしてみてください。どうなってますか?

※私のPCではiTunes StoreのリンクをWebブラウザでクリックすると自動的にiTunesが起動されるように設定していますが、設定していない人の場合、iTunesは起動されずプレビューページだけが表示されます。

この「New」というページ、Appleに問い合わせたところ、Apple Musicのサービスが開始されてから新たに出来たページなんだそうです。

PCだと常に「New」ページしか表示されないんですけど、スマートフォンからの場合はもっとヒドい。

iTunes ミュージックのリンク

↑ 上はiPhoneのSafariで見たうちのブログ。楽曲のリンクをタップすると、

iPhoneのミュージック

↑ 見てください。真っ白。iTunes、なんで燃え尽きとんねんって話ですよ。

Apple Music

別エントリーで紹介したバグルスのアルバムリンクをiPhoneでタップすると、今度は真っ白にならずアルバムの曲リストが表示されました。

でもよく見ると、今までのiTunes Music Storeの表示とは違う。

IMG 8717

↑ 試しに検索してみようとしたところ、検索対象が「Apple Music」になってます。

つまりですね、少し前のエントリーでも書いたんですけど、1つ上で真っ白になったビートルズは現時点でApple Musicに対応してないんです。

一方、バグルスはApple Musicに対応してます。だからブログ内のリンクをクリックしても表示された。

ってことはですよ、2015年7月14日時点で次のような状態になってるんです。

◆Apple Musicに対応している楽曲リンク → Apple Musicの当該曲が表示される

◆Apple Musicに対応していない楽曲リンク → 当該曲は表示されない

ここまでの内容を読んでいただければ誰でも分かると思うのですが、Apple Musicのサービスが開始されてから諸々おかしくなってるようなのです。

これからのスマートフォンなどにおけるミュージックライフの核に「Apple Music」を位置付けたユーザーであれば、この現象でも別に問題はないのでしょう。しかし世の中にはApple Musicに全然興味がない人もいるはずで(ここにも1人います)、iTunes Storeで曲をダウンロード購入したいんだよ、という人にとって現時点でうちのブログは何のお役にも立てない状態にさせられてしまいました。

iTunesアフィリエイトの収益はゼロか?

iTunes Music Storeで楽曲を購入したいユーザーも困るんですけど、ブログやサイトでiTunesの楽曲を紹介してるブロガーやアフィリエイターも当然困るわけです。

ブログで紹介したiTunes Storeの楽曲がダウンロード購入されると収益が発生します。これがiTunes StoreではなくApple Musicの楽曲になってしまった現在、「Apple Musicだと収益がどうなるのか」は勉強不足なので把握してません。

Apple Musicに対応していない楽曲はクリックしても表示すらされないので買ってもらえるわけもなく、当然ながら収益ゼロ。

Apple Musicって現在無料期間中ですよね(3ヶ月でしたっけ)。この期間の収益がゼロになるのであれば、iTunesの全ての楽曲が現在収益ゼロだってことになる。

ちなみに今回書いてる「収益ゼロかもしれん現象」はミュージックだけで発生してます。「アプリ」と「映画」のリンクはPCからもスマートフォンからも正常に表示されました。つまりブログなど自分のページ経由でアプリや映画が購入された場合は今まで通り収益が発生します。発生しない可能性が高いのはミュージックのみ。

iTunes Storeで楽曲を買うことは出来なくなったのか?

では、ブロガーやアフィリエイターの立場ではなくユーザーの立場に戻りますが、iTunes Storeでミュージックを買うことが出来なくなったのか? というと、結論としては「今も買えます」。

iTunes Store

↑ まず、PCのiTunesで「New」の表示中、右上の検索欄から楽曲を検索しようとすると、上のスクショにあるとおり「Apple Music」を参照しにいきます。

この状態でビートルズの「レット・イット・ビー」を検索すると、

Apple Musicの検索結果

↑ ビートルズはApple Musicに対応していないので、本家のレット・イット・ビーは1曲もヒットしません。カバーばっかり。

iTunes Store検索

↑ 「New」ではなく、メニューの右端にある「iTunes Store」に切り替えてから右上の検索欄で検索しようとすると、ここでようやく「iTunes Store」を参照しにいきますので、

Let It Beの検索結果

↑ iTunes Storeでダウンロード可能な本家ビートルズのレット・イット・ビーがズラリと表示されます。

ということで、ダウンロードしたいユーザーの立場で言えば、PCのiTunes Storeで検索することにより現在もダウンロード購入が可能です。

iPhoneなどスマートフォンからのダウンロード購入に関しては、すいません、私iPhoneで買ったことがないのと、「ミュージック」アプリをいろいろ眺めてみたけど購入できるページを発見できないので不明です。スマホからは購入できないのか?

「Link Maker」もおかしな事になってる

さて、今度はブロガー&アフィリエイターの立場として書きます。

うちのブログにiTunes Storeの楽曲・アプリ・映画リンクを載せる時は「AppHtml」というブックマークレットのWeb版を利用しています。

この他にiTunesが公式に提供しているリンク生成ツール「Link Maker」というものもあります。「りくまろぐ」ではAppHtmlしか使っていないのですが、別ブログではLink Makerをメインで使ってます。

今回のおかしな現象は「AppHtml」「Link Maker」、どちらで生成したリンクでも同じように発生しました。つまり、リンク生成方法やツールやコードの問題ではないということです。

で、実はLink Makerなのですが、Apple Musicのサービスが開始されるよりも随分前の段階でおかしなことになってました。

アメリカのLink Maker

↑ いつからなのかハッキリとは覚えてませんが、アメリカのストア用Link Makerが表示されるようになったんです

ずっと日本版が表示されていたのに、ある日から突然、URLがアメリカ版にリダイレクトされるようになりました。日本版はURLの最後が「ja-jp」なのですが、「en-us」のページに自動的に飛ばされてしまう。URLを変更しても状況同じ。ストアの国を「Japan」に変えてもダメ。

この現象のせいで別ブログの作業がずっと停滞してしまったのですが、最近になって「日本版に戻す方法」に気付きました。

Link Makerのストア変更方法

↑ Link Makerのページを一番下までスクロールすると、右下に丸いアメリカ国旗のアイコンが表示されているので、そこをクリック。

Link Makerのストア変更方法

↑ 言語設定の変更画面になるので、日本の国旗をクリック。

Link Makerのストア変更方法

↑ これでひとまず日本語の表示になります。「ひとまず」ってのは、上のスクショ見てもらうと分かる通り、まだストア国が「米国」になったままなんですよ。ストア国は後からでも変更可能で、「米国」のところをクリックして「日本」に変更すればいいだけ。

日本語表示に戻せたのはいいんですけど、Link Makerは現在も挙動がおかしいままで、以前は検索ヒットしてた製品が「ありません」と表示されたり(=iTunesで検索したらヒットするので「ありません」なワケがない)、トップページに戻るとまた英語表示に切り替わったり、ストアがアメリカに戻ったりという状態。

正直、現在のLink Makerはあまり使い物にならず、信頼性も低いです。AppHtmlなど別のツールで紹介リンクを生成したほうがいいでしょう。

iTunesのアップデートもしてみたけれど

iTunesのバージョン

↑ 今回の検証はMacのiTunes、バージョン12.2.0.145でおこなっていました。ここまで書いたところでiTunesのアップデート確認をしてみると、

iTunes 12.2.1

↑ 新バージョン、iTunes 12.2.1がリリースされてました。もしかして、これで直るかな? と期待しつつアップデート開始。

iTunes 12.2.1 更新内容

↑ アップデートの詳細を読んでみると「iTunesがApple Musicに間違って変更してしまう」との記述があったので、おお、これは期待できる? とトキメキつつ、でも「iTunes Match」と書いてるから関係ないような気もしつつ、アップデート完了。

12.2.1で再テストしてみましたが、状況は何も変わりませんでした。今回書いた問題は何一つ直っていません。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

ブログ内のリンクからiTunes Storeの該当ページを表示できず、このままでは楽曲紹介による収益が全く発生しない可能性もあるため、Appleに問い合わせてみました。

状況を細かく説明したのですが、Apple側は現在発生している現象を把握できていないようです。調査して回答するので時間をください、とのことでした。

(Link Makerが少し前からおかしくなってる件については伝えていません)

iTunesのアフィリエイトを利用して楽曲を紹介しているブロガーさんは、ご自身のブログで紹介している楽曲がiTunes Storeで正常に表示されるかを確認してみてください。

もし問題なければ私の作業環境だけが問題あるという話なのかもしれません。私と同じように表示されないのであれば、Apple Music開始と共に何やらおかしなことになっており、アフィリエイトに影響が出ていると考えて良いでしょう。

iTunesの音楽を取り扱うブログやサイト管理者にとっては厳しい夏になりますね。問題が早く解決すればいいのだけど。何か分かればまた報告します。

2015年7月15日追記

Appleからは何の回答も来ておりません。一方で当エントリーを読んで下さったブロガーさんから解決方法の1つを教えて頂きました。

助かりました。ありがとうございました!

上記の方法で再テストしてみたところ、正常にリンクが機能しました。つまり記事内の楽曲リンクをクリックするとiTunes Storeのダウンロードページが正しく起動されたということです。

「AppHtml」でリンクを生成してる方々は、

<a href="${url}">

という感じで、URLの部分を予約語「${url}」で指定しているはずです。この部分を、

<a href="${url}&app=itunes"

上のように修正してからブックマークレットを生成すれば上手く動くようになります。赤い部分が今回追加した箇所。

これにより、今後新規に作成する楽曲リンクに関しては正常に機能するようになります。問題は既存のリンクたちなんですよね

WordPressには「Search Regex」という一括置換プラグインがあり、私も以前にアイキャッチ画像のサイズを変更する時やURLのパーマリンク設定を変更する時などに使ったことがあります。

※Search Regexの機能詳細や使い方の解説などは今回割愛します。

このプラグインでiTunes楽曲リンクの該当箇所を一括置換してあげれば、既に生成済みのリンクたちも正常に機能するようになりますが、個人的には一括置換、あんまりやりたくないんですよ。怖いので。

一括置換で全リンクを変更される方は、事前にデータベースのバックアップをくれぐれもお忘れなく。私はチマチマと少しずつ手で修正していくかもしれません。安全策ってことで。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :