古いiPhoneをSmarket(スマーケット)に買い取り査定してもらった

スポンサーリンク

今回Appleは買い取ってくれなかった

iPhone

我が家は今年、長女が高校に進学。「高校生になったらiPhoneを買ってあげる」という子供たちへの約束に伴い、長女も今年の春からiPhoneユーザーとなりました。

これで我が家はiPhoneユーザーが私・嫁・長男・長女の4名。携帯電話料金が凄まじいことになりそうだったので、家族全員でソフトバンクから格安SIMカードのMVNO会社「FREETEL」へのMNP作戦を開始。

これに伴い、長女以外の3名はSIMフリーのiPhoneを新たに購入して機種変更。1年に(長女の分も含めて)4台もiPhoneを購入するなんて以前には考えられなかったこと。SIMフリーの3台はいずれも福岡市の「Apple福岡天神」にて購入しました。

先行した長男の機種変更時にはApple福岡天神で旧端末を買い取ってもらったのですが、iPhone 7が発売された際に確認したところ「Appleでは買い取りをしません」とのこと。

今回新品iPhoneを3台も購入したことで出費がデカかったし、できることなら買い取って欲しかったのだけど、買い取りしてないというなら仕方がない。

ということで、以前からスマートフォンの買い取りをしてくれるサイトと認知していた「Smarket(スマーケット)」のお世話になることにしました。

現在の買い取り価格がすぐに分かる

Smarketサイトトップ

▲ 「Smarket」では、iPhoneだけでなくAndroidのスマートフォンも、そしてiPadなどのタブレット端末も買い取りしてくれます。

ページ上部の検索欄に自分の端末の機種名(iPhone 6など)、キャリア(ソフトバンクやauなど)、型番、容量(16GBなど)を入力して「買取価格を確認する」という赤いボタンをクリックすれば、現時点での買い取り価格を調べることができます。

Smarket検索結果

▲ 私のiPhone 6(スペースグレイ)と嫁のiPhone 6(ゴールド)の最新買取価格は上のようになってました。未使用品であれば16,500円、中古品の最高価格が15,000円、最低価格でも9,500円となっています。

っておいおい、私が買取依頼した時より値段が上がってるじゃねえかよ。私が調べたときは最高価格が14,000円、最低価格が8,000円でした。

という感じで買取価格はずーっと同じではなく変動しています。単純に考えれば、時間が経てば経つほど買取価格も下がっていくはずですけどね。なんで私が調べたときより上がってんのよー。

※上のスクリーンショットは今回のブログエントリーを書くにあたり、撮るのを忘れてたことに気付いて急きょ先ほど撮影したものです。

実際に買取査定してもらった

前述したとおり、私がSmarketのサイトで買取価格を確認したところ、最高価格が14,000円、最低価格が8,000円だったので、そのまま同じページから買取の申し込みをしました。

売りたい端末が汚かったり、傷が多かったり、あるいは付属部品が何もないままだと最高価格にはならず値が下がっていくと聞いたので、2台のiPhoneを必死で掃除

iPhone6

▲ 上の写真で見ると微妙に汚いな…。これでも洗浄液を使って拭きまくったんですよ。

私のスペースグレイ(左側)はヒドい汚れや傷など一切なかったので最高価格になる自信はあったのですが、もう1つ、嫁のゴールドはヒドかった。

裏側に汚れや傷が幾つも付いてる。拭いても拭いても全然取れない。ケース着けてたのにどうすればこんな汚くなるんだっていう…。やっぱり使う人の性格が出るんだな。

嫁のゴールドに関しては最高価格、無理だろうなあとあきらめてました。

査定不可商品一例

▲ 数日後、Smarketからの荷物が到着。中に解説書も入っており、査定不可商品の一例が載っていました。「取れない汚れがある」ってのが嫁のiPhoneは該当してました。最低価格どころか買い取ってもらえないかも…。不安。

iPhone6ケース

▲ 付属品もなるべく一緒に送るように、と解説書に書かれていたので、iPhone 6のケースに入れて返送しました。

本来なら購入時に同梱物としてイヤホンとかLightningケーブルがあるんですけど、ケーブルは現在も使ってるし、イヤホンも嫁は使用中のため、私の未使用イヤホンだけ同梱。あ、そうそう、Appleのロゴ入りシールも使わなかったのでそのまま同梱しときました。

買取査定から入金までが早い!

運送会社に荷物の配送を依頼(着払いでOKです)。その数日後、Smarketから「入荷処理完了のお知らせ」というメールを受信。この時点ではあくまで荷物がSmarket社に届いたというだけで、まだ査定は行われていません。

(通常であれば)5営業日以内に査定完了と結果の連絡がくるそうなのですが、メディアで取り上げられた反響で大幅な遅延が発生しており、査定完了まで約2週間ほどかかる可能性もある、とメールに書かれていました。

でも3日後、「査定結果のご案内」というメールを受信。早かった。

メール内に「査定結果確認」のURLが記載されていたのでクリック。

Smarketスマーケット

▲ 本人証明のための生年月日を入力後、「査定結果確認へ進む」という赤いボタンをクリック。

スマーケット査定結果

▲ 2台の査定結果が表示されます。私のスペースグレイも、そして拭いても拭いても取れない汚れや傷があった嫁のゴールドも、(当時)最高価格の14,000円という査定でした。よっしゃー! と喜んで「承認」処理をして、正式に買取を依頼。

この査定画面を見た上で「その金額では売りたくない」と判断すれば、返品してもらうこともできます。その場合、荷物は着払いで送られてきます。

査定画面で「買取承認」をした翌日には「入金手続き完了のご連絡」というメールがSmarketから送信されてきました。指定した講座の残高を確認してみると、すでに入金済み。

査定結果を確認した次の日には入金されてるという早さにビックリしました。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

iPhoneなどのスマートフォン端末を買い取ってくれる実店舗やサイトは他にもあるとは思いますが、今回紹介した「Smarket」は大手のゲオ傘下ですし、ネットで評判などを検索しても「けっこう高値で買い取ってくれる」という意見が多かったので依頼してみました。

実際に嫁のiPhoneは汚れや傷が目立ったので「下手すれば買い取ってすらもらえないかも」と不安でしたが、フタを開ければ最高金額で買取してもらえたので、とてもありがたかったです。最高と最低で6,000円の差があったから余計に嬉しい。

以前使っていた古いスマートフォン端末に愛着がありコレクションにしたり家族に使わせたりしてる方々もいらっしゃると思いますが、もう不要だから売りたいな、という方々はSmarketを選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2017年10月17日)コメントComments Off
CATEGORY :