「Tweet Old Post」での認証エラーを解決した意外な方法

スポンサーリンク
So Tired / ChelseaWa

バックアップ失敗と同時進行で苦悩してました

WordPressのバックアップ用プラグイン「BackWPup」とクラウドの連携が上手くいかず、あれこれテストして悩みまくっていたという記事を前回書きました。

結局、「BackWPup」のエラーに関しては根本的な原因が判らず妥協して終えたのですが、実は同時にもう一つのプラグインでも頭を悩ませていました。

それが今回紹介する「Tweet Old Post」という、過去にアップしたブログ記事をツイートしてくれるというプラグイン。

Twitterのタイムライン(TL)で、ときどきフォロワーさんが過去記事のツイートをされているのを見かけます。過去の記事を掘り起こすという意味では有効な方法だなと感じたので、試しに使ってみようと思い、インストールしてみました。

インストールが完了すると、管理画面の左側に「Tweet Old Post」という行が新たに追加されるので、クリックして設定画面を表示します。

↑Twitterを認証する必要があるので、「Sign in with Twitter」というボタンをクリックします。

↑まだTwitterにログインしていない場合は上の画面が表示されるので、まずTwitterにログインします。

↑ログイン済みの場合は上の画面になりますので、「連携アプリを認証」をクリックします。

このウェブページにはリダイレクト ループが含まれています。

http://●●●●● のウェブページはリダイレクトの回数が多すぎます。このサイトの Cookie を削除するか、サードパーティの Cookie を許可すると問題が解決することがあります。引き続き問題が解決しない場合は、ご使用のコンピュータではなく、サーバー側の設定上の問題である可能性があります。

ヒント:
このウェブページを後で再読み込みしてください。
この問題の詳細については、こちらをご覧ください。
エラーの詳細
元のエラー メッセージは次のとおりです。

エラー 310 (net::ERR_TOO_MANY_REDIRECTS): リダイレクトが多すぎます。

↑上のようなエラーメッセージが表示されてしまいました。(ブラウザはChromeです)

設定うんぬんではなく、最初の認証でつまづくとは予想もしていなかったのですよ。

いろんな解決方法が紹介されていたけれど…

原因を探るため、ネット検索開始です。バックアップのプラグインといい、昨日からずっと検索しまくりでしたよ。

この現象が出た時の解決法として、幾つか紹介されていました。

◆Cookieを削除しましょう

◆閲覧履歴を消去しましょう

◆TwitterのAPIの「150回制限」があるので設定を変更する

Cookieと閲覧履歴は全て削除して、何度かリトライしてみたけどエラーのまんま

Cookieを消してしまったおかげで、他に利用してたサイトで「あれ? IDとパスワード忘れた!」と被害が飛び火w

APIの150回制限が原因、という説はかなり多くのサイトに書かれていたのですが、これを受けて何をどう変更・改善すれば認証が成功するのかがサッパリ分からない。

いろいろ試すけど成功しない。最近こんなのばっかりやなあ~、と溜め息全開。

遂に解決策が見つかりました

ネットで検索を続けていくうちに、ぷらすぶろぐさんの記事に辿り着きました。

http://plusblog.jp/2830/

記事の中で、Twitter認証に失敗した時の話が掲載されていました。引用させて頂きますね。

私の場合、イキナリ「Sign in with Twitter」ボタンをクリックして認証を進めてみたところ、リダイレクトエラーで失敗してしまいました。

ブラウザを変えても解決できなかったのですが、よく見るとNoteに答えが乗っていました。

Account Login の次の項目 Tweet Old Post Admin URL (Current URL) にURLが入力されているでしょうか?もし既に入力されていたら、そのままページ最後の「Update Tweet Old Post Options」をクリックして、オプションの内容を一度セーブすると認証に成功しました。

via:ワードプレス(WP)で過去記事を自動ツイートしてアクセス向上委員会 | ぷらすぶろぐ

お? ここ全然確認してなかったぞ。なんとなく希望の光が見えてきたような気になりつつ、URLが入力されているかを確認してみました。

↑入力されていました。ってことは、あとは保存すればいいのか。

画面を一番下までスクロール。

↑解説の通り、「Update Tweet Old Post Options」をクリックし、保存完了。

もう一度、祈りを込めて、画面一番上の「Sign in with Twitter」をクリック。

できた~!! やった~!!

これだけのことだったのか~! と、おもいっきり脱力してしまいました。Cookieだの何だので、3~4時間くらい悩み続けてましたから。

ぷらすぶろぐさん、本当にありがとうございました。助かりました。

記事タイトルを正常に表示させるにはコード修正が必要

Twitter認証は無事成功しました。あとは細かい設定をして、記事タイトルが正常に表示されるようにプラグインのPHPコードを修正する作業をするだけ。

この「記事が正常に表示されないのでPHPを修正する」というのは、プラグインを導入する以前から把握していました。それをしようと思ったら先に認証失敗のトラブルが起こってしまったというわけで。

プラグインの詳細な設定解説、そしてPHPコードの具体的な修正方法や内容に関しては、「こんちくわのぶろぐ」さんが、と~っても分かりやすい記事をアップされています。

http://www.conchikuwa.com/2011/11/15/plugin-4/

設定もコード修正も、すべてこちらの記事で理解できました。私がここで解説すること、何もありません。こんちくわさん、ありがとうございました。

↑やっとのことで過去記事の自動ツイートが出来るようになりました。

プラグインは確かに便利ですけど、いったんハマってしまうと大変だというのが毎回身に染みます。ご利用は計画的に。
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2012年7月27日)コメントComments Off
CATEGORY :