2020年をどう生きていくか、そしてこのブログとの向き合い方

令和最初

皆生海岸

新年あけましておめでとうございます。2020年も当ブログ「りくまろぐ」をよろしくお願いいたします。

普通の書き出しで敢えて始めましたが、実は本日2020年1月4日で「りくまろぐ」は開設8周年を迎えました。

とはいうものの、昨年2019年はエントリーを1本も書いていません。書いていない間に時代が平成から令和に変わってしまい、このエントリーが令和最初となっています。今頃になって令和最初もないだろ、とは思いますが、ほら、一応記録として残しておかないとね。

1年間更新しなかった理由

前回エントリーを書いたのが2018年12月なので、まるまる1年間、何も書けませんでした。「ブログ辞めた説」も出てたけど、辞めてはいないんですよ。放置してただけで。

なぜ書かなかったの? という理由を挙げると「忙しかった」「ブログ体力がなかった(小さなネタはあったけど書くのを面倒だと思ってしまった)」の2つ。

もしかしたら同じ境遇や生活環境で、このブログを読んでくれてる人がいるかもしれないので、そのあたりをいろいろ書いてみます。

優先順位の移り変わり

2015年までは自分なりに頑張ってブログを定期更新してたんですけど、2016年にフリーランスとなり、生活ペースがガラリと変わりました。

特に2016年は元々からしてる(ブロガーとは関係ない)仕事が猛烈に忙しく、ブログエントリーを書く気力も体力も続かず、少しずつ更新頻度が落ちていきます。あまりにハードで体調も崩したため、翌年から仕事量を減らしました。その分収入も減っちゃったけど仕方ない。

2017年の8月には映画サイトを開設し、運営サイト&ブログが計3つとなりました。現在に至るまで当ブログよりも映画サイト更新の優先度を上げたため、ブログの更新頻度は更に落ちます。

2019年はプライベートを最優先させ、時間の大半をブロガー以外の部分に充てました。

まず長女の大学受験があり、無事合格して昨年春から大学生となりました。今度は次女の高校受験シーズンとなり、今月の私立受験、3月には公立受験が目の前に待ち構えています。次女にとって初めての勝負であり、父として全面的にサポートしているところ。

毎年のようにやって来ていた受験の嵐がようやく今年の春で終わるんですが、今度は長男の就職活動が始まるんですよ。子供も大変だけど親も大変なんですよ。

プロレスサイト休止の理由

プライベートが忙しかったことで、当ブログの更新頻度が激減どころか2019年は1つもエントリー書けなかったのですが、他の運営サイト2つにも影響は出ました。

まず2015年12月から運営していたプロレスサイトですが、昨年2019年3月をもって全ての更新活動を休止しました。

「忙しかったから」というのが大きいんですが、それとプラスして、最近のWWEという団体に対してはもう悲しみというか絶望感しかなくてですね。見てて面白さがなくなってしまった、というのも理由にあります。

老人となってしまったオーナー、ビンス・マクマホンという人の考えるエンターテインメントというのが古すぎて、いつまでそんなことやってんだよ、って場面が毎週のように繰り広げられて、サイトを更新する以前に番組を視聴するのが苦痛になってしまった。

日本人選手も今はたくさんWWEに所属して活躍してるんですけどねえ。その日本人選手の扱いや設定も個人的には好きではなかった。

「WWEネットワーク」と「J SPORTS」、WWEを視聴するためだけに契約していた2つの有料チャンネルはどちらもサイト休止と同時期に解約しました。2019年4月からWWEは見ていません。日本のプロレスも随分前から見てないし、とうとうプロレスを全く見なくなってしまいました。

プロレスサイトは2020年の4月か5月頃にドメイン契約が終了するので、その時点で自然消滅することとなります。

一部のWWEファンからすごく誉めてもらったり、休止してる今でも一定のアクセス数や収益を稼いでくれてるサイトなのですが、WWEそのものを見なくなっちゃったから仕方ありません。

映画サイトの非力さ

運営しているもう1つの映画サイト「むびろぐ」ですが、こちらはプロレスサイトとは逆で、リキ入れて毎週更新しています。2019年は更新を1週も休んでません。

ですが、アクセス数は2019年の1年間で文字通り「微増」でした。2018年と比べて数パーセントしか増えてない。

いくら更新を頑張ったところでアクセス数が単純に増えていくわけではないというのがよく分かりました。当ブログはエントリーを更新すればするほど比例してアクセス数も伸びていったから、ちょっとナメてた部分もあったのだと思います。現実は厳しかった。

アクセスが増えない理由を綿密に分析したわけではないんですけど、「コンテンツの種類の乏しさ」「アクセシビリティーの悪さ」「宣伝告知の拙さ」など、分析するまでもなく要因として想像できる点はいくつかあります。

また使用していたツールが諸事情により使えなくなってしまったり、データを取ってきていたWebサービスやサイトが突然終了したりして、映画サイト運営当初から続けていたコンテンツの幾つかを更新できなくなり終了させたという不幸な外部要因もありました。

このままでは映画サイトも更新するだけ無駄という扱いになるのですが、当ブログを開設する前から映画は好きな趣味でしたし、当ブログでやっていた映画コンテンツを移行したかったから新たに開設したというのもあるし、今後も映画情報は収集していきたいから、プロレスと違ってこちらは辞めたくないんですよね。

なので2019年の夏頃から本格的なリニューアル作業に着手しました。サイト全体の大半を作り直し、コンテンツを増やすため専用のプログラムを作って現在テストしているところです。

2019年のうちにリニューアル完了させたかったのですが、残念ながら間に合わず。2020年1月中には完了させたい。

当ブログよりも映画サイトを優先させる方針は2020年も変わりません。ただ、2019年のように当ブログを放置しまくるのもそろそろ止めなければならないなと。

ウォーキング大会に復帰したい

当ブログのメインコンテンツの1つがウォーキング記事。福岡県内で開催されるウォーキング大会の感想などを書きつつ、福岡県のいろんな風景を写真でお伝えしたいという趣旨で、長年更新してきました。ウォーキング記事が縁でブログ読者になっていただいた方も大変多いです。

しかし2018年からウォーキング大会に全く参加していません。

仕事が忙しかったり、子供たちの受験などでプライベートも忙しかったりで、休日に出掛けてウォーキング大会に参加する気力がどんどん失われていき、歩く距離と反比例するように体重がどんどん増えていきました。

毎週のようにウォーキング大会に参加し、10km以上歩くなんて屁でもなかった全盛期と比べると、最も重かった時期で13kgほど体重が増えてました。

その体重増加が原因だと思うんですけど、昔から良くなかった足の状態が2019年の春から夏にかけて悪化し、一時期は1km歩いただけで呼吸が乱れるほど体力も落ちてしまいました。

通院で治療中の病気も全く改善されず、これは体重を落とさないと全てのことが回らなくなってしまうぞとさすがに悟り、昨年秋から意識してウォーキング距離を増やすことに。どこかに遠征するのではなく、自宅のあるエリアを数km歩いてます。

結果として、毎年12月は1年の中で最も歩かない季節なのですが、2019年の12月は過去最高に歩きました。最近は少々歩いても足は悲鳴をあげなくなってきてるし、体力も少しずつ戻ってきてる感じ。

体重も2ヶ月で2kg減りました。増えた体重のことを思えばまだまだ全然足りないんですけどね。

2020年は、そろそろウォーキング大会に復帰したいなと思っています。体重が重かったり足が痛かったり、忙しさを理由に怠けたくもなるんですけど、「痩せることも仕事の1つ」と最近は考えてるので、弱い心にムチ打って歩かなければならない。

とは言いつつ、いきなり長距離は無理だと思うので、10km未満の大会に絞って参加しようかなと考えてます。以前は10km以上のコースじゃないと歩いた気がしないと偉そうなこと言ったり、福岡市内から太宰府まで20km歩いて楽しい〜と余裕かましたりしてたけど、今そんなことしたら死ぬ。

一部の人は気付いてるっぽいですが、ウォーキング大会には正体を伏せて参加していますので、ウォーキング中にブログ読者さんの誰かと再会してうんぬんってのはないし、ブログにエントリーを更新して初めて「自分も参加してたよ!」って反応が来るのは今まで通りだと思います。

ただ同じコースを歩いた人や風景に馴染みのある方々に反応していただくのは嬉しいことなので、これからも楽しみにしてますし、昔そこに住んでた、懐かしい!というリアクションも大変嬉しいので、またウォーキング記事でいろんな広がりが出来ればいいなと思ってます。

更新してなかったのに見つけてくれた人々

ブログを全然更新してなかったので、当然ながらアクセス数は以前よりも激減しています。

以前は検索上位だったワードで最近検索してみても、うちのブログは全然登場しません。そんなもんです。

そんな中、この2ヶ月で同じような出来事が2つありました。

知人2名から別々に連絡があり、どちらも「この記事を書いたの、あなた?」「これってあなたのブログ?」と質問されたのです。2名ともそれまで当ブログの存在を知らず、ブログ主が自分の知人だということも知りませんでした。

書いたのは私だよと答えると2名とも驚いてたし、発見された私も驚いちゃった。

発見されたエントリーの1つは「おもいでばこ」、もう1つは「北九州市の初詣スポット」を書いた内容です。




かつて元ビートルズのジョン・レノンは1970年代のソロ活動時、オノ・ヨーコとの間に息子ショーンくんが誕生した際、育児に専念するため約5年ほど音楽活動を休止していた時期がありました。

4歳だか5歳だかになったショーンくんがある日、テレビでビートルズのアニメ映画『イエロー・サブマリン』を観て、ジョンに「パパはビートルズだったの?」と聞き、それがキッカケでジョンは音楽活動を再開した、という有名なエピソードがあります。ジョン本人がそれを否定したって話もありますけど。

ジョン・レノンほどカッコ良くはないですが、しばらく更新していなかったブログについて、それまで全然知らなかった人から「これ書いてたんだね」と言われ、驚かれ、内容を誉めてもらったら、そりゃあ活力は生まれますよ。

さいごに

新元号の令和も2年目に突入する2020年。これまでと劇的に生き方を変えるわけではないですが、毎年改善はしていかなければならない。進まない人生に意味なんてないですから。

今年も基本は家族最優先。子供たちの活躍を支援して応援し、嫁の苦労を少しでも緩和できるよう頑張る。

ウォーキング大会も今年は少しずつ復帰し、歩くことの楽しさをブログでまた伝えていこう。そして痩せなきゃ。

何よりも、映画サイトをリニューアルさせ軌道に乗せる。このブログの読者さんで映画好きな方々を巻き込めるよう頑張ります。

今年はこんな感じで行きます。どうぞよろしくお願いいたします。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします