【宣言】「アラフォーに優しいブログ」を目指します【願望】

スポンサーリンク

プロフィールに追記しました

今年の1月にブログを開設して半年が過ぎました。

付き合って半年過ぎてもアナタって手も握らない、と歌ってた人が3回目の結婚を、って

それはともかく!

5月になり、おかげさまで月間ページビューが1万を超え、その後6月も順調にアクセス数は伸びているのですが、1万を超えた辺りから、いろいろと自分のブログに関する方向性を再びジックリと見つめ直す日々が続きました。

ネガティブな話じゃないですよ。前向きな再検討というやつです。

ブログの開設前、つまり2011年の年末くらいですか。WordPressの本を片手に、必死になってオリジナルのテンプレートを作ってた頃、いろいろとブログに関する構想というか、こんな方向性で行きたいな、ってのは事前に考えてました。

それが半年経ってどうなのかというと、やっぱり多少は変わってきてます

たかが半年のキャリアですけど、アクセス解析などで毎日傾向を調べてれば、ある程度「なるほどね~」って部分が見えてきます。強み、弱み、強化すべき点、差別化できてる点、い~ろいろと。

それを頭の中で整理していき、さらに自分自身の「こうありたいな」「こう進んでいきたいな」って思いをミックスしていくと、ボンヤリしていたものが少しずつ形になってきます。

そういうのを含めて、半年が経過した2012年6月の時点での「私が進みたい方向性」を明示させる意味もあり、プロフィールのページを更新しました。

具体的に言うと「当ブログについて」と「当ブログのコンセプト・方向性について」という2つの項目を追記しています。

方向性についてはプロフィールページに長々と書きましたので、ここでは書きません。

手探り状態からの脱却

ここから先は、プロフィールで書いた「コンセプト・方向性」の補足と、その考えに至った経緯を書きます。長いので、読み飛ばして下さっても結構です。

これまで幾つもの記事で書いてきたのですが、現時点でジャンルの絞り込みもするつもりはないですし、人気カテゴリーを別ブログに独立させるようなことも現時点では考えていません。

ブログが遊び場」という気分は、最近になってようやく言えるようになってきました。

あんまり縛られず自由に書きたいという気持ちは開設する前から持ってましたが、ある程度の記事数が蓄積されてきて、アクセス数も増えてきて、少しずつ傾向が見えてきてようやく「自由に遊んでもいいんだな」と感じてきた今だから、「遊び場」と言えるようになったのかもしれないです。

開設した最初の頃は、正直言って、どういう記事を書けばいいか分からなかった。ブログ活動されてる皆さん、多かれ少なかれ最初はそうだと思いますけども。

すごいアクセスを稼いでらっしゃる人気ブログの方々を参考にして、多くの方々に興味を持っていただけるようなテーマを選び、そこに集中させて記事を固めていけば、あるいはもっと早い時期に月間1万ページビューを達成できたのかもしれません。

ただ、オリジナリティーという意味で薄いし、二番煎じにもなりがちですよね。知識量も違うし、何より好奇心の密度が違う。

私、そこまでiPhoneとかEvernoteとか極めてませんからね。
ただの使いこなせてない1人のユーザーでしかないので。

だから、中途半端な知識や好奇心で専門的な記事を書いたとしても、「このブログよりも、やっぱりアッチの方が詳しいし、分かりやすいし、有益だよね」となっちゃう。

結果として、私のブログには誰も来てくれなくなりますよね。アクセス至上主義じゃないし、アクセスを上げることばっかり考えながらブログ活動したくもないですが、だからと言って全然誰も来てくれないってのも張り合いないし、モチベーションも高まらない。

じゃあどうするかってなると、よく言われてる表現で言えば「セルフ・ブランディング」ですよね。

あのブログに行けば、だいたいどんなことが記事になってるのか傾向が分かるよね、とか、

あの人は、だいたいこういう表現で書くんだね、とか、そう考えてる人なんだね、とか、

これ本気かと思ったらジョークなのね、とか。

(↑ここ分かってくれるようになった方、いつかハグしましょう)

そう感じてもらえるためにどうすればいいのか。それが自分自身でも最初はイマイチつかめてなかったので、まずそこを固めたかった。記事を一つ一つ書きながら。

あとは、「使いこなせてない1人のユーザー」という立場の逆利用。よく分かってないヤツがiPhone扱ったらこうなるけど結構笑えるよね、それも楽しいよね、っていう。

半年が経過して、自分自身で固めてきたイメージと、読んで下さってる方々のイメージが、どのくらい合致してるのかは、さすがにまだ分かりませんけどね。まだというか、そんな簡単に分かる話でもないか。

でも、「遊び場」と自分で表現できるようになった、ってのが私自身の、現時点での答えの一つです。

「ひとまず自分が最初に楽しめるように」って記事、多いと思います。

ウォーキング記事も旅日記も、あれは私の「思い出話」です。だから最近は「ですます調」で書いていない。備忘録なので。

仮想散策旅行という企画もやってますけど、あれもぶっちゃけ「私だけが楽しんでる」企画ですw

クイズ企画も、もちろん参加者が多いにこしたことないし、増えればもっと私自身も楽しめますけど、参加者ゼロでもまあいいかな~って。続けていけばイイことあるかもしれないし。

どんな記事で、あるいはどんな内容で、読者の方が喰い付いてくれるのか。共感してくれるのか。そして再び訪れてくれるのか。書いてみないと分からないですもんね。

もう何ヶ月もの間、当ブログのアクセス数1位を記録しているiPhoneの記事も、半分はジョークで書いた記事です。ここまでアクセスが伸びるなんて夢にも思わなかった。

2位の大腸内視鏡検査に関する記事も、アップしてから1ヶ月くらいはぜんっぜんアクセスがなかった

何が読者の興味を引くのか、書いてみないと分からないし、書いて時間を置かないと結果が出ない記事すらある。先が読めない難しさ。そして面白さ。

ブログを始めて半年。記事を見つけていただき、ブログに遊びに来ていただき、そして楽しい交流が始まったという方々、たくさんいます。たくさん友だちが出来ました。このことが何よりも嬉しい

様々な話題を提供することで、私に対するイメージもいろいろ変化するでしょうし、それを私がハハハ~と楽しみつつ、少しずつでも交流の輪を広げていきたい。

それもあって、まずはブログで自分の思いだとか、立ち位置だとか、視線が向いてる方向だとかを明示しておこう、という意味でのプロフィールページ変更です。

私の正体が何者かをボヤけさせててもメリットそれほどないですもんね。それも最近分かってきました。

一人のオッサンとして、やっぱりイチバン読んでもらいたい層は、同世代です。アラサー、アラフォーの方々。

もちろん、若い世代の方々をナイガシロにするとか、切り捨てたいとか、これっぽっちも思ってないですよ。

ただ、どうしても同世代と若い世代で、私の提供する話題に対するリアクションが、今後は異なってくるかもしれないです。

例えばですね。これはちょっと極端な例ですけど、

BOOWYが夜のヒットスタジオに出演した時、氷室さんが「コイツ、演歌も歌うんですよ、前川清のモノマネとかしますよ」とムチャ振りして、古館さんに「やってください!」と迫られ、布袋さんの笑顔がひきつってました。

って書いたとするじゃないですか。(注:上の例は実話です)

「まだ10代だけどBOOWYが大好き!」って人と、「40代でBOOWYもよく知ってるし聴いてたけど、特別ファンってわけじゃないな」って人、2パターンの人が上の話を聞いて、おそらく「ふふふ」とほくそ笑む人って、後者だと思うんですよ。40代の方ね。

中には10代のBOOWYファンで「へえ~!そんなことあったんだ~!」と喜んでもらえる人もいるかもしれないですが(それはそれで狙いなんですけど)、なんとなく分かる同世代だからこその空気感、ってあるじゃないですか。

今回タイトルにした「アラフォーに優しいブログ」って、簡単に言えばそういう意味です。空気感を共有できるのは、どうしても世代の似た人たちになってくるのは仕方がないです。

全方位の人に理解してもらえるのが最高なんですけどね。さすがにそこまでの文章力は持ってないので。残念ながら。

最後に、今回アイキャッチ画像で使用した写真。

今年で小学2年生になった次女が、5月末の自転車教室で初めて「補助輪なし」の自転車に乗れた時の写真なんですよ。娘もやっと自転車に乗れてハシャギまくってましたが、私も嬉しかった。

言ってしまえば、一つ一つのブログ記事も、自分の子供みたいなもんです。

私は男で、オッサンで、B型で、エロくて、3人の子供の父親です。

っつうことですね。分かっていただけるかなあ~。
 

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :