[Я]サラダくん

スポンサーリンク


Birthday Party Salad by aMichiganMom

疲れているとき、特に長い時間を机でのレポート書きに費やしたときの夜、就寝している最中に僕はサーカスの夢をよく見る傾向にあるらしい。

僕自身がサーカスの団員になっていて、いつも危険な目に遭っている。高所恐怖症なのに単独で空中ブランコをすることになったり、球体の網の中をバイクで走り回れと命じられたり。

そしていつも、危ない、もうダメだ、という場面で目が覚める。額や衣服に少し汗を感じ、現実に戻ってこれた事に安堵して布団から出る。

今朝もサーカスの夢を見ていた。僕はムチを持ち、ライオンやトラの前に立たされていた。

今から猛獣たちを火の輪へと誘導しなければならない。しかし彼らは火の輪ではなく、殺気立った視線を僕に向けながら、低く唸っている。ガルルル。グルルル。

お願いだから言うことを聞いてくれ。オマエたちは今からあの輪をくぐるんだ。1回、そして2回。それだけ。あとは美味しいエサが待っている。僕も家に帰ることが出来る。悪い話じゃないだろう。

だったらオマエが輪をくぐればいいじゃないか、と彼らのうちの一人が言う。

他の仲間たちも賛同の意志を示しながら低く唸り続ける。トゥルルル。トゥルルル。

僕は黙りながら彼らを睨み、彼らは唸りながら僕を睨み返す。トゥルルル、トゥルルル、トゥルルルトゥルルルトゥルルル。

「ごめん、寝てたよね」と彼女は言った。

無意識のうちに僕は受話器を取っていた。ライオンやトラは消え、見慣れた風景が広がっている。自分の部屋。

壁に掛けてある時計を眺めた。午前6時を10分ほど過ぎている。

今朝は4時過ぎまでレポートを書いていた。突然の電話に起こされ、思考が機能していない。

「昨日、電話してくれる約束だったでしょ。待ってたのに」と、少し機嫌の悪そうな口調で彼女が言った。

え? そうだったっけ?

「今日結論を出そうと前から思ってたし、それは知ってるよね?」

あー、うん、知ってる。

「だから、どうしても朝のうちに考えをまとめておきたくて、寝てるかなとも思ったけど電話したの、ごめんね」

うん。いや、いいけど。うん。

「サラダくんだけが頼りなんだから」

え? ああ、うんうん。

「顔、洗ってくる?」

いや、大丈夫。

そうは言っても、眠い。就寝して2時間。順調に眠り続けていれば、おそらく最も心地良い時間帯のはず。電話で彼女の声を聞きながらも、ときどき意識を失いそうになる。

ちょっと待ってね、と彼女に告げてから、僕はテーブルの上に置いてあったタバコと灰皿と100円ライターを枕元に移動させた。

タバコを1本取り出し、口にくわえてライターで火をつける。しかし点火しない。カチッ、カチッとライターの音だけがむなしく響く。

「サラダくん、タバコやめるって私と約束したでしょ?」

え?

「ウソついてたの?」

え? あ、いや、タバコでしょ。うんやめたよ。やめた。

「本当に?」

ほんとほんと。うん、ちょっと待ってね。

保留ボタンを押し、受話器を床に置いた。

禁煙するなんて言ったか? いや、あれだけ強い口調で言うんだから、たぶん言ったんだろう。でも急にやめろと言われても。目も覚まさないといけないし。1本だけ。うん1本だけ。

今度は1回で点火した。タバコに火をつけ、大きく煙を1回吐き出してから保留ボタンを押し、受話器を耳にあてる。

「どうしたの?」

顔を洗ってきた。もう大丈夫。

「あのね、結局カツノリがね、」

うん。

 

(カツノリ……?)

 

「ミサのことを好きかどうか気にしてても仕方ないと思うんだよね」

まあね。 (ミサ………??)

それから彼女は約30分、心に溜め込んだ恋の苦しみを一方的に喋り続けた。

僕はと言えば、カツノリやミサが誰なのか、そもそも電話の相手が誰なのかも把握できないまま、そうだねとか、なるほどねとか、やるせないよねとか、無難な返答を続けながらタバコを吸い続けた。もちろん煙を吐く時は受話器を手で覆った。

「聞いてもらってスッキリした。ありがとう」彼女はそう言うと受話器の向こうでフーっと大きく息を吐き、それから軽く笑った。僕は7本目のタバコを灰皿に押し付けた。

「ごめんなさいね、朝から間違い電話に付き合わせてしまって」

え?

「本当は途中で気付いてたんだけど、どうしても誰かに聞いて欲しくて。ごめんなさい」

どこで間違い電話だって気付いたの?

「タバコを吸い始めたとき」

あれ? バレてた?

「だって、サラダくんはタバコ吸わないもん」

そうなのか。

「これも何かの縁だから、この電話を機にタバコやめてみない?」

うーん。

「じゃあさ、1週間タバコやめられたら、私が何かおごるよ。今日のお礼もあるし」

え? 僕のこと知ってるの?

「ううん知らない。でも電話番号は今日分かったし。1週間後にまたかける。何か食べたいものある?」

ええー、いきなり言われても思い浮かばないけど、野菜は苦手かな。

「じゃあ次に電話するまで考えておいてね。それまで禁煙よ」

あと、僕はサラダって名前じゃないよ。

「それは知ってるわよ」

彼女は電話を切った。

あれから2週間、僕は1本もタバコを吸っていないのだけど、彼女から電話はない。

サーカスの夢は今もときどき見る。

僕はピエロを演じていて、覚え立ての手品を披露すると、最前列に座っている女性が拍手をしてくれる。顔を見ただけで、それが電話の彼女だと分かる。

彼女の隣りにはいつも男性が居る。彼の頭部は大きな白いお皿になっていて、大量のシーザーサラダが盛られている。

野菜は苦手なんだよ、と僕が言うと彼女はいつも不機嫌そうな表情になる。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :