ビリー・ジョエルのアレンタウンを聴くと今も彼女を思い出す

スポンサーリンク

長女に催促されたので昔話をしました

Allentown

うちの長女は現在、中学2年生の14歳。

昨日、長女と雑談をしている中で、仲の良い友達が交際している彼氏から誕生日プレゼントにネックレスをもらい、その値段が結構高くてみんなでビックリした、という話を聞いたんです。

お前は男の子からプレゼントもらったり、逆にあげたりとかはないの?と訊くと、

「は? ないない、私は○○さん一筋やもん」

と、聞いたことのない「歌い手」の名前を挙げました。長女は今、ボカロとか歌い手とか、そっち系の音楽に夢中なのです。

ブログを書いていると最近の話題も収集することが多いので、子供たちの流行に関しても多少はついていけます(好きか嫌いかは別として)。

なので、長女が西野カナや嵐を好きだった頃は話についていけてたし、むしろ父親の私のほうが詳しい時もあったくらい。でも、ボカロや歌い手の類いは全く分からん。この辺りから親子のジェネレーション・ギャップっつうものが生じてくるんだなと最近感じてます。

それはともかく、長女には恋愛の匂いが全くしません。実際は誰か好きな異性がいて隠してるんでしょうけどね。長男も全く同じで、恋愛に関する話が全く出てこないんです。私が知らないだけで母親の嫁にはコッソリ語ってるのかと思ったけど、嫁も知らないんだそうです。

俺が中2の頃は付き合ってる彼女いたけどなあ、と話すと

「マジ!どんな人!出会いは!告白はどっち!」

と長女が必要以上に食い付いてきたので、話してあげました。今から30年以上も前の話です。

毎日「彼」の歌を聴くため家電店に通った

私が中学2年で14歳だった某日、両親と一緒に某家電店へ買い物に行った際、レーザーディスクのコーナーでビリー・ジョエルのライヴ映像がデモで流されてたんです

当時、洋楽はビートルズと、解散後のメンバーのソロしか知らなかった。ビリー・ジョエルなんて名前も知らない。曲も知らない。だから最初は興味もなかったんですけど、流れてくる曲を聴いてると、すごくイイ。

自分自身、ギターを少し弾けるようになってきて、いろんな楽器に興味があった頃でした。手が異様に小さいのでピアノはどうしても弾けず、ピアノが上手な人にすごく憧れの気持ちがあったから、ピアノを華麗に弾きながら歌い上げるビリー・ジョエルの姿は鮮烈だった。

中でも衝撃的だったのが「Prelude / Angry Young Man」、邦題は「プレリュード/怒れる若者」というストレートな直訳の1曲。

この演奏シーンを見て鳥肌が立ちまして、両親が「帰るよー」と私に告げても、しばらく再生映像の前から離れられないほどでした。何度も何度も巻き戻して、繰り返して聴いてました。

プレリュード/怒れる若者

プレリュード/怒れる若者

収録アルバム『ニューヨーク物語Billy Joel Sony Music Japan International Inc.Amazonデジタルミュージック

上の動画は私が感動したライヴではなく、2008年7月にニューヨークのシェイ・スタジアムで開催されたライヴの映像。ビリーも年を取り、髪の毛もなくなって横幅も広くなってますが、声の質は30年前とそれほど変わってないのが素晴らしい。しかし、私が14歳の時に見たライヴでは曲のテンポがもっと速く、ビリーの手の動きも更に高速だったんです。

翌日から学校の帰りに毎日家電店に寄って、ビリーのレーザーディスクを見てました。3週間くらい毎日。店員、呆れてたんじゃないかな。

レコード店で「彼女」と会った

当時聴いてたラジオ番組でドンピシャのタイミングで流れてきたのが、ビリーの「アレンタウン」という曲だったんです。すごく気に入って、この曲が入ってるアルバムを買おう!と即決。

調べてみると「ナイロン・カーテン」というアルバムに収録されてるらしい。っていうかそのアルバム、発売されたばっかりだった。(1982年9月リリース。歳がバレる)

ってことで、レコード店に買いに行ったんですけどね。ないんですよ。どこのお店も売り切れ。最後の店でもなくて絶望してたところに、背後から肩を叩かれ名前を呼ばれた。振り向くと、女の子がニコニコしながら立ってる。

同じクラスの女の子でした。とは言っても最初、誰なのか分からなかった。学校ではすごく大人しく、全く目立たない。今まで彼女と会話した記憶もない。

「何のレコード探してるの?」と聞かれたので、彼女に状況を説明。「取り寄せてもらえば?」と彼女が言うので店員に確認すると、1ヶ月くらいかかるかもしれないとのこと。だったら1ヶ月後にまた来ようと考え、その場はあきらめ、彼女にもバイバイと言って自宅に帰りました。

その1週間後くらいかな。土曜か日曜の昼、どこから調べたのか知らないけど彼女から電話がかかってきました。呼び出されて指定された場所に行くと、彼女から何かの包みを渡された。開けてみるとレコード盤。「ナイロン・カーテン」じゃないか。

「それプレゼント」と彼女。意味が分からない私は混乱しましたよ。全然仲良くもない人からいきなりレコードもらって、どうリアクション取ればいいのか。

さらに数日後、学校の昼休憩に彼女が「音楽室に来て」と。もしかして俺はオトナの階段を上ってしまうのか!と妙に緊張しながら行ったんですけど、彼女はピアノを習ってたらしく、「アレンタウン」をピアノで弾いてくれたんですよ。ビックリするやら感動するやら。私にプレゼントしてくれた時に自分の分もアルバムを買って、練習したんですって。

アレンタウン

アレンタウン

収録アルバム『ナイロン・カーテンBilly Joel Sony Music Japan International Inc.Amazonデジタルミュージック

青春は長く続かなかった

その後、彼女から告白される形で交際することになりました。初恋は別の女の子だったんですけど、初めて付き合った女の子は、ビリー・ジョエルが縁で仲良くなった彼女でした。

でも交際は半年くらいで終わっちゃった。理由は、私の思考が幼くて、しょーもない理由で彼女を嫌いになったから。

福岡の大学に進学し、20歳の時、夏休みで帰省してた際に街でバッタリ彼女と遭遇。私から声を掛け、喫茶店で1時間ほど話しました。ひどい別れ方をしたし、その後も冷たい態度をとり続けていて、それがずーっと心に引っ掛かってたので、彼女にはひたすら謝りました。

話してる途中、喫茶店の有線でビリー・ジョエルの曲が流れ、クスクス笑ってる彼女に「これ弾ける?」と聞くと、「もちろん弾けるよ」と彼女はドヤ顔で答えてくれました。

その場でお互いの現住所を交換し、1回ずつ手紙を出し合って、それで終わり。彼女から手紙が来た半年後に、嫁と出会いました。

「ボカロのCDを男の子がプレゼントしてくれるんやったら、付き合ってあげてもいいけどなー」

私の昔話を聞き終えると、長女はそう言ってウンウン頷いてました。あのね、父が伝えたかったのはそういう事じゃないのよ。

大好きだった音楽と、友達や恋人との思い出はシンクロしますよね。「アレンタウン」を聞くと私はいつも、同級生だった彼女のことを思い出します。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :