関門橋が見たくて小倉駅から門司港駅まで歩いてみた【自主トレ門司編】

残されたルートの一つ、「小倉→門司」

基本的に、歩いてみたいと思ってたルートを好きなように歩くのが私のウォーキング自主トレ。

今年、ウォーキング大会も自主トレも含めて、北九州市内のいろんなところを歩いた。モノレールの端から端までってのも2回やったし、小倉→戸畑→八幡東→八幡西ってのも歩いた。ずいぶんご無沙汰してた小倉南区も数回歩けた。下関から門司港ってのも念願叶って歩いた。

まだ歩いてなくて「いつか歩いてみよう」と考えてたコースの一つが「小倉駅から門司まで」。

今回も前日に距離を測っておいた。小倉駅をスタートして、10kmちょっとくらいで到達できるのはどの辺りかなと計測したら、門司を通過して門司港駅までが12kmほど

なんだ、12kmで門司港駅まで行けちゃうのか。2時間で行ける。じゃあ歩いちゃお。

というノリで今回挑戦してきた。

空気がハンパなく汚い!

CIMG6777

↑小倉駅をスタート。写真は小倉駅の北口。20年前、ここは本当に何もない寂しい風景だった。

CIMG6778

↑小倉記念病院なんて、私が小倉に住んでた頃には無かったもんな。ちなみに右下に写ってるカラオケ屋さんは20年以上前からある。

CIMG6779

義父と初めて会った場所、「リーガロイヤルホテル小倉」。

CIMG6780

↑「アジア太平洋インポートマート」。略称は「AIM(エイム)」。完成直前に商業テナントが撤退したり、大塚家具がものすごく立派なショールームを構えてたけど撤退したり、その都度「もうヤバイね」と言われてるけど今も残っている。

CIMG6781

↑ベスト電器の小倉本店。久しく行ってないけど、ここの売場面積はなかなかのもの。

CIMG6784

↑国道199号線をひたすら東へ進むコース。遙か遠くに関門橋の一部だけがチラッと見える。

ゴール付近がスタート直後から見えると、ちょっとワクワクする。昔なら「あそこまでなんて歩けねえよ~」と思ったかもしれないけど。

CIMG6786

↑今や門司方面に向かうルートでは国道3号線よりコッチの国道199号線の方が主要幹線道路と言ってもいい。道幅も広く、カーブもアップダウンも少ないから走りやすい。

したがって交通量がものすごく多いので、排気ガスもハンパなく多い。歩いてて数分でノドが痛くなった

CIMG6787

↑「赤坂海岸東」交差点から門司区に入る。

巌流島には一度も行ったことがない

CIMG6789

↑海沿いにある洋風の豪華な結婚式場。知人がここで結婚式を挙げた。

CIMG6790

↑「門司麦酒煉瓦館」が見えた(写真左側、薄い茶色の建物)。

写真には写ってないが、麦酒煉瓦館の向こうにはJR門司駅がある。

CIMG6791

↑「ニッカウヰスキー門司工場」。これは知らなかった。お酒飲まないからね。

CIMG6792

↑海の向こうは山口県。「海峡ゆめタワー」が遠くに見える。

CIMG6793

↑iPhoneの地図で確認したら、写真中央に写ってるのが「巌流島」になるらしい。平坦な島なので今まで認識したことがなかった。ジックリ眺めたのは今回初めてだ。

まだ一度も行ったことがない巌流島。今年こそ行くぞと思ったが、なかなか実現しない。行きたいんだけどなぁ。馳浩がタイガー・ジェット・シンに裏投げした巌流島ね。

ちなみに角度的には、巌流島の向こう側がJR下関駅になるはず。

CIMG6794

↑それにしても空気の汚れがヒドイ。ずっとノドが痛かった。歩く前から予想できてたことなんだけどね。

山側にある国道3号線を歩くことも事前に考えたのだけど、あちらはアップダウンが激しくてバテてしまうんじゃないかなーという不安があったのだ。

国道199号線が平坦なのは知ってたし、海を見ながら歩きたかったし、何より私は関門橋が大好きなので、少しでも多く眺めていたかった。

門司港に夕闇が迫る

CIMG6795

↑取り立てて写真を撮るまでもない景色が延々と続き、気付けば日が暮れてきている。遠くに「門司港レトロハイマート」が見え始めた。いよいよ門司港エリア。

CIMG6796

↑「西海岸一丁目」交差点。昔々、こんなに立派な交差点もまだなくて、国道3号線に繋がる右カーブの坂もなかった頃、ここを左折すると海岸の堤防に出たのだ。同じ世代の北九州市民ならみんな知ってると思うんだけど。

夜になると関門橋がライトアップされて、それを眺めるカップルの車がズラーっと並んでたのだ。女の子はココに連れて来い!っていうくらい有名なデートスポットだったのよね。

何度来たことかww

CIMG6797

↑そのデートスポットも現在は封鎖されて立入禁止になっている。車が海に落ちて人が亡くなったり、今で言う珍走団が夜に大騒ぎしたり、いろいろ問題があったからかな。

ここ久しぶりに来たわ。何年ぶりだろ。

CIMG6798

↑車だけじゃなく人も海岸には近付けないようになってた。鉄柵で封鎖されている。

CIMG6799

↑しかし鉄柵に沿って東側に移動できる歩道のようなスペースがあった。これは知らなかった。

CIMG6800

↑立入禁止区域。いつからそうなったかは覚えてないけど、ある日に来てみたら突然入れなくなってた。

CIMG6803

↑「海峡ドラマシップ」をこっち側から眺めるのは初めてだ。

CIMG6804

↑あら? 海峡ドラマシップの付近から歩行者は海に近付けるようになってる。ここは鉄柵ないのか。そういえば海峡ドラマシップとかの門司港レトロ施設がオープンし始めたのと前後して封鎖されていったのかな。

CIMG6805

↑昔はココに車がズラーっと並んでた。女の子とデートでも来たけど、ライトアップされた関門橋が見たくて独りで来たこともあった。

CIMG6806

↑25年前、福岡に来て初めて訪れた観光名所が壇ノ浦。とにかくココが大好きなのだ。

CIMG6807

↑門司税関。

CIMG6809

↑中央に写ってるビルの7階に、焼きカレーの有名な「陽のあたる場所」というお店がある。

CIMG6811

↑夕暮れ時の門司港レトロって初めてだ。いいもんだな~。ものすごくイイ。

CIMG6812

↑ゴールのJR門司港駅に到着、って工事してんの? 柵がジャマだよ~。

CIMG6813

↑気を取り直して、ゴールのJR門司港駅に到着。身長183センチで良かった。

IMG_0214

◆歩行時間 … 約1時間57分
◆歩行距離 … 11.63km
◆平均ペース … 10:02
◆平均時速 … 5.98km/h
◆天候 … 快晴

今回歩いたルートは海岸沿いが多かったのもあって、見事なまでに信号引っ掛からなかった。約12kmの距離を終始、時速約6kmのペースで歩けたのもそのおかげ。

徒歩で2時間、電車で10分

CIMG6816

↑小倉駅の近くに車を駐車していたので、JRで小倉まで戻る。

IMG_0212

↑JR鹿児島本線、各駅停車で門司港駅から3駅目が小倉。時間にして10分。電車は速いね~。

IMG_0213

↑空気が悪くてノド痛かったけど気分は爽快だった。門司の日が暮れていく。

CIMG6818

↑小倉駅を出たら日は落ちていた。

CIMG6817

↑なんだこりゃ~! キャプテン・ハーロック? ってことは松本零士(=北九州市出身)の繋がりかな。

※調べたら今年の8月に除幕式があったばかりなんだって。

CIMG6819

↑小倉駅の北口、本当に変わった。動く歩道も立派なのが延々と伸びてた。

CIMG6823

↑AIMの向こうに月が輝いていた。

※エントリーには載せなかった「ボツ写真」をFacebookページに載せていますので、良かったら見に来て下さいね。

今回紹介したiPhoneアプリ

Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチ Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチ
価格: ¥450 (記事掲載時)
カテゴリ: ヘルスケア/フィットネス, ライフスタイル
App Storeで詳細を見る
Walkmeter GPS ウォーキングストップウォッチをダウンロード

今回のコースマップ


大きな地図で見る

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします