角打ち丸和前:飲んだ後に食べたい気持ちが少し判る@北九州・旦過

スポンサーリンク

屋台ではなく店舗に行ってきた

今回紹介するのは、北九州市小倉北区にある「角打ち丸和前」というラーメン屋さん。

夜の小倉でラーメンといえば有名なのが「旦過の屋台」。しかし私、旦過屋台に一度も行ったことがありません。夜の小倉に行くことが全くないし、そもそもお酒を飲まないし。

今回小倉でオフ会をした流れで、福岡市からの参加者が「丸和前のラーメン食べてみたいんよね~」というので、お供することにしました。夜の旦過ラーメンを初体験。

大学時代も、社会人になってからも、小倉で飲み会をした後にラーメン好きな人が「やっぱり締めは丸和でラーメンよね」と言うのを何度も聞いてきました。丸和前という名前だけは脳内にインプットされてました。でもどこにあるのか正確には知らない。

小倉に詳しい参加者の後をついていきながら夜の小倉を見物。小倉北区に住んでたのが10年以上も前だし、前述の通り酒と縁がないから小倉に住んでた頃さえ繁華街には滅多に行かなかったので、久々に歩く夜の小倉はとても新鮮。

角打ち丸和前

▲ 商店街を抜け、旦過市場の入口が見える横断歩道を渡ってすぐ左側のところに店舗がありました。確か右に曲がると屋台だったかな。

同じ「丸和前」という名前で屋台もあります。この日は午前中に雪が舞い、夜は冷たく強い風がビュービュー吹く極寒な天候。屋台ではなく店舗で正解でした。店内の暖かいこと。

IMG_0839

▲ メニュー構成はシンプルに豚骨ラーメンが中心。おでんもなかなか美味しいそうです。

IMG_0841

▲ 今回はオフ会で既に満腹状態だったので、ラーメン普通盛りを注文。600円。

IMG_0842

▲ 麺の太さは普通でしたね。特別細いわけでもない。

店舗の外にまで漂う独特の豚骨臭さが良い感じでスープにも効いてます。一緒に行った人はよく「獣臭系」と表現するんですけど、豚骨の油が効いていて、でもそれほどギットギトな感じはない。

具もネギとモヤシとチャーシューだけでシンプル。濃いけど飲みやすいスープでした。お酒を飲んだ人が「締めに1杯ラーメン食べたいわ~」と丸和前に集う理由が少し判った気がします。

ちなみに、店内にトイレがありません。店員さんに聞くと「ローソンでお願いします」と言われたのですぐ近くにあるのかと思ったら、少し距離がありました。店を出て左側に少し歩く必要があります。

角打ち丸和前
福岡県北九州市小倉北区魚町4丁目2−24
Google Mapで見る
093-962-4064
17:00開店、不定休
スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします