奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアムに参戦! 素敵な球場に大興奮!

スポンサーリンク

驚き過ぎて固まる

奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム

10月下旬、何気なくFacebookを眺めてたんですよ。お友達の投稿の狭間にWOWOWの投稿が表示されていて、球場のフィールドを背にギターかかえてニカッと笑ってる奥田民生の姿。

11月28日(土)にマツダスタジアムで奥田民生がライブをすること、そしてそのライブをWOWOWが生中継することをその時に初めて知りました。たぶんFacebook見てなかったら気付いてすらいない。こういう時、SNSはありがたいです。

Facebook経由でWOWOWのサイトに移動。旧広島市民球場、厳島神社に続く「ひとり股旅スペシャル」の第3弾として今回マツダスタジアムで開催されることを把握。

私と同世代の奥田民生(彼のほうがちょっと上)。大学生の頃にユニコーンが大ブレイクし、もう25年以上聴き続けてます。2011年の厳島神社ライブはNHKのBSで見ました。翌年の家族旅行で厳島神社に行ったのも奥田民生のライブを見たから。

2009年にマツダスタジアムが完成した時、ちょうど同年に再結成したばかりのユニコーンが始球式をしたり、球場のスポンサーとして広告を出したりしてたのはニュース等で見ましたが、遂にマツダスタジアムでの股旅ライブまで来たことにファンとして感無量。

で、WOWOWのページを下まで読んでると、チケットのプレゼント募集があったんですよ。募集してるんだから、普通は応募しますよね。そりゃね、流れとしてね。

そうは言っても当選するなんて地を這うアリの上半身ほども思ってませんでした。

200組400名と書いてるからわずか200の狭き門だし、もともとクジ運最悪なんです。こういう類いのもので当たったことが今まで無い。「全員当たるビンゴ」で最後の2人まで残ったことが過去2回あるし。

ひとまず流れで応募はしたけれど、当たるわっきゃな〜い♪ と思ってたので、WOWOWの生放送を見る気マンマンで、とても楽しみにしてました。厳島神社ライブは20回以上見たから、今度のも繰り返し見るぞーって。

ところがですね、当たっちゃったんですよ

ペアチケット当選

あれは11月17日(火)。その日の午前中にふと、「そういえば民生のマツダスタジアムのやつ、もう募集は締め切られたのかな?」と思い出し、ネットで検索したところ、当選者には11月14日以降に電話かメールで当選連絡をします、と書かれてました。

もう4日も経ってるのか。こりゃ外れたな。200組だもんねー仕方ないよねー。期待はしてなかったのでショックもなく、しかし念のためGmailの迷惑メールに誤ってメールが入ってないか、見覚えのない着信履歴が残ってないかの確認はしました。

で、午前中に「残念だけど外れた」ということで自分の中では終了してたんですけど、帰宅して夜の7時前、私の iPhone に電話が着信。相手は非通知設定

普段なら非通知の相手は100パーセント電話に出ないのだけど、その日に限って操作を間違えて電話に出てしまいまして。どこの迷惑電話だよ、と不機嫌な声音で電話に出たら、

「WOWOWカスタマイズセンターです。奥田民生の……」

と話し始めた。数時間前に偶然思い出して調べて、外れた〜残念、と諦めた矢先じゃないですか。驚き過ぎちゃって、

「………え?」

と返事したまま数秒ほど固まりまして。

嫁が私の顔を見てすごく不安になったらしく、電話を切った直後に「誰か……亡くなったの?」と言われました。そんなにヒドい顔してたのか……。

電話を切ってから一気に喜んだものの、よくよく考えたら来週じゃねえかよ! といろいろ慌てて調整し、そんなこんなで11月28日(土)、嫁と二人で北九州から車を飛ばして広島まで行ってきました。

伝説は終焉してしまうのか!

広島の路面電車

↑ 厳島神社には3年前に行ったものの、広島の市街地に来るのは19年ぶり。路面電車が走る街って好きです。前回は2年前の長崎でした。もともと北九州市も路面電車が走る街だったんです。

今回は車で広島まで来て、お好み焼きを食べたり買い物したり少し散策した後、徒歩でマツダスタジアムに向かいました。

猿猴川

↑ 猿猴川(えんこうがわ)。

広島市街地

↑ 「ひとり股旅スペシャル」は奥田民生がアコースティックギターで弾き語りするライブ形式で、大きな会場では過去2回、旧広島市民球場(2004年)と厳島神社(2011年)で開催されてます。

その過去2回とも前日が大雨で、ライブ当日も雨の予報なのに奇跡的に晴れたという「奥田民生・驚異の晴れ男伝説」ってのがあるんです。

で、自慢するわけじゃないんですけど自慢すると、私も超晴れ男でして、大きなイベント事になるとかなりの確率で晴れるか、あるいは雨の予報だったのに降らない、という天気運を持ってます。

民生も私も晴れ男だし、今回も当日の広島は天気予報で「曇り」だったので安心しきってたのですが、マツダスタジアムに向かう途中、ポツッと2滴ほど雨が落ちてきたんです

かなり焦りましてね。遂に奥田民生の晴れ男伝説が終わってしまうのか、と。雨具を何も持ってこなかったので、嫁は急きょ最寄りの店舗で防寒も兼ねて帽子を買いました。傘かレインコートを買うか? という話になり、迷ったけれど私は結局何も買わず。

広島カープのマンホール

↑ 球場近くになるとマンホールが広島カープ仕様になってました。

マツダスタジアム付近

↑ 歩いてる人はみんな奥田民生を見に行く人たちなんじゃないかなあ。道路も渋滞してました。何度も空を見上げ、天気を気にしつつスタジアムに向かいます。

初めてのマツダスタジアム

マツダスタジアム

↑ 遂にマツダスタジアムの勇姿が視界に! もちろん今回が初訪問です。

2009年から広島カープの新しい本拠地となったマツダスタジアム。現在はネーミングライツによる正式名称が「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」で、略称が「マツダスタジアム」なんだそうです。SNSを見てると「ズムスタ」と呼んでる人もいました。

奥田民生ひとり股旅スペシャル

↑ 球場の名称を挟む形で、タラコくちびるの奥田民生キャラが。

奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム

一気にテンションMAXですわ。映像でしか見たことない「ひとり股旅スペシャル」。まさか自分がライブに来て、ナマで民生の歌声を聴けるなんて想像もしてなかった。WOWOWの生放送を見る気マンマンだったし。

人がめちゃくちゃ多くて普段ならイヤな気分になるとこなんですけど(人混みキライなので)、この時はテンション上がり過ぎてちょっとヤバかった。

まだ開演まで1時間ほど余裕があったので、球場の周囲でもブラブラしつつ写真撮ろうと思ってたら、いつの間にか人の波に飲まれて入場する行列に混ざってました。

贈られた花

↑ 行列の途中、民生に贈られた花が飾られてました。

広島カープ・黒田からの花

↑ 「おお! 黒田の花がある!」と、行列に並んでる大半の人が嬉しそうに叫び、みんな写真を撮ってました。私も撮らなきゃいけないような空気感。

地元広島からライブ参戦してる人が相当多かったような感じでしたが、今年ヤンキースから広島カープに帰還した黒田投手の人気というか存在感みたいなものをヒシヒシと感じました。

入場口

↑ 人の波に飲まれたまま入口ゲート。チケットを提示し、中国新聞の特別版などが入ったグッズをもらいました。

マツダスタジアム左側の階段

マツダスタジアム右側の階段

↑ ゲートをくぐると両側に階段。「階段上るってことは2階席よね」と思い込み(私は1階席)、

マツダスタジアム正面入口

↑ 正面の入口から侵入。

奥田民生クッキー完売

↑ 「奥田民生クッキー完売しました」って、この時点で入場口ではないな? という気配は感じてましたが、

マツダスタジアム売店

↑ やっぱりグッズショップでした。

ここに今回の民生グッズが売ってたのかな。「入口どこや〜」ってことばかり考えていたのでグッズ買いたかったことをすっかり忘れており、結局買う機会を逃してしまいました。

マツダスタジアム入口

↑ 今度は人の波に自ら乗っかって、階段を上ってみることにしました。

マツダスタジアム1階席入口

↑ 3階が「1階席メインコンコース」と書かれてる。ヤヤコシイけどこっちで正解みたい。

12球団唯一の「内外野総天然芝」なんだって

マツダスタジアム三塁側内野席

↑ マツダスタジアムの中にようやく入れました。

初めて球場のグラウンドを生で見ると「うおおおお!!」ってなりません? 私、めっっちゃ今回叫びましたよ。

マツダスタジアム三塁側内野席

↑ 我々の席はライトスタンド側だったのですが、ここ三塁側の内野席。完全に反対側でした。

右回りに歩いたほうが座席まで近いけれど、せっかくだし、開演時刻の15時までまだ余裕あるしってことで、左回りで歩いてみることにしました。

本音を言えばグルリと一周(この位置からだと一周半)、スタジアム内を散策してみたかったのですが、広島市内を散策してスタジアムまで徒歩移動したこともあり、嫁がバテてしまってて断念。半周歩くだけになりました。だらしないなあ。

ゲートブリッジ下

↑ 左回りに散策開始。2階席を吊り橋のように繋ぐ「ゲートブリッジ席」が頭上にあります。ライブ中、民生がゲートブリッジ席の人たちに「そこ一番寒いらしいよ!」と話を振ってました。

マツダスタジアム三塁側ゲートブリッジ下

↑ 座席につくまで終始こんな感じの人混み。食べ物、グッズ、おみくじ、風船、いろんなところに大行列が出来てました。

最後尾の人たちはライブ開始までに席に戻れないんじゃなかろうか。それもあって我々は行列に並ぶことなく、したがって風船も買いませんでした。

パーティーデッキ

↑ テラス席もありました。ここイイなあ。

レフト側ポール

↑ レフト側のポール。テラス席の真ん前にドーンと立ってます。

広島市街地

↑ テラス席の通路を挟んで反対側からはJRと山陽新幹線の線路が見えます。ライブ中に何度も新幹線やJRがスタジアムのすぐ横を通り過ぎていくのが座席から見えて、素敵な光景でした。

バックスクリーン裏側

↑ バックスクリーンの真裏。

ライト側外野席

↑ ライトスタンド側に来ました。

ライト側外野席

↑ マツダスタジアムは12球団の本拠地で唯一、内野も外野も総天然芝を使用している球場なんですって。

プロ野球のシーズンが終了すると、市民の野球イベントなどに可能な限り開放するという球場の規定があるらしく、今回のようなライブイベントで使用する日程的な空きがこれまで無かったんだそうです。

しかし今年は新スタジアムが2009年にオープンして以降初めてとなる「天然芝の全面張り替え工事」が事前に決まっていて、2015年の秋は一般への貸出予約が休止。

11月23日の「カープファン感謝デー」から張り替え工事開始まで少しだけ空きがあったことと、民生の50歳を記念したスタジアムライブの開催をスタッフが打診したことで、3回目となる「ひとり股旅スペシャル」が実現したそうです。

旧広島市民球場での音楽ライブ開催は奥田民生が史上初。今回のマツダスタジアムでも音楽ライブを開催したのは民生が史上初。次回の芝全面張り替え工事は6〜7年後になるらしいので、その時に56歳か57歳の民生が再びライブをするのかどうか。ファンは期待してますけどね。

ジョージアの看板

↑ 大きなジョージアの看板。看板の下はスポーツジムになってるそうで、リハーサルの時はカーテンが開いてたけど今日は開いてない、と民生がMCで語ってました。

ライト側外野席

↑ 観客席には赤い帽子やユニフォーム姿の人が大勢いました。今回のライブ記念として広島カープと奥田民生のコラボグッズも販売されていて、それを身に付けてた人に加えて、マエケンや黒田など広島カープ選手のユニフォームを着てる人も結構いました。

特設ステージ

↑ 民生が歌うステージは二塁ベース付近、土の部分に設営されていました。

ライト側外野席ポール付近

↑ 我々の座席はココ。ライト側ポールの近くでしたが、ポールが視界を遮ることもなく、とても見やすい位置でした。遠かったので肉眼では民生が小さくしか見えなかったけど、招待席ですからね。ぜいたくは言えません。

快晴のマツダスタジアム

↑ 座席を見つけ、イスに座って上空を見上げ、ここで初めて「晴れてる!」と気付きました。

快晴のマツダスタジアム

↑ スタジアムにたどり着くまでの道中、怪しい色をした雲が広がっていて雨も少しだけ落ちたけれど、本番になると雲が消える。奥田民生・晴れ男伝説は健在でした。すげえー。

ライブ開始直前

↑ 時刻は開演予定の15時を過ぎ、WOWOWの生中継も始まった頃。この後、民生が登場しました。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
コメントComments Off
CATEGORY :
TAG :