約600万本も咲き誇る菜の花は圧巻の黄色【古賀ウォーク】

1年4ヶ月ぶりの古賀ウォーク

CIMG7733

今回のスタート地点はJR古賀駅。来たのは2回目。古賀市をウォーキングするのも今回で2回目。


前回はスタート地点がココではなく「ししぶ駅」で、季節は秋だった。今回は前回と半分ほどコースが同じなので、久々に歩くのが楽しみ。

CIMG7734

「ニビシ醤油」本社工場。

CIMG7736

前回歩いた時に地域のお祭り(まつり古賀)が開催されてたとこ。

CIMG7737

古賀市役所を通過。

CIMG7739

1km通過。「庄」交差点で国道3号線を横断する。朝早い時間帯なのに交通量が既に多い。

これほど黄色い世界が待っていようとは

CIMG7740

前回同様、今回も「性生活」に空目してしまったのだが別に人恋しいわけではない。

CIMG7743

2km通過。県道を右折し農道に入る。「なの花祭り」というイベントが開催されているらしく、車は進入禁止。コースマップには「菜の花通り」と書かれていた。

田園の中をしばらく直進すると前方に黄色い花畑が見え始める。

CIMG7748

予想以上に綺麗だ。菜の花の黄色がとても鮮やか。

CIMG7749

右も左も一面が菜の花の黄色。素晴らしい。

CIMG7752

なの花祭りの会場テント。

医王寺に寄り道

前回は「菜の花通り」をそのまま直進したのだが、今回はいったん菜の花畑の中を右折するコース。

CIMG7754

右折した先にあった、福岡県馬術競技場。

CIMG7756

乗馬してる人がたくさんいた。前の会社で乗馬好きな後輩がいたのを思い出す。

CIMG7759

医王寺、というお寺。初めて来た。階段は短く傾斜も緩やか。

CIMG7760

本堂。写真だけ撮って通過。

CIMG7762

菜の花畑に戻ってきた。しかし、こんだけ黄色いと感動する。約600万本の菜の花が咲いてるんだって。

CIMG7763

大好きなドラマ『北の国から』でラベンダー畑が映ると「ふらのに行きたいな」っていつも思うんだけど、あのラベンダー畑を思い出した。

弘法大師像と再会

CIMG7767

菜の花畑を通過し、大根川が見えてきた。1回だけ来た道だけど、しっかりと覚えてる景色。

CIMG7770

前回はコースに含まれてなかった「谿雲寺」に向かう。なんて読むのか分からなかったが、「けいうんじ」と読むらしい。

CIMG7771

谿雲寺の駐車場横には桜が見事に咲いていた。古賀市内の桜はどこも七分か八分咲きで「満開まであと少し」という感じだったが、ここの桜だけは満開に近かった。

CIMG7772

谿雲寺の本堂。中には鐘もあった。

CIMG7776

須賀神社にある巨大なクスの大樹。見てるだけでパワーをもらえる。

CIMG7777

クスの大樹のすぐ近くにある弘法大師像。前回もだったが、どうしても朝の時間帯は逆光になってしまう。

なぜここに弘法大師像があるのか、空海と古賀市にはどんな縁があるのかについては、前回のししぶ編で書いている

CIMG7778

弘法大師像を通過し、県道の桜並木を眺めながら歩く。前述の通り、まだ満開までは行ってない。前回歩いた時は秋で、柿の木に赤い実がなってたっけなー。

前日は博多の大都会を歩いたけれど、翌日にホノボノした風景を見ながら歩くと、同じ福岡県なのに印象が全然違ってとても面白い。

CIMG7780

奥に進むと薬師如来像の板碑がある狭い路地。板碑は前回見たし写真も撮ったので今回スルー。

CIMG7783

8km通過。国道を再び横断し、市街地に入る。

CIMG7786

古賀駅のすぐ近くまで戻ってきた。スタートした直後のウォーキング参加者が大勢こっちに向かって歩いてくる。

CIMG7788

ゴールの古賀駅に到着。

IMG_1207

歩行時間は1時間23分。歩行距離は8.69km。

この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします