[Я]ウォーク小倉編:「JR工場まつり」というものに行ってきた

スポンサーリンク

実は今まで場所を知らなかった森鴎外旧居

CIMG0017

↑小倉駅で受付を済ませ、スタート。今回は受付開始が通常より30分遅い朝9時だったので、いつもと比べて通行人が多い。

CIMG0018

↑「北九州市制50周年」「北九州マラソン」とペイントされたモノレールが頭上を通過していく。来年2月、北九州で初のマラソン大会が開催される。

CIMG0022

↑モノレール平和通り駅から飲み屋の並ぶ繁華街に入り(以前「北九うまみ会」の二次会で利用した店の前も通った)、しばらく進むと森鴎外旧居があった。

CIMG0021

↑北九州に住み始めて25年を超えたが、実は今まで森鴎外旧居がどこにあるかを知らなかった。お酒を全く飲まないので繁華街に行く機会がないのも理由の一つ。こんなところにあったのか。

CIMG0020

↑森鴎外は明治32年から1年半ほど小倉に住んでいたのだとか。

知る人ぞ知る桜の名所

CIMG0024

↑平和通り交差点。以前はここに大きな歩道橋があったが現在は撤去されている。

CIMG0026

今年1月の北九うまみ会で締めとして食べに来た「角打ち丸和前ラーメン」。

CIMG0027

↑小倉の台所・旦過市場。

CIMG0030

↑紫川の河川敷遊歩道に降りる。

CIMG0031

↑今年のいつだったか、福岡が集中豪雨被害に遭った際、ここ紫川も水位がヤバイ事になってるのをニュースで見た記憶がある。河川敷の遊歩道は水没していた。

CIMG0033

↑TOTOの本社工場。福岡の人には常識だと思うが、TOTOの本社が北九州市にあるというのは全国的にどれだけ浸透してるのだろう。

CIMG0035

↑TOTO本社工場横、紫川に沿った歩道の桜並木は春になるとメッチャ綺麗。知る人ぞ知る桜の名所なのだけど、道幅が狭いので花見には向いてない。

「JR工場まつり」に初潜入

CIMG0036

↑貴船橋を渡るのは物凄く久々。以前は通勤路だった。

CIMG0037

↑毎年1月、北九州で高校生や社会人による選抜女子駅伝が開催されるのだけど、その最終区間で「最後のアップダウン」と実況者がいつも形容する坂道。JR日豊本線の上を走る国道3号線の高架。

CIMG0040

↑日豊本線の線路に沿って進む。近くの小学校は運動会だったらしく、元気な声が響き渡ってた。快晴で良かったねー。

CIMG0042

↑JR小倉総合車両センター。高架の上から何度か眺めたことはあったが、敷地内に入るのは今回初めて。

CIMG0043

↑JR工場まつり、というものが開催されていた。こんなイベントがあったとは知らなかった。

CIMG0044

↑蒸気機関車の展示。

CIMG0045

↑様々なテント。露店もたくさん出ていた。

CIMG0048

↑ミニSLを運行しているらしい。ニュースで見た記憶がうっすらあるな。ここのことだったか。

CIMG0047

↑ミニSLに乗るため、子供たちが大行列を作ってた。

CIMG0050

↑ここも大行列。子供ではなく大人ばかり。しかも結構ハイテンション。

CIMG0049

↑群衆が熱い視線を送る先で何かの作業中。これは何? 行列の正体がサッパリ分からない。

CIMG0051

↑なるほど。車両部品の販売なのね。了解。

CIMG0046

↑この車両は何だ?と近寄ると、どうやらラクガキしても良い車両なんだって。

ふむ。せっかくだから何か私も刻印を残していくとするか。マジックペンを借りて車両に近付く。

CIMG0052

↑書いてきた。顔文字の記憶があいまいで中途半端ではあるが、来年この車両が再び展示されて、「(゚д゚)ウマーミ」の文字を見つけたら私の仕業だと思ってくれ。

CIMG0054

↑体育館の中も人・人・人だらけ。大賑わい。人混みが嫌いなので数枚写真を撮ってすぐ退散。

CIMG0056

↑朝から何も食べてないところに露店の美味しそうな匂いはツラかった。腹が鳴る。しかし誘惑には負けない。

知ってる道だから寄り道しまくる

CIMG0058

↑福岡地裁の小倉支部。

CIMG0060

↑アルモニーサンク北九州ソレイユホール。以前の名前は「九州厚生年金会館」。

CIMG0061

↑昔、LUNA SEAの某メンバーとトイレで遭遇したのがココ。

CIMG0063

↑勝山公園の入口。先月末の無法松ツーデーマーチ・40kmウォークでもここを歩いた。

CIMG0064

↑無我夢中で40kmを歩いてたらいつの間にかゴール目前だと気付き、驚いたのがもう1ヶ月前。

この辺りから本来のウォーキングコースを無視して、行きたい場所へ寄り道を始める。

CIMG0065

↑長崎市から寄贈された平和祈念の鐘。8月9日、当初は長崎ではなく小倉が原爆投下予定地点だった。

CIMG0066

↑無法松40kmウォークでスタート&ゴール地点だった勝山公園の広場。何かのイベントが開催されてたみたいで、ここもテントがワンサカ。

CIMG0069

↑北九州市役所。

CIMG0072

↑小倉城。小さな城だけど、北九州市に城があるのは歴史好きとして嬉しい。

CIMG0071

↑小倉城に隣接するリバーウォークとのコントラストも私は好き。

CIMG0074

↑商業施設・リバーウォーク北九州。先月長女を連れてここの映画館に来た。

CIMG0076

↑旧長崎街道の始点・常盤橋。

CIMG0077

↑ここも今回のウォーキングコースと全く関係なかったが、小倉を歩くなら常盤橋は欠かせない。

CIMG0078

↑京町銀天街に入る。この商店街に入るのも久々だった。

CIMG0079

↑コースマップを見ても「京町銀天街?どこだっけ」と忘れてしまってたが、現地を歩いて行くうちに思い出した。この商店街近くにある某社でバイトしてて、そこで嫁と出会った。

CIMG0080

↑ゴールの小倉駅に到着。

IMG 2966

↑歩行時間は1時間31分。歩行距離は8.56km。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

★小倉編はフライングスタートさせてくれないので注意

某社主催のウォーキング大会は、基本的に受付開始が朝の8時30分。しかし大半の大会では8時30分を待たずして受付を始め、早めにスタートすることができる。言ってしまえば「フライングスタート」。

ところが、小倉駅をスタートする「小倉編」は過去数回参加したが、フライングスタートさせてくれたことは一度もない。必ず8時30分まで待たされる。

CIMG0016

↑なので毎回こうなる。大行列。もうちょっと融通利かないの?といつも思う。

しかも今回はコースに含まれた施設の開場時間の都合とやらで受付開始がいつもより30分遅い「9時」だったので、相当待たされた人もいたみたい。

小倉編は受付開始時間を厳守するので、早く行けば行くほど待たされる。覚えておくべし。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします