Fire TV StickのリモコンでWWEネットワークの英語字幕を表示する方法

スポンサーリンク

WWEネットワークの英語字幕は簡単に表示できる

以前ブログに書いた「WWEネットワークの日本語実況版を視聴する方法」のエントリー。

エントリー中でも書いたのですが、2016年4月のPPV「レッスルマニア32」から日本語実況ブースが新設され、WWEネットワークで日本語実況版を視聴することが出来るようになっています。

ただし、日本語実況版はあくまで「日本語によるオリジナルの実況内容」となっており、本来のWWE実況者によるWWEのストーリーラインに忠実な実況は、英語版を視聴するしかありません。

ということで私はいつも英語実況版を見ているのですが、プロレスの試合であれば実況が分からなくてもある程度は楽しめます。試合を見ればいいだけですからね。

ただ、WWEでは控室やバックステージ(ステージ奥と控室を結ぶ通路)で選手同士が口論したり漫才したりするシーンも多数あります。そんな時に早口の英語でまくし立てられると、さすがに何を喋ってるのか分かりません。

こういう時に日本語字幕のありがたみがよく分かるのですが、ないものは仕方ない。代替策として英語字幕を表示させる方法がありますので紹介します。

リモコンのボタンを押すだけ

AJスタイルズ

▲ 新日本プロレスでも活躍し、2016年1月にWWE移籍を果たしたAJスタイルズ。彼は2016年12月現在、WWEの最高峰であるWWE世界ヘビー級のチャンピオンとなっています。

そのAJがインタビュアーにタイトル戦の抱負を質問されている場面。日本語字幕がなく、英語音声が流れるのみ。

ここで英語字幕を表示させてみましょう。

FireTvStickのリモコン

▲ Amazonの「Fire TV Stick」に付属していたリモコンには6つのボタンが付いています。その右上にあるボタンを押してみましょう。

AJスタイルズ

▲ 画面に英語字幕が表示されました。選手の会話だけでなく、実況席での英語実況にも字幕は対応しており、話している人物(マイケル・コールやJBLなど)の名前が左端に表示されることもあります。

英語のヒアリングは苦手だけど読むのは何とかなるという人であれば、英語字幕を表示させることで理解度が深まりますよ。

ちなみに「Fire TV」のリモコンにも同じボタンが付いていますので操作は同じです。

Amazonビデオだとどうなる?

WWEネットワークに関しては右上のボタンを押すことで英語字幕が表示されました。

では「Amazonビデオ」や「Amazonプライムビデオ」で映画を視聴している時にはどうなるか。これも試してみました。

先日エントリーを書いたジョージ・ハリスンのドキュメンタリー映画で試してみます。

ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド

【監督】マーティン・スコセッシ【出演】ジョージ・ハリスン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、エリック・クラプトン、オノ・ヨーコ【公開】2011年プライム会員無料Amazonビデオ 字幕版

ジョージ・ハリスン

▲ 英語音声・日本語字幕版なので、通常は上のような表示。

ここで先ほどと同じくリモコン右上のボタンを押してみます。

ジョージ・ハリスン

▲ 画面の右下に「字幕と音声」「最初から観る」というサブメニューのような文字が表示されました。その下には「オプションを非表示」という表示もあります。どうやらリモコン右上のボタンは「オプションボタン」のようです。

ちなみにサブメニューの「字幕と音声」を選択すると、字幕と音声を変更できます。とはいってもこの作品は「字幕版」ですので、字幕をオンにするかオフにするかという設定しかできません。

英語が理解出来る人であればむしろ日本語字幕が邪魔でしょうから、字幕オフで見た方がいいでしょうね。

りくま ( @Rikuma_ )的まとめ

プライム会員になってからAmazonビデオで映画を見る機会も増えましたし、WWEネットワークも頻繁に見ているので、我が家でFire TVの使用頻度が多くなってきています。

値段がとても安い「Fire TV Stick」で現在は視聴しているのですが、どうしても安価版のため処理がモタつくこともあり、前述したWWEネットワークでの英語字幕に関しても処理能力が追い付かないのか、映像と字幕が時々ズレたりします。

Amazonビデオで映画鑑賞する時も稀にですが映像が一瞬停止したり音声が乱れたりすることもあるため、将来的には安価版の「Fire TV Stick」から据え置き型の「Fire TV」に切り替える予定です。

スポンサーリンク
この記事がお気に召したら
「いいね!」をお願いします!
「りくまろぐ」の最新情報を
Facebookにお届けします
(最終更新:2016年12月20日)コメントComments Off
CATEGORY :